金持ちへの相談所

2017年11月23日

『ハイパーインフレ後の資産運用』を徹底分析♪大暴落した『円建て資産』へ投資する!!『米ドル建て資産』が『虎の子』の資産になる♪



〜『ハイパーインフレ後の資産運用』徹底分析♪『米ドル建て資産』が『虎の子』に♪〜





○ご質問


おっさん様

こんにちは。いつも楽しく拝見しています。

以前、NISAについて相談させていただいた匿名希望投資家です。


今回は、2つ質問があり、

おっさんさんのご見解を頂きたいと思っております。



〇饂差獣枌罎離魯ぅ僉璽ぅ鵐侫譴砲弔い


現在、こつこつ少しずつ

米国株を買い増やそうとしているところですが、


まだまだ道半ばで、

今後15年以上は米国株に投資していく予定です。


ただ、その途中で、

おっさんさんのおっしゃる

ハイパーインフレが到来するのでは?

 と思っています。


恐らく、その時点では、


まだまだ十分な

米国ドル建て資産は築けていない状態だと思います。


そして、ハイパーインフレが来たら超円安になり、


もはやドル転が困難になるのではと想像します。


そうなると、

これまで続けていた米国株投資ができなくなりそうですが、


その場合は、

今後どのような金融商品に資金を投入すべきでしょうか?


それとも、

やはり超円安状態でも、


引き続き、

ドル転して米国株を購入し続けるべきでしょうか?



楽天全米株式インデックスファンドについて


最近、米国バンガードETFであるVTIに連動する

楽天全米株式インデックスファンドが話題になっているようです。


私も少し魅力を感じていますので、

来年からつみたてNISA で投資することを検討中です。


そこでおっさんさんに伺いたいのですが、

・このファンドについて、

投資対象としておっさんさんはどのように思われますか?


・もし、途中でハイパーインフレが起こり、


超円安になった場合、

積み立て投資は止めて

他の商品に資金を振り向けた方がよろしいでしょうか?


また、このファンドは為替ヘッジなしだったかと思います。

円安状態のときに解約するのが良いでしょうか?


以上2点についてご見解頂ければ幸いです。

よろしくお願いします。

 Quetion by 匿名希望投資家さん



※PR. 『経済的自由』を必ず!!手に入れよう♪
   『金持ちへの鉄則』を徹底分析♪
   資産運用で確実な『7つの真実』とは?

※PR. 『アマゾン定期おトク便』を活用して!!
   『生活費』を『月1万円』節約しよう♪


にほんブログ村 株ブログへ
よろしければ♪当ブログをクリックで応援して下さい!


続きを読む

datou68 at 21:28|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2017年11月21日

『保険』がハイパーインフレに弱い資産である理由。『貸株サービス』のデメリットは『雑所得』にある。ハイパーインフレ対策として海外資産へ投資しよう♪



〜『保険』はハイパーインフレに弱い資産。『貸株サービス』のデメリットとは?〜





○ご質問


はじめまして。

時々のぞいては参考にさせていただいております。

大変勉強になり助かっております。


現在、年間300万円程、貯蓄額を増やせています。


資金の運用効率として、


月20万円を、

・倒産防に経費として預けてしまうか、

・株式やETFに回すか?


どちらが良いのかよく迷います。


おっさんならどう判断しますでしょうか?


倒産防とは、

倒産防止共済、別名経営セーフティ共済です。


法人を持っているため、

売上の一部をそちらに回すことで、

法人税がかからずに済みます。


掛け金800万が上限になり、

上限に達したら任意のタイミングで受け取ることは可能です。


ただ受け取ると、

その時点での法人の収益になり税金がかかります。

要は、利益−税金の先延ばしですね。

掛け金に利息等はつきません。


・楽天証券等にある貸株サービスの利用価値はいかがでしょう?

中には金利10%(7551 ウェッズ)のものもあります。

長期の安定性でみると、海外ETFに軍配ではあるのでしょうが。


お忙しいとは思いますが、

HPに取り上げていただけると大変うれしい限りです。

よろしくお願い致します。


 Quetion by ケケケのテツロウさん


※PR. 『経済的自由』を必ず!!手に入れよう♪
   『金持ちへの鉄則』を徹底分析♪
   資産運用で確実な『7つの真実』とは?

※PR. 『アマゾン定期おトク便』を活用して!!
   『生活費』を『月1万円』節約しよう♪


にほんブログ村 株ブログへ
よろしければ♪当ブログをクリックで応援して下さい!


続きを読む

datou68 at 20:29|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2017年11月20日

どうして米国株へ投資すべきなのか?米国株投資はハードルが高いか?アメリカ株の情報収集法♪



〜どうして米国株へ投資すべきなのか?アメリカ株の情報収集法♪〜





○ご質問


はじめまして。お世話になります。

このサイトを見て、


日本株に投資している場合でない!!

 と強く思い知らされました。


現在、

アメリカ株へシフトしていこうとしていますが、


日本株は、

証券会社の情報が充実していて良く判るのですが、


外国株というと今一、

日本株のように充実していません。

その都度、証券会社に聞くのも癪です。

 っていうか、


証券会社は、

アメリカ株取引を行う人は、


知っていて当然

 という敷居が高いということで

情報提供が不足しているんですかね。


私はこのサイト

情報拾っています。


でも、配当が判らない。

次の決算も分からないという状況です。


日本株だと、

四季報、配当、決算、次回に権利最終日が載ってあります。


これらが解決しない限り、

アメリカ株には投資する気にはなれません。


以上、

アドバイス、宜しくお願い申し上げます。



 Quetion by アメリカ株投資家さん


※PR. 『経済的自由』を必ず!!手に入れよう♪
   『金持ちへの鉄則』を徹底分析♪
   資産運用で確実な『7つの真実』とは?

※PR. 『アマゾン定期おトク便』を活用して!!
   『生活費』を『月1万円』節約しよう♪


にほんブログ村 株ブログへ
よろしければ♪当ブログをクリックで応援して下さい!


続きを読む

datou68 at 12:59|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2017年09月17日

『金(ゴールド)』への投資は、賢明なハイパーインフレ対策♪『豪ドルMMF』は為替手数料が高すぎる!!米国株が暴落する!!のか?



〜『金(ゴールド)』は賢明なハイパーインフレ対策♪米国株暴落か?〜





○ご質問


やまんばと申します。

先日は回答いただきまして有難うございました。


金 購入時の話です。

ハイパーインフレがやってきたりして、

実際に、金を使う段に成ったら、


なるべく『小さい単位』の方が、

使い勝手が良いですよというブログを読んだことが有ります。


1オンス、2分の1オンスを買おうか、

10g単位で買おうか迷っております。

ヒントがありましたらお願いします


問い合わせましたら、

1オンス  17万8千円 

1/2オンス 8万7千円でした。


ハイパーインフレの折には、

米国株も5割安といった事が、

ブログに例えとして記述されておりました。


ハイパーインフレの折、金価格につきましては、

どのようにお考えでしょうか?


5割安とかには、ならない気もしています。

理由はありません、単なる感です。



金も少し持っていようと思い質問しました。

とりあえず、少しづつ、買ってみようと思います。

ご回答のほどよろしくお願いします。


2017年後半、米国株は大暴落するらしい

 という他のブログを読み、

米国も危ないかなと少し思いました。


豪ドルMMFに対し疑問が湧いてきました。

-----------------------------------------------------
為替レート仲値 87円 豪ドルスプレット:買い・売り 70銭
購入金額 100万円 年換算利回り 1.016%(課税前)
----------------------------------------------------

上記条件で豪ドルMMFを購入すると、

780日保持しないと元が取れません。


計算結果はマネックスさんで聞きました。

780日は長すぎと思い、SBI証券にも聞きましたら、

投資相談には応じられないと言われました。


こんなものでしょうか?

おっさん殿はどの程度の期間預けていらっしゃいますか?


  Quetion by やまんばさん


※PR. 『経済的自由』を必ず!!手に入れよう♪
   『金持ちへの鉄則』を徹底分析♪
   資産運用で確実な『7つの真実』とは?

※PR. 『アマゾン定期おトク便』を活用して!!
   『生活費』を『月1万円』節約しよう♪


にほんブログ村 株ブログへ
よろしければ♪当ブログをクリックで応援して下さい!


続きを読む

datou68 at 14:02|PermalinkComments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2017年09月10日

すべての日本人が『生命保険』を解約すべき理由とは?ハイパーインフレになったら『生命保険』が『無価値』になる!!資産形成においては『生命保険』に頼るべきではない!!



〜『生命保険』を解約すべき!!理由♪『生命保険』が『無価値』になる!!〜





○ご質問


記事 大変、参考になっております。

ありがとうございます。


外国株(米国株)購入の準備を整えており、週末にも完了します。



ご相談ですが、

『保険』の件、気になっておりまして、


ハイパーインフレが来たら

ひとたまりもないなーと、

考え始めた処です。


具体的に、

生命保険会社どこがよろしいでしょうか?



現在は、

日本生命で20年くらい続けておりますが、

(満期養老、あと7年で満期)、


解約して有利な処に乗り換えたいです。



途中解約したら、

『400万』くらい
はありますので、


『米国株ETF』に振り向けたいです。


ライフネット生命がよろしいでしょうか?


ブログでは書けない事もあるかと思いますが、


具体的におしえていただければとても助かります。

結構いい年です(70歳台)。


よろしくお願いします。



  Quetion by やまんばさん


※PR. 『経済的自由』を必ず!!手に入れよう♪
   『金持ちへの鉄則』を徹底分析♪
   資産運用で確実な『7つの真実』とは?

※PR. 『アマゾン定期おトク便』を活用して!!
   『生活費』を『月1万円』節約しよう♪


にほんブログ村 株ブログへ
よろしければ♪当ブログをクリックで応援して下さい!


続きを読む

datou68 at 12:48|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2017年09月03日

ハイパーインフレ、金融危機に備えて!!『超優良米国株』&『米ドル建て資産』を保有しよう♪



〜ハイパーインフレ、金融危機に備えて!『米国株&米ドル建て資産』を保有しよう♪〜





○ご質問


おっさん様


前回は、御教授有難う御座いました。


私、最近投資について少し解って来ました。

色々遣って来て少し失敗しましたが、

長期的な投資が良い事に気が付きました。


経済の成長に対応して伸びる銘柄が良いのを知りました。

経済破綻時には売り切ると言う事です。


おっさん様推薦の

コカコーラ、P&G、JNJのチャートを始めてみてびっくりしました。


経済破綻に対しての影響が少ないです。

信じられません。

これが最も投資に向いている理想的な銘柄です。


質問

経済破綻に対して、

1割株価が落ちたら売り切ろう

 とか考えていられますでしょうか。


私も、区切りが付いたら上記銘柄に投資する事にします。

勉強になりました。有難う御座います。


ハイパーインフレについて

私は、アメリカも日本も破綻すると思います。

日本では、銀行口座を指し止めると思います。


新しい通貨を導入し、

10分の1から100分の1ぐらいに

現在の通貨の価値を落として、新紙幣と交換になると思います。


おっさん様の説明道理に近いと思います。

10年以内にはしないともたないでしょう。



   Quetion by よたっぺさん


※PR. 『経済的自由』を必ず!!手に入れよう♪
   『金持ちへの鉄則』を徹底分析♪
   資産運用で確実な『7つの真実』とは?

※PR. 『アマゾン定期おトク便』を活用して!!
   『生活費』を『月1万円』節約しよう♪


にほんブログ村 株ブログへ
よろしければ♪当ブログをクリックで応援して下さい!


続きを読む

datou68 at 09:43|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2017年07月30日

『米ドル建てMMF』と『米国債ETF』を徹底分析♪FRBが『利上げ』しても『米国債利回り』が上昇しない理由!『安全重視のハイパーインフレ対策』として良い選択肢♪



〜『米ドル建てMMF』と『米国債ETF』徹底分析♪賢明なハイパーインフレ対策〜





○ご質問


おっさん殿、

お久しぶりです。その後もサイトを拝見しています。


私としては、その後、

『米国株の買い時』を狙っていますが、

なかなか相場が下がらず、じっと待っているところでございます。


さて、そんな中で、

しびれをきらし『ドル建てMMF』購入も検討しています。


おっさん殿のコメントを拝見していると、

軍資金の置き場所として、

少しでも現金が余れば積極的にご活用されているそうです。


ここで質問なのですが、


.疋觀てMMFには、

為替リスクがあると思いますが、

金利に比して為替変動リスクがあるようにも思えるのですが、

おっさん殿は長期的に円安を予想されているため、

このリスクは飲み込んでいらっしゃるということでしょうか?

買い相場が来た際、

おっさん殿はMMFを日本円に一旦換金されるものと理解しましたが、

その際、為替で含み損を抱えるリスクについてどうお考えか、お伺いする次第です。


∧謄疋襪粒芦滷唯唯討鬘咤贈評攘瑤埜〆したところ、

3つ出てきて、いずれも金利は、

・0.87%(日興)

・0.6%(野村)

・0.799%(Goldman)


 と異なり、

投資対象の構成も、

例えば日興がS&P 、Moody'sなどの格付等級を具体的に記載するのに対し、

野村は「最高格付」のみ等と若干異なるのですが、

おっさん殿は気を付けられていることはありますか?


特に資金の短期的な置き場所と考えるのであれば、

信用リスクは一切取らず、

「最高格付」にこだわっていますでしょうか?


3芦滷唯唯討箸亙未力辰任垢、

最近では債券ETFも推奨されています。

私も大変興味があるのですが、

米国金利が上がる局面で、

短期債券であれ、

債券価格が下落し、

ファンド基準価格が下落するリスクは大きくありませんでしょうか。

金利収入以上に価格自体が下落するリスクが大きいのでは思い、

どうお考えになっているか、伺う次第です。


最近、当方からの質問ばかりで恐縮ですが、

もし、差し支えなければお答えいただけると幸いでございます。



  Quetion by おやつさん


※PR. 『経済的自由』を必ず!!手に入れよう♪
   『金持ちへの鉄則』を徹底分析♪
   資産運用で確実な『7つの真実』とは?

※PR. 『アマゾン定期おトク便』を活用して!!
   『生活費』を『月1万円』節約しよう♪


にほんブログ村 株ブログへ
よろしければ♪当ブログをクリックで応援して下さい!


続きを読む

datou68 at 11:04|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2017年07月15日

ハイパーインフレ時のFX投資戦略♪FX投資では『マイナススワップ』に注意!『1ドル1000円』の『超円安』が起きる可能性!『海外資産』で資産を守ろう♪



〜ハイパーインフレ時のFX投資戦略♪FXでは『マイナススワップ』に注意!!〜



○ご質問


こんにちは。

いつも拝読させていただいております。


ハイパーインフレ対応策として、

FXについておっさんさんの意見を伺いたいと思います。


私もおっさんさんと同様に、

トラリピを運用手段の一つとして活用しています。


ハイパーインフレが発生した際は、

超円安になる!!ことが予想されることから、


トラリピで『円売りドル買い』しておけば、

相当な利益が出る!!

 と私は予想しているのですが、


この認識で間違いないでしょうか?


   Quetion by タマチさん


※PR. 『経済的自由』を必ず!!手に入れよう♪
   『金持ちへの鉄則』を徹底分析♪
   資産運用で確実な『7つの真実』とは?

※PR. 『アマゾン定期おトク便』を活用して!!
   『生活費』を『月1万円』節約しよう♪


にほんブログ村 株ブログへ
よろしければ♪当ブログをクリックで応援して下さい!


続きを読む

datou68 at 22:14|PermalinkComments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2017年07月02日

NISAの『メリット』と『デメリット』を徹底分析♪NISAは本当に有利な投資条件なのか?長期投資の成功には『複利の力&再投資』が王道!!



〜NISAの『メリット』と『デメリット』を徹底分析♪〜





○ご質問


アメリカ株日本の財政事情に関して、

多様なデーターをもとに非常に説得力を持って解説しておられる

 のを楽しく拝見させてもらっています。



ところで今日はNISAに関してお尋ねします。


私は、8年前から、

世界とアメリカのETFを購入し始めました。


まだ当時は、

日本でのネット証券は普及していなかったので、

アメリカの証券会社に口座を開いたのです。


しかし数年前から、

利便性を考えて国内のSBI証券のNISAも利用しようと思いました。


そこで「おっさん」さんの記事も読ませてもらったのですが、

正直言ってこのNISAのパフォーマンスはいかがなものでしょうか?

 というのも、


いくら配当金が非課税

(ニューヨーク証券所のアメリカ国籍の場合は10%徴収される)

 といってもその配当金は再投資できません。


「おっさん」さんのいうように、

成長率の高いSPYですと、

5年で3倍も不可能ではない

 にしても、、


やはり『複利の力』を借りないと厳しいと思うのです。


一株単位での購入ですから、

配当で買えないのは分かります。


しかしアメリカの証券会社では、

設定しておけば端株で再投資してくれます。


NISAは枠の関係上、

長期保有しなければ損するということですが、


長期保有の期間、

複利のパワーをまったく活かせないとなると、


株価上昇しか道がないということですね。


おそらく「おっさん」さんも、

積極的に投資しておられるとは思いませんが

そのへんのご意見を聞かせていただければありがたいです。



  Quetion by けんさん


※PR. 『経済的自由』を必ず!!手に入れよう♪
   『金持ちへの鉄則』を徹底分析♪
   資産運用で確実な『7つの真実』とは?

※PR. 『アマゾン定期おトク便』を活用して!!
   『生活費』を『月1万円』節約しよう♪


にほんブログ村 株ブログへ
よろしければ♪当ブログをクリックで応援して下さい!


続きを読む

datou68 at 11:43|PermalinkComments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2017年06月24日

『米国株』は本当に『バブル』なのか?『米国株のPER』を『リーマンショック』&『ITバブル』時と徹底比較!!『株価暴落』時における投資法♪米国株相場2017徹底分析♪



〜『米国株』は本当に『バブル』なのか?『米国株相場』徹底分析♪〜





○ご質問


こんばんは。


以前に

米国株へ長期投資することで『金融資産1億円』が達成可能である理由♪

 にて、相談しましたイグです。


ご無沙汰しております。


おっさんさんは、


2001年から投資をされてましたら、

暴落を経験されている!!と思います。



近い所では、


・ニューヨーク同時多発テロショック

・リーマンショック

・チャイナショック等。



暴落時の対応はどのようにされていますか?




私の考えでは、


・何もしない(手仕舞わない)か 

・底近辺で買い増す 


 のどちらかだと思います。


どうして今このような質問をするか?

 といいますと 


実は私は、投資会に入っていました。


そこで講師の方に、

米国株で買いっぱなしは危険だ!

 と言われました。


講師の知り合いで、

それを実践して大損をした人がいる

 との事でした。


おそらく暴落時に恐怖心から手仕舞ったんだと思います。

 という私も、


今現在は、順調に、

キャピタルゲインもインカムゲインも増えていってますが 


実際に暴落が来て、


例えば、

株価が半分になった時に、

上記のような事が本当にできるかどうかはわかりません。


そして講師の方が 

くれぐれも全額買わないように

 とのアドバイスをされました。


私も、

底近辺で買い増す

(できるかどうかはわかりませんが)

つもりなので、


2割から3割くらいは置いとくつもりです。


上記のようなことがありましたので 

ぜひおっさんさんのご意見をお聞かせ下さい。



  Quetion by イグさん


※PR. 『経済的自由』を必ず!!手に入れよう♪
   『金持ちへの鉄則』を徹底分析♪
   資産運用で確実な『7つの真実』とは?

※PR. 『アマゾン定期おトク便』を活用して!!
   『生活費』を『月1万円』節約しよう♪


にほんブログ村 株ブログへ
よろしければ♪当ブログをクリックで応援して下さい!


続きを読む

datou68 at 08:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
プロフィール
おっさん

公式運営サイト♪
『打倒!金持ち父さん』

金持ちになってから『世の中金じゃない』と、言ってやろう!
中国株・日本株・米国株・FX
などを中心に、
戦略的に金持ちになる為
のサイトです♪
運用利益1000万円突破!!

おっさん


『初めて!!ご訪問の方へ♪』

『注目!おっさんの運用成績』
スポンサード リンク
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: