アマゾン投資分析

2015年12月25日

アマゾンプライムナウが便利すぎる!!プライムナウを1度利用したら、もうやめられない♪アマゾン株分析


今回は、おっさんも投資してる!!


米国株である、

アマゾン株投資分析として♪


アマゾンプライムナウ徹底分析♪

に引き続き、


アマゾンプライムナウを特集します♪



おっさんも、早速!!


アマゾンプライムナウを注文してみたのですが、、



アマゾンプライムナウは、、

1度利用したら、もうやめられない♪

ぐらい便利でした!!


先日、おっさんは、、急に!!


久しぶりに!!

ポンジュースが飲みたくなり、、笑


さらに、、

家の近くでは、売っていない。。泣

お気に入りのアイスが食べたくなった!!

ので、、笑


ポンジュース

アイス

クイックルワイパー

海苔

うどん

チキンラーメン

などを注文してみました♪



どれも、価格は、

近くのスーパーや、ドラッグストアよりも!!

→ 安かった!!と思います♪


今回は!!


※PR. 『経済的自由』を必ず!!手に入れよう♪
   『金持ちへの鉄則』を徹底分析♪
   資産運用で確実な『7つの真実』とは?



※PR. 『アマゾン定期おトク便』を活用して!!
   『生活費』を『月1万円』節約しよう♪




続きを読む

datou68 at 14:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2015年12月24日

アマゾンプライムナウ徹底分析♪プライムナウは、コンビニ、スーパーの強力なライバルになる!!アマゾン株投資分析♪



今回は、おっさんも投資してる!!


米国株である、

アマゾン株投資分析として♪



アマゾンプライムナウを徹底分析します♪



個人投資家の皆さまは、


アマゾンプライムナウというサービスをご存じでしょうか??



Prime Now(プライム ナウ)は、


アマゾンが2015年に始めた!!

新しいサービスで、


注文した商品が、、なんと!!


1時間以内に届く!!のです♪



アマゾンよ、、

ついに、ここまできたか〜〜!!

という感じですよね??笑



さらに!!

アマゾンプライムナウでは、


冷えたビール

冷えたシャンパン

ヨーグルト

チーズ

アイス

冷凍食品

などを注文することができます♪


どれも、

これまでのネットショッピングでは、

あまり注文しなかった商品ですよね?



しかも!!

商品価格は、

→ コンビニよりも断然安い!!

ですし、、

→ スーパーよりも安い!!

商品が大部分と感じました♪



Prime Now(プライム ナウ)で、

実際に注文するには、、

専用無料アプリから注文する!!

のですが、


Prime Nowのアプリは、

とてもスタイリッシュで♪


感覚的に商品が選べて、

とても楽しいです♪


注目の配達料金ですが、、


※PR. 『経済的自由』を必ず!!手に入れよう♪
   『金持ちへの鉄則』を徹底分析♪
   資産運用で確実な『7つの真実』とは?



※PR. 『アマゾン定期おトク便』を活用して!!
   『生活費』を『月1万円』節約しよう♪




続きを読む

datou68 at 17:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2015年12月23日

『アマゾンクラウド(AWS)』徹底分析♪アマゾンがクラウドで『一人勝ち』している!!理由とは?『アマゾン株(AMZN)』投資分析♪米国株の優良株


〜『アマゾンクラウド(AWS)』徹底分析♪アマゾンがクラウドで一人勝ち!!〜




今回は、米国株の優良株特集です♪


おっさんも投資している!!米国株である、

『アマゾンドットコム(AMZN)投資分析』です♪


参考:『キンドルのビジネスモデル分析』『アマゾンプライム分析』『アマゾン時価総額分析
 『アマゾンがネットショップの王様である理由』『アマゾンの独占力分析
 『キンドルが電子書籍ランキング1位である理由』『アマゾン株価分析
 『アマゾンクラウド(AWS)徹底分析♪』『アマゾンの未来を徹底分析♪





個人投資家の皆様は、


アマゾンが『クラウドビジネス』を展開している!!

 ことをご存知でしょうか??



アマゾンのクラウドは、、

 → 『AWS』と呼ばれるサービスで、

 → 『アマゾン・ウェブ・サービス』の略です♪



アマゾンが『AWS』を始めた!!のは、

 → 2006年です♪




アマゾンは、

オンラインショッピング事業の『派生ビジネス』として!!

 → 『AWS』を開始した!!のですが、



アマゾンは、


アマゾンドットコム』を支える!!

 → 『コンピューター運営ノウハウ』を積み上げてきた♪


 ことから、


・『自社のコンピューター』を『他社』にも!!

 → 使用させる!!
ことで、

 → 『料金』を徴収する!!事業を始めたのです♪




そして、


『アマゾンクラウド』を始めてから『10年』が経過した!!


今では!!


『AWS』は、


『クラウド市場』において!!

 → 『約52%』とトップシェア
を握っている!!のです♪



しかし、、これまで、アマゾンは、

 → 『クラウド事業』の業績を開示してきませんでしたが、、



2015年4月、

『クラウド事業の業績』を初めて開示した!!

 ことにより、



株式市場では、

 → 大きな『サプライズ』になりました!!汗





・『アマゾンクラウド』に関する『事前予想』では、、

 → 『クラウド』は『赤字』である!!

 というものでしたが、、



なんと!!

『AWS』は、


※PR. 『経済的自由』を必ず!!手に入れよう♪
   『金持ちへの鉄則』を徹底分析♪
   資産運用で確実な『7つの真実』とは?

※PR. 『アマゾン定期おトク便』を活用して!!
   『生活費』を『月1万円』節約しよう♪



続きを読む

datou68 at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2015年12月22日

アマゾン株投資分析♪アマゾンのビジネスモデルの進化が止まらない!!アマゾン株は、買いなのか?


今回は、

おっさんの投資している米国株である、


アマゾン株投資分析♪を取り上げます!!



アマゾンの進化が止まりません!!


アマゾンのビジネスモデルは、拡大を続けております。


まずは、、

アマゾンの歴史を簡単に振り返りましょう!!


アマゾンの最初のビジネスは、

本から始まりました。


読書のすすめ


どの本屋さんよりも!!

豊富な品揃えを実現し、


店舗を持たない!!


ネットビジネスを利点を活かしました。


その結果、、

全世界で!!

本屋さんが少なくなっていきました。。汗


次は、、


家電を始め、

家電量販店と戦い始めました。


今では、

家電量販店に行かなくても、

アマゾンで家電商品を購入する人が増えています。


その後、


プライム会員や、

送料無料モデルを築き上げました♪


加えて!!

kindleという


新しい書籍ビジネスモデルを立ち上げました♪


kindleで本を売る!!ことで、


アマゾンは、

より利益率が高くなります♪


kindleの粗利益率は、

従来の書籍ビジネスの22%から、



※PR. 『経済的自由』を必ず!!手に入れよう♪
   『金持ちへの鉄則』を徹底分析♪
   資産運用で確実な『7つの真実』とは?



※PR. 『アマゾン定期おトク便』を活用して!!
   『生活費』を『月1万円』節約しよう♪




続きを読む

datou68 at 11:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2015年11月29日

『アマゾン定期おトク便の活用法』を徹底分析♪『オススメ定期便』をご紹介!!『日用品』を『定期おトク便』で買って!!『生活費』を『月1万円』節約しよう!賢明なる買いもの投資



〜『アマゾン定期おトク便の活用法』を徹底分析♪『オススメ定期便』をご紹介!〜




今回も、

アマゾン定期おトク便徹底分析♪『生活費』を『月1万円』節約しよう!

 に引き続き、



賢明なる買いもの投資』として、

 → 『Amazon定期おトク便』を徹底分析していきます♪




皆さま、突然ですが、、、

アマゾン定期おトク便』ってご存知ですか??笑



『アマゾン』で売っている『商品』は、、

 → どの商品も
元々、安い!!のですが、 、笑



さらに、、

Amazon定期おトク便』にする!!ことで、、


さらに!!

『10パーセント』〜『5パーセント』も!!

 → 安くなる!!
のです♪



『Amazon定期おトク便』とは、、


・『日用品』を中心として!!

 → 『割引価格』で!!

 → 『定期的』に届けてくれるサービスのことで、



・『アマゾン定期おトク便』に設定する!!ことで、、

 → 『最大10%OFF』になる!!のです♪


その結果、、


・『生活費』を『節約』できる!!どころか、

・『買い物をする時間』の『節約』

・いちいち『注文』する『時間の節約』


・『家』まで運んでいく
『労力』も!!

 → 『節約』できる!!のです♪





『おっさんの印象』として!!


『アマゾン定期おトク便の対象商品』は、、


『コンビニ』はもちろん!!ですが、、笑


ほとんどの『スーパー』や『ドラッグストア』よりも!!

 → 
『価格』が『安く』設定されております♪ので、、



『日用品』を『アマゾン定期おトク便』で買う!!ことで、

 → かなりの『節約』が可能だ!!と思います♪



どうかご一緒に!!

『月1万円以上』を『目標』にして!!

 → 賢く『節約』していきましょう♪



『前置き』が長くなりましたが、、笑

今回は、より具体的に!!


おっさんが『アマゾン定期便』にしている!!

『おすすめ定期便商品』を下記にご紹介していきたい!!と思います♪


※PR. 『経済的自由』を必ず!!手に入れよう♪
   『金持ちへの鉄則』を徹底分析♪
   資産運用で確実な『7つの真実』とは?

続きを読む

datou68 at 12:48|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

『アマゾン定期おトク便』徹底分析♪『日用品』を『アマゾン定期おトク便』で買えば、さらに『10%』OFF♪『月1万円』を目標に『生活費』を節約しよう!賢明なる買いもの投資



〜『アマゾン定期おトク便』徹底分析♪『生活費』を『月1万円』節約しよう!!〜




今回は、『賢明なる買いもの投資』として、

 → 『Amazon定期おトク便』をご紹介します♪




皆さま、突然ですが、、、

アマゾン定期おトク便』ってご存知ですか??笑



おっさんは、普段から!!


・『商品』が安い♪

・『送料』が無料♪


・『家』まで重いものを運ばなくてよい♪(=『労力』節約)


 ということで、


・『節約&利便性』をかねて♪

 →
 『アマゾン』をフル活用しております!!




『アマゾン』で売っている『商品』は、、

 → どの商品も
元々、安い!!のですが、 、笑



そこで、さらに!!


Amazon定期おトク便』にする!!と、、

 → 
『大きなメリット』が出てくるのです♪



なんと!!

『商品』にもよりますが、、



さらに、、

『10パーセント』〜『5パーセント』も!!

 → 安くなる!!
のです♪




『Amazon定期おトク便』とは、、


※PR. 『経済的自由』を必ず!!手に入れよう♪
   『金持ちへの鉄則』を徹底分析♪
   資産運用で確実な『7つの真実』とは?

続きを読む

datou68 at 12:44|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2014年01月23日

アマゾン(AMZN)投資分析 アマゾンの株価分析 時価総額から考えるアマゾン株価分析 〜アマゾンの時価総額18兆円は割安である♪〜 米国株の優良株


〜アマゾン(AMZN)投資分析 アマゾンの時価総額18兆円は割安か?〜



今回は、米国株の優良株特集です♪

おっさんも投資している!!米国株である、

『アマゾンドットコム(AMZN)投資分析』です♪


参考:『キンドルのビジネスモデル分析』『アマゾンプライム分析』『アマゾン時価総額分析
 『アマゾンがネットショップの王様である理由』『アマゾンの独占力分析

 『キンドルが電子書籍ランキング1位である理由』『アマゾン株価分析


前回は、PERと純利益率で株価分析を行いましたが、

参考:『PERと純利益率で考えるアマゾン株価分析♪


今回は!!

『アマゾンの時価総額』に注目して!!

アマゾンドットコム(AMZN)の株価分析を行います♪


アマゾンは、

世界的な優良企業で、

『世界13か国』に展開!!しており、

あまりにも!!巨大な企業でありますが、


それでも、

まだまだ!!『成長中』の企業であり、

いわゆる、

・『成長株』であります。


なので、一般的に、

『PER』では、

株価が高いのか?

株価が安いのか?

なかなか判断できません。。


アマゾンは、

『毎年20〜30%』も!!

売上げを増やしながら、成長
しておりますし、


圧倒的な!!『独占力』を持つ企業です♪


なので、

株式市場での評価も高く、

『PER=20台』など、

割安な株価水準で、

投資するチャンスがほとんどない!!
です。。


2014年1月現在のアマゾンの株価水準は、

・時価総額 18兆円
・株価   400ドル


 ですが、


今回は、アマゾンの企業価値として、

株式市場でつけられている、

 → 『時価総額=18兆円』


 に注目して!!株価分析してみましょう♪



それでは、時価総額を『視点』にして、

世界の企業と比較してみましょう♪

時価総額ランキング

・アップル    48兆円
・グーグル    38兆円
・マイクロソフト 30兆円

・ジョンソン   26兆円
・ウォルマート  24兆円
・トヨタ自動車  22兆円

・アマゾン    18兆円

・フェイスブック 14兆円
・ソフトバンク  10兆円
・ユニクロ     4兆円
・セブンイレブン  4兆円
・楽天       2兆円


いかがでしょうか??


『18兆円』と聞くと、、

とんでもなく!!割高なイメージがしますが、、笑



時価総額ランキングをみると、、

そうでもない!!ですよね??



おっさんとしては、

今後、

アマゾンが利益を出す!!ようになれば、、

 → 株価がもっと成長してもいいように感じます♪


何故ならば!!

※PR. お金持ちへの道へ!!
 確実に!!到達しよう♪
  → 『賢明なる買いもの投資♪』

続きを読む

datou68 at 18:00|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2014年01月22日

アマゾン(AMZN)投資分析 アマゾンの株価分析 時価総額から考えるアマゾン株価分析 〜アマゾンの時価総額18兆円は割安である♪〜米国株の優良株


〜アマゾン(AMZN)投資分析 純利益率5%とPERでアマゾンを株価分析〜



今回は、米国株の優良株特集です♪

おっさんも投資している!!米国株である、

『アマゾンドットコム(AMZN)投資分析』です♪

参考:『キンドルのビジネスモデル分析』『アマゾンプライム分析
 『アマゾンがネットショップの王様である理由』『アマゾンの独占力分析

 『キンドルが電子書籍ランキング1位である理由』『アマゾン株価分析


今回は、アマゾンドットコム(AMZN)の株価分析を行います♪


まずは、最近のアマゾンの決算をみてみましょう!!


売上高

2010年 342億ドル

2011年 480億ドル

2012年 610億ドル

2013年 749億ドル
(予想)

2014年 910億ドル
(予想)


アマゾンは、

『年率+20〜30%』の勢いで成長中です♪


2010年12月 

売上高 342億ドル

営業利益 14億ドル

純利益  11億ドル


2010年は、少しだけ、利益を出しています。


2011年12月 

売上高 480億ドル

営業利益  8億ドル

純利益   6億ドル

2011年はかろうじて、利益が出ています。


2012年12月 

売上高 610億ドル

営業利益 6億ドル

純利益 −0.4億ドル

2012年は、巨額投資により、赤字転落しております。


営業利益率

2010年 4.1%

2011年 1.7%
 
2012年 1.1%


純利益率

2010年 3.36%

2011年 1.3%

2012年 −0.6%


直近である、

2013年7〜9月決算をみると、、

・売上高 『1兆6600億円』

 前年比 『+24%』

・利益  『41億円の赤字』


2013年度も、巨額投資で赤字となっております。。泣


アマゾンの株価水準

・時価総額 18兆円
・株価   400ドル



上記のとおり、

アマゾンは、利益を出そうと思えば、いつでも出せますが、

あえて!!成長を優先し、

『圧倒的な独占力』の獲得を最重視しております。


また、今後、キンドルを普及させていけば、

参考:『キンドルのビジネスモデル特集

さらなる利益率向上が期待できます♪


それでは、アマゾンの株価分析をしていきましょう♪

※PR. 金持ちへの戦略を徹底分析!
 「打倒!金持ち父さん」のメインコンテンツ♪
  → 『戦略的金持ちへの道♪』

続きを読む

datou68 at 20:20|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2014年01月21日

電子書籍利用ランキング分析 キンドルが圧倒的な1位である理由♪ キンドルでアマゾンの利益率は上昇する! アマゾン(AMZN)投資分析 米国株の優良株



〜電子書籍利用ランキング分析 キンドルが圧倒的な1位である理由〜


今回は、米国株の優良株特集です♪

おっさんも投資している!!米国株である、

『アマゾンドットコム(AMZN)投資分析』です♪

参考:『キンドルのビジネスモデル分析』『アマゾンプライム分析
 『アマゾンがネットショップの王様である理由』『アマゾンの独占力分析

 『キンドルが電子書籍ランキング1位である理由


日本でも、

『電子書籍市場』が成長しております♪


『キンドル』など、

・『電子書籍リーダー』の普及や、

・『スマートフォン』

・『タブレット』の普及
により、

 電子書籍が急速に拡大しているのです!!


日本の『電子書籍コンテンツ市場規模』と、

今後の市場予測をみてみましょう。


2012年  『729億円』

2013年 『1010億円』

2014年 『1220億円』

2015年 『1530億円』

2016年 『1850億円』

2017年 『2390億円』


いかがでしょうか?


4年後には、

 → 『倍以上!!』の市場


 になる予測となっています♪


日本の書籍全体の市場は、

2012年 『1兆7000億円』であり、


現在、日本では、

『電子書籍比率』が、

 → 『5%弱』
ですが、


『5年後』には、

 → 『10%』が電子書籍の時代となるのです!!



ちなみに、電子書籍の普及が先行している!!

アメリカの電子書籍市場では、

2012年 『3000億円』

 → 前年比 『+44%』と、



アメリカでも、電子書籍が急速に!!伸びております♪


アメリカでは、既に、

書籍市場全体の『20%』が電子書籍となっており、


なんと!!

「5冊に1冊が電子書籍の時代」に突入しているのです!!


おそらく、日本でも!!

・電子書籍がさらに普及していく♪

 流れになるのではないでしょうか??


さて、電子書籍の世界では、

今後の成長市場を取ろうと!!

『電子書籍ストア』が乱立!!しております。。


インプレス社が2013年12月に発表した、

『電子書籍利用ランキング』調査では、


※PR. クレジットカードで得をしよう!
  → 『クレジットカード利殖法♪』

続きを読む

datou68 at 19:33|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2014年01月20日

アマゾン(AMZN)投資分析 アマゾンは『独占力』をどう確立したか?アマゾンの『歴史』を振り返る♪ 〜アマゾンは、顧客の利益優先で成長中〜 米国株の優良株



〜アマゾン投資分析 アマゾンは独占力をどう確立したか?アマゾンの『歴史』を振り返る♪〜


今回は、米国株の優良株特集です♪


おっさんも投資している!!米国株である、

『アマゾンドットコム(AMZN)投資分析』です♪

参考:『キンドルのビジネスモデル分析』『アマゾンプライム分析
 『アマゾンがネットショップの王様である理由』『アマゾンの独占力分析



アマゾンは、圧倒的な!!競争力を持つ♪

『読書専用タブレット』である、

 → 『Kindle』を創り上げました♪

(日本では、2012年から発売)


現在は、まだまだ、

『Kindleの便利さ』に気が付いた、

『一部の先進的な人♪』から愛用されておりますが、


今後、数年も!!すれば、、

 → 『一家に一台 Kindle♪』

 という時代が来てもおかしくありません!!


それだけ価値があり、

圧倒的な競争力を持つ!!

『読書専用リーダー』だと思います♪


現在は、まだまだ、

『普及してきている!!段階』に過ぎませんが、

今後、Kindleが普及していけば、普及していく程!!

『ビジネスのルール』が変わり、

 → 書籍ビジネスの『根本』


 に大きな変化が出てくるでしょう。


それだけ、

「Kindleをあなどってはならない!!」

 と思います。


今後、『書籍ビジネス』のビジネスモデルにおいて、

 → 『革命!!』

 と呼べるほどの変化が起きていくのです。


『カメラ』の世界でいえば、、

『インスタントカメラ』が主流!!であった時代に、

 → 『デジタルカメラ』が登場したインパクト。



そして、街で『フイルム』が売られなくなり、、


その後、

『デジタルカメラ』が主流となった後に、、

 → 『スマートフォン』が誕生したインパクト。


 と、『同じ』だけ!!のインパクトを、


あと数年もすれば、、

『Kindle』は、歴史に残すことでしょう♪


つまり、『Kindle』には、

『ビジネスモデル』を変えてしまう、

『革命!!』と呼べるほどの力があるのです♪

参考:『キンドルのビジネスモデル分析


また、

『Kindle徹底分析』にてご紹介したとおり、

参考:『キンドルなら立ち読みし放題♪』、『キンドルには4000冊の本が入る♪
   『Kindle vs iPad比較』、『キンドルなら本が安い♪』『キンドルはiPhoneでも読める♪
   『キンドルの便利さ分析♪』『キンドルの賢い選び方♪』『タブレットならキンドルファイアHDX♪



我々、消費者にとって、

『Kindleを使うメリット』が、

 → 圧倒的に!!存在します。


なので、今後、『近い将来』、

Kindleで本を読むことが、

 → 『当たり前!!』の時代がくるはずです。


アマゾンは、

ただ、安価なタブレット端末を、

販売しているのではなく、

『書籍ビジネスの未来』を見据えて、

Kindleを創り上げたのです♪



今後、新たな時代において、アマゾンは、

 → 書籍ビジネスにおいて、

『圧倒的な!独占力』を保有していくことでしょう。



さて!!今回は、

『アマゾンの歴史』を分析していきます♪


アマゾンは、創業当時、


※PR. クレジットカードで得をしよう!
  → 『クレジットカード利殖法♪』

続きを読む

datou68 at 19:18|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
プロフィール
おっさん

公式運営サイト♪
『打倒!金持ち父さん』

金持ちになってから『世の中金じゃない』と、言ってやろう!
中国株・日本株・米国株・FX
などを中心に、
戦略的に金持ちになる為
のサイトです♪
運用利益1000万円突破!!

おっさん


『初めて!!ご訪問の方へ♪』

『注目!おっさんの運用成績』
スポンサード リンク
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: