ソフトバンク投資分析

2014年03月22日

ソフトバンクの『Tモバイル買収』を徹底分析♪Tモバイル買収ができない場合、スプリント事業はどうなるか?ソフトバンク投資分析 日本株の優良株特集



〜ソフトバンクの『Tモバイル買収』を分析♪スプリント事業の現状分析〜



今回は、『Tモバイル買収分析』&『スプリント分析』です♪

ソフトバンク投資分析まとめ』『スプリント買収』『ソフトバンクの国内携帯電話市場分析』『ヤフーのイーコマース革命
世界1位のアリババ分析』『スーパーセル買収』『ブライトスター買収』『スプリント徹底分析』『スプリント再生戦略
Tモバイル買収』『ソフトバンク株価分析』『Tモバイル買収は成功するか?』『ソフトバンク電力市場参入へ
アリババ上場♪時価総額分析』『ソフトバンクのTモバイル買収分析


『ソフトバンクのTモバイル買収』を分析していきます♪

参考:『スプリントの成功はTモバイル買収がカギ!!』『』


ソフトバンクは、

・米国携帯電話市場3位の『スプリント買収』に続き、


さらに!!

・4位の『TモバイルUS』についても、


買収を行い、

『上位2強』との真っ向勝負!!を狙っておりますが、


『米連邦通信委員会(FCC)』は、

アメリカ携帯電話市場の『独占』を危惧しており、


『米連邦通信委員会(FCC)』による

買収承認のメドが立たない!!状況にあります。。泣


まずは!!

現在の『アメリカの携帯電話市場』をみてみましょう♪


アメリカの携帯電話シェアをみてみましょう!!

・ベライゾン    32%
・AT&T     30%
・スプリント    16%
・Tモバイル    10%

 と、上位2社が圧倒的!!です。。泣


でも!!

スプリントが『Tモバイル』を買収できれば、、


ベライゾン       32%
AT&T        30%

スプリント+Tモバイル 26%

 と、勢力がほぼ並び、


ベライゾン、

AT&Tの上位2社に並び、

米携帯市場は、『3強体制』となります♪


しかしながら、、

買収には、

『米連邦通信委員会(FCC)』による

買収承認が必要
です。。


2014の年初に、

孫正義社長が、自ら!!FCCと交渉を行うも、、


「思った以上に反対意見が強かった!!」そうです。。泣


米政府としては、

『通信事業の独占を望んでいない!!ようです。。』


実際、2011年に、

『AT&T』が、

 → 『Tモバイル』を買収
しようとした際は、


米当局が強く反対!!し、

AT&Tは計画を撤回しております。。



しかしながら!!

※PR. 米国株投資で『1億円』を目指そう!!
   資産を『10倍に増やす!』には、
   米国株しかない!!理由とは?

続きを読む

datou68 at 17:23|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年03月21日

アリババ集団時価総額分析♪アリババがついに!アメリカで上場!!ソフトバンクが持つアリババ株は『6兆円』に♪ソフトバンク投資分析 日本株の優良株特集



〜アリババ集団分析♪ アリババがついに!アメリカで上場♪ ソフトバンク投資分析〜



今回は、『アリババ集団分析』&『ソフトバンク投資分析』です♪

ソフトバンク投資分析まとめ』『スプリント買収』『ソフトバンクの国内携帯電話市場分析』『ヤフーのイーコマース革命
世界1位のアリババ分析』『スーパーセル買収』『ブライトスター買収』『スプリント徹底分析』『スプリント再生戦略
Tモバイル買収』『ソフトバンク株価分析』『Tモバイル買収は成功するか?』『ソフトバンク電力市場参入へ
アリババ上場♪時価総額分析


2014年3月16日

中国の電子商取引最大手、

『アリババ集団』は、

(Alibaba Group)


ついに!!

「アメリカで新規株式公開(IPO)の準備を始める!!」

 と発表しました♪


さて!!

ソフトバンクとアリババの関係性ですが、、


ソフトバンクは、

アリババ株の『37%』を保有する!!大株主
であり、

最近、、


「アリババがいつ上場するか??」

 によって、

 → ソフトバンクの株価が乱高下!!しているのです。。


2013年12月、

ソフトバンク株は、

『アリババ上場』観測を追い風として、

 → 『9320円』まで急騰!!
しましたが、、


『香港市場』での上場は困難な状況になると、、


ソフトバンク株は、

2014年2月には、

 → 『6655円』まで下落しました。。泣


しかし、今回、

『アリババがアメリカでIPO準備♪』

 というニュースにより、


2014年3月20日現在、

 → 『8200円』まで!!

 株価を戻しております♪



どうして??

ソフトバンク株では、

『アリババのIPO』が、

こんなにも注目されているのでしょうか??


アリババ集団徹底分析 ソフトバンクが持つアリババ株が6兆円に♪

 でも、特集しましたが、、


『アリババの時価総額』が、

 → かなり大きくなりそう!!
だからです♪


アリババは、上場すれば、、

アマゾン、グーグル、フェイスブックに匹敵する!!

 → 時価総額になる!!

 と予測されているのです♪


そして、ソフトバンクは、

 → 『アリババの大株主』である!!

 ということなのです♪


それでは!!アリババ集団について、復習していきましょう♪

※PR. 米国株投資で『1億円』を目指そう!!
   資産を『10倍に増やす!』には、
   米国株しかない!!理由とは?

続きを読む

datou68 at 18:23|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年02月06日

ソフトバンク(9984)投資分析 ソフトバンクが電力市場に新規参入!! 〜電力自由化により日本の電力市場が変わる♪〜 日本株の優良株



ソフトバンク(9984)投資分析 ソフトバンクが電力市場に新規参入!



今回は、『ソフトバンク投資分析』です♪

参考:『ソフトバンク投資分析まとめ


ソフトバンクが、

本格的に!!電力事業へ新規参入します。


2014年2月1日に、

鳥取県米子市で、

ソフトバンク最大の

・大規模太陽光発電所(メガソーラー)が稼働しました♪


今年春には、

『特定規模電気事業者(新電力)』として、


 → 電気小売事業を始めるのです♪


『通信業界』に進出して、

 → 『競争』を巻き起こした!!


孫正義社長は、

これまで『規制』に守られてきた。。

 → 『国内の電力市場』にも!!

 → 大きな『風穴』を開けるつもりです!!



ソフトバンクのこれまでの歴史において、

・『ADSL』の新規参入!!

・『携帯電話事業』への参入!!
 
 が転機となり、


ソフトバンクのこれまでの戦いは、

『NTTによる独占』を崩す!!ことで、


 → 業界に競争を促し、

 → ソフトバンクは利益を得てきました♪


我々、消費者としては、

『独占体制』が崩れたことで、


 → 高速インターネットを安く使えたり、

 → 携帯電話料金が安くなったり、

 → 携帯電話での通信速度が速くなった♪


 という面で恩恵を受けてきました。


孫さんは、今度は!!


※PR. お金持ちへの道へ!!
 確実に!!到達しよう♪
  → 『賢明なる買いもの投資♪』

続きを読む

datou68 at 18:00|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年12月17日

ソフトバンク投資分析 ウォールストリートジャーナルがスプリントによるTモバイル買収を報道! 〜2014年のソフトバンクは、Tモバイル買収、アリババ新規上場が熱い!〜



今回も、『ソフトバンク投資分析』です♪


2013年12月13日、

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によると、



ソフトバンク傘下で、

米携帯電話3位の『スプリント』
が、

同4位の『TモバイルUS』の買収を準備している!!

 と報じました。


スプリントのTモバイル買収については、

当サイトでも、

ソフトバンク投資徹底分析』で、

スプリントの成功は、Tモバイル買収がカギとなる!!

 として、


徹底分析!!を行っておりますので、

どうかご参考にして下さい♪


さて、WSJによると、、

2014年前半にも買収を提案する可能性がある!!

 としてますが、

どうなるのか??楽しみですね♪


ソフトバンクは、

2013年7月にスプリントを買収を完了!!

孫正義社長は、

『Tモバイル買収』にかねてから、

意欲を示しており、実現すれば!!


ベライゾン・ワイヤレス、AT&Tの上位2社に並び、

米携帯市場は、『3強体制』となります♪



アメリカの携帯電話シェアをみてみましょう!!

ベライゾン    32%
AT&T      30%
スプリント    16%
T−Mobile   10%


 と、上位2社が圧倒的!!です。。泣


でも、スプリントがTモバイルを買収できれば、、


※PR. もう大切な資産を海外へ逃がしてますか?
  → 『外国通貨建て資産へ投資する!!ということ』

続きを読む

datou68 at 00:58|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年12月08日

ソフトバンク(9984)投資徹底分析 ソフトバンク投資まとめ 〜ソフトバンクには、株価3倍、時価総額1位になるポテンシャルがある♪〜 日本株の優良株



今回は!!

『ソフトバンク投資のまとめ』です♪


ソフトバンクは、とっても!!話題豊富な企業であり、

『たくさんのテーマ』が隠れております♪


おっさんも、分析してて、とっても面白かったです!!


・営業利益でドコモ超え
・スプリント買収
・スーパーセル買収
・ブライトスター買収
・アリババの上場
・Tモバイル買収作戦
・有力ヘッジファンドが巨額投資

 などなど。。


また、

ソフトバンク率いる!!孫さんは、

『M&Aの天才♪』であり、

『お金を調達する天才♪』であります、笑


孫さんは、これまでも、、


日本テレコム、ボーダフォン、ウィルコムといった、


「やばい企業を買収し、黒字化してきた!!」


 という実績があります♪


〜ソフトバンクによる買収事例〜

2004年 赤字体質であった『日本テレコム』を買収

 → 営業赤字1000億円が、、現在、営業利益900億円♪

2006年 赤字転落寸前の『ボーダフォン』

 → 営業利益4900億円♪

2010年 経営破綻した『ウィルコム』

 → 契約者数を377万人から、現在503万人




今後のソフトバンクの株価を占うテーマとしては、、

・アリババの上場

参考:『ソフトバンク保有のアリババ株が6兆円に♪

・Tモバイルの買収作戦の成功

参考:『スプリント成功は、Tモバイル買収がカギ♪


 がポイント!!になると思います♪


これらが成功すれば、、

ソフトバンクの株価は、

 → 『2〜3倍♪』となり、



トヨタを抜き!!


時価総額で、、

 → 『日本一!!の会社』となるでしょう♪



ソフトバンクには、株価が暴騰する!!

ポテンシャル
があり、

有力ヘッジファンドも、これに気づき、

ソフトバンクへ巨額投資を行っております。

 → 参考:『サードポイントがソフトバンクへ巨額投資!



そして、ソフトバンクの中期的な事業成功の可否としては、、

なんといっても!!



※PR. 金持ちへの戦略を徹底分析!
 「打倒!金持ち父さん」のメインコンテンツ♪
  → 『戦略的金持ちへの道♪』

続きを読む

datou68 at 00:30|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年12月02日

ソフトバンク(9984)投資徹底分析 サードポイントがソフトバンクへ巨額投資!〜アリババ上場、Tモバイル買収で、ソフトバンクの株価は『2〜3倍』に!!〜



今回も!!ソフトバンク徹底分析です♪


ソフトバンクの株価が好調です!!


2013年11月、

ソフトバンクの時価総額は、

 → 『10兆円』を超え!!


日本株の時価総額ランキングでは、

 → トヨタの22兆円に次ぐ『2位』となりました♪


それにしても!!

ソフトバンクは、話題の豊富な会社です♪


・営業利益でドコモ超え
・スプリント買収
・スーパーセル買収
・ブライトスター買収
・アリババの上場
・Tモバイル買収作戦

 などなど、ニュースが絶えませんね。。笑


そんな中、2013年11月、

米有力ヘッジファンドのサード・ポイントは、

ソフトバンクの株式を取得したことを明らかにしました。


同ファンドの関係者によれば、

投資額は、『10億ドル(1000億円)を超える』とのことです。

出資比率は、『約1%』ですね♪


ヘッジファンドである、サード・ポイントは、

ダニエル・ローブCEOが率いており、


ローブ氏は、

「投資先に経営改善を求める!!」

 → 『物言う株主(アクティビスト)』の代表格!!

 として知られております。


実際、2013年には、

『約7%』を出資しているソニー(6758)に対し、

 → 映画・音楽事業の分離上場を求めております。


今回のソフトバンクに対しては、


※PR. 個人投資家に新たな収益源誕生!
  → 『トラリピFX中長期投資法♪』

続きを読む

datou68 at 00:30|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年12月01日

ソフトバンク(9984)投資徹底分析 スプリントのTモバイル買収がカギとなる!! 〜アメリカの携帯電話市場は、3社独占体制に♪〜



今回も!!ソフトバンク徹底分析です♪


前回に引き続き、

「ソフトバンクのスプリント買収は成功するか??」

分析していきましょう♪

参考:『スプリント分析その1』、『スプリント再建計画♪


ソフトバンクが、2013年、

『約2兆円』をかけて買収したばかりの、

アメリカ3位の携帯電話会社スプリントですが、、

米通信業界では、早くも!!


『次の大型M&A』がささやかれております。。

なんと!!

スプリントが、

「TモバイルUSとの買収・合併容認を、

 連邦政府に打診している!!」


 との噂が浮上しているのです。


アメリカの携帯電話シェア

ベライゾン    32%
AT&T     30%
スプリント    16%
T−Mobile 10%


そもそも、ソフトバンクは、

スプリント買収に失敗したときのオプションとして、

Tモバイルの買収を検討していたこともあるのです。


そんな経緯もあり、

「2014年に、ソフトバンクが、

 TモバイルUSを買収するのではないか?」

業界では、こんな見方も広がっているのです。


Tモバイル買収に関しては、先日、

アメリカでの記者会見においても、

孫さんは、メディアに直撃!!されておりますが、


さすがの孫さんも、、

「その件についてはコメントしない」

 と押し黙っております。。笑


しかし、2013年9月、

ニューヨークで開かれた、

投資家向けイベントに登壇した、Tモバイル幹部は、

「スプリントとの経営統合について、

 問題は、それが起きるかどうかではない。

 いつ起きるかだ!」

 と言い放ったそうです。


さらに!!


※PR. クレジットカードで得をしよう!
  → 『クレジットカード利殖法♪』

続きを読む

datou68 at 00:30|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年11月30日

ソフトバンク(9984)投資徹底分析 ソフトバンクのスプリント再建戦略とは? 〜スプリントは、アメリカ1位の高速LTEネットワークを作り上げる!!〜



今回も!!ソフトバンク徹底分析です♪


前回に引き続き、

「ソフトバンクのスプリント買収は成功するか??」

分析していきましょう♪

参考:『スプリント分析その1



アメリカの携帯電話市場をみてみます。

シェア

ベライゾン    32%
AT&T     30%

スプリント    16%
T−Mobile 10%


アメリカの携帯市場は、上位2社の寡占市場

スプリントは、アメリカ第3位の携帯電話会社


契約数

Verizon 1億1000万
AT&T    1億500万

スプリント    5600万
T−Mobile 3300万

ソフトバンク+スプリント
         9600万


ドコモ      6100万
AU       3600万
ソフトバンク   3900万


ソフトバンクと合計すれば、、

アメリカ2強のベライゾン、

AT&Tに肩を並べる水準
となります。


売上高

チャイナモバイル 3.3兆円
ベライゾン    2.8兆円
ソフトバンク+スプリント
         2.5兆円

AT&T     2.5兆円
ボーダフォン   2.4兆円 
ドコモ      2.1兆円


売上高だと、、

ソフトバンク+スプリントは、

世界3位の売上高
を誇ります♪


このように、、

アメリカの携帯電話市場は、、

ベライゾン、AT&Tの『2強体制』です。。


スプリントの現状は、

かなり厳しい!!状況
なのにもかかわらず、、


孫さんは、どうして??

アメリカ市場に突撃した!!のでしょうか??


それは!!



※PR. 金持ちへの戦略を徹底分析!
 「打倒!金持ち父さん」のメインコンテンツ♪
  → 『戦略的金持ちへの道♪』

続きを読む

datou68 at 18:56|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年11月27日

ソフトバンク(9984)投資徹底分析 スプリント徹底分析!! 〜ソフトバンクのスプリント買収は成功するか?〜



今回も!!ソフトバンク徹底分析です♪


参考:『ヤフー分析』、『アリババ集団分析』、『スーパーセル買収』、『ブライトスター買収
 

ソフトバンクの中期的な未来がどうなるか??

いよいよ、『本題』へいきましょう♪


「ソフトバンクのスプリント買収は成功するか?」


 です!!



※ソフトバンクは、

『1兆6000億円』を投じて!!

アメリカ第3位の携帯キャリアである、

スプリント株式の『70%』を取得しております。


まずは、

直近のスプリントの決算をみてみましょう♪


2013年7〜9月期決算

売上高 86億8100万ドル(前年比1%減)

純利益 3億8300万ドル(380億円)の黒字転換

前年同期は、7億6700万ドルの赤字。。


 と、

なんとか!!

黒字計上したスプリントですが、、

上記の黒字決算は、

7月に完全子会社化した

クリアワイヤ株関連の評価益を計上しており、

赤字体質は改善しておりません。。


スプリントの現状は、厳しい!!の一言です。。


〜スプリント、唯一!携帯加入者が純減 LTE整備遅れ響く〜

2013年7〜9月期の純増数

ベライゾン・ワイヤレス +92万件
AT&T +36万件

スプリント −53万件の純減。。泣


このように、大手3社で唯一、加入者の減少が続いております。。泣


スプリントは、2013年6月末に

第2世代の携帯サービスを終了しており、

純減の背景には、

同サービス終了に伴う解約増加の影響もあるものの、

最大の要因は、LTEへの対応の遅れが大きいとされております。


スプリントは、これまで対応の遅れていた。。

高速通信サービス「LTE」のインフラ整備を急ぐため、

今後2年間で

 → 『1兆6000億円』もの!!

巨額投資を進める計画
ですが、

先行するライバルと、

互角に戦えるようになる!!

 には時間がかかりそうですね。。


〜スプリント、顧客満足度最下位。。〜


※PR. 最強の!投資環境をお持ちですか?
  → 『ネット証券の賢い活用法♪』

続きを読む

datou68 at 17:07|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年11月21日

ソフトバンク(9984)投資徹底分析 世界1位の携帯卸会社ブライトスター買収!スマホの王様と強力なシナジー♪〜ソフトバンク、スプリントに強い味方♪〜



今回も!!ソフトバンク徹底分析です♪


参考:『ヤフー分析』、『アリババ集団分析』、『スーパーセル買収
 

ソフトバンクは、

2013年10月、

世界1位の携帯卸売会社、

Brightstar(ブライトスター)社を買収しました♪


ブライトスターの『株式70%』へ、

『11億ドル(1100億円)』を投資し、

子会社化しました♪


ブライトスター社は、

携帯電話に特化した、世界最大!の卸売会社です。



携帯端末メーカーや、小売業者、

ソフトバンクモバイルなどのケータイキャリアなど、

移動通信分野の主要企業に対して、

多彩なサービスを提供しています。


その主な提供サービスは、

携帯端末の卸売、物流・在庫管理、

携帯端末に係る保険、買戻し、下取り、携帯端末ローン
などです。



ブライトスターが関係している会社は、非常に多く、

現在、50カ国以上に拠点を構え、

125カ国以上でサービスを提供しています。

100以上のベンダー、200以上のキャリア、

50000以上の小売店と携帯電話ビジネスを展開しています♪



スマートフォンの普及は、急拡大しており、

スマートフォン世界人口

2011年  9億人
2012年 14億人
2013年 20億人
2014年 26億人
2015年 31億人
2016年 37億人

 と、

なんと!!今後、数年間で、

『数十億台もの!!』スマホ需要が見込まれます♪



ソフトバンクは、米スプリントと、

『世界第3位』のケータイキャリアとして、


今後、世界の巨人である、

ベライゾン、AT&Tなどと、

熾烈な!!競争をしていくわけですが、


そこで!!


※PR. もう大切な資産を海外へ逃がしてますか?
  → 『外国通貨建て資産へ投資する!!ということ』

続きを読む

datou68 at 00:34|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール
おっさん

公式運営サイト♪
『打倒!金持ち父さん』

金持ちになってから『世の中金じゃない』と、言ってやろう!
中国株・日本株・米国株・FX
などを中心に、
戦略的に金持ちになる為
のサイトです♪
運用利益1000万円突破!!

おっさん


『初めて!!ご訪問の方へ♪』

『注目!おっさんの運用成績』
スポンサード リンク
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: