2016年06月19日

『CFD投資』を徹底分析♪『米国株投資』で『レバレッジ』をかける『賢い方法』とは?『くりっく株365』との比較と『海外ETF』という選択肢♪



〜『CFD投資』を徹底分析♪『米国株投資』で『レバレッジ』をかける賢い方法♪〜





○ご質問



『CFD』での『米国株長期投資』について



はじめまして。

大阪府在住のカーネルと言います。

(40代、投資歴15年程度)



おっさん様のホームページブログは、


3年ほど読ませて頂いており、

主張等は全て納得し、同意見です。



そこで、私が思うのは、


『米国株』長期投資&『配当』再投資であれば、


『現物株』よりも、


『CFD』の『米国500(S&P500相当)』のほうが、


『レバレッジ(10倍)』が効く分、

有利なのではないか?と思いました。



もちろん、

『急落』時対応出来ないような『資金管理』では問題ですが



『CFD』ならぱ、


『配当』による再投資もサイクルが早く、

より早く資産が増えていくように思います。




『現在の金利』ならば、

『金利調整額』も微々たるもので、

上記メリットで十分補えると思います。



おっさん様は、


『CFD』での投資に対し、どのようにお考えでしょうか?


ご意見伺えれば幸いです。


(投資は自己責任であることは十分認識しております。)




また、今年6月より、


『ダウ30種』が『くりっく株365』に上場される!!ので、


こちらも長期投資に有利なのかな?と思っています。



優位点:『金利』がCFD(年間0.5%程度)の『1/3』程度になる見込み、


レバレッジが高く(30倍見込み)

配当再投資サイクルが更に早くなる



配当権利落ち等は、


『現物』と同じで、

こちらは『株価指数』そのものを原資産としている為、

よりETFに近い投資になると思います。

(CFDは原資産が先物)




『ダウ30種』の為、

『S&P500』等よりリスクは高いと思いますが


「アメリカ株」の成長に掛ける意味で

ポートフォリオの『20%』くらいは組み入れられるのでは?


 と考えています。


(S&P500は、指数権利の問題で、

くりっく株365上場は今後も予定なし)




    Quetion by カーネルさん


※PR. 『経済的自由』を必ず!!手に入れよう♪
   『金持ちへの鉄則』を徹底分析♪
   資産運用で確実な『7つの真実』とは?

※PR. 『アマゾン定期おトク便』を活用して!!
   『生活費』を『月1万円』節約しよう♪


にほんブログ村 株ブログへ
よろしければ♪当ブログをクリックで応援して下さい!





○ご回答


カーネルさん

金持ちへの相談所』へ『素晴らしいご相談』を下さり、ありがとうございます♪



>おっさん様のホームページ、ブログは、

3年ほど読ませて頂いており、

主張等は全て納得し、同意見です。



ありがとうございます!!

カーネルさん、とても光栄です♪



今後も、長期的に!!

 → 少しでも価値ある情報を公開できれば!!


 と思います♪



>『米国株』長期投資&『配当』再投資であれば、


『CFD』の『米国500(S&P500相当)』のほうが、

『レバレッジ』が効く分、有利でないかと思いました。


『CFD』での投資に対し、どのようにお考えでしょうか?




・『CFD』とは、、、

『差金決済取引』
のことで、


『株式投資』の『FX』のような存在ですね♪



『投資のカテゴリ』においては、

 → 
『先物取引』の『カテゴリ』に入ります♪



なので、


『投資税制』として、


『CFDの税金』は、、

 → 
『利益の20.315%』となります。



同じ、『投資カテゴリ』に入る、


『FX』との『損益通算』はできます♪が、


『株式投資』とは『損益通算』はできません。。泣


金持ちのための税金節税特集♪




さて、『CFD』に関してですが、


米国株投資』においても、

 → 
『レバレッジ』をかけられます!!ので♪



カーネルさんがおっしゃる通り♪


『リスク』は高まりますが、、

より効率的に『資産』を増やす!!
ことが可能です♪



なので、、

おっさんも数年前から興味はあった!!のですが、、


『CFD』を取り扱っている『取引会社』さんをみる!!と、、



大変失礼な話ですが、、


『信頼性』として大丈夫なのか??

少し不安な会社さんが多かった印象もありました。。汗



『CFD投資』の場合、


FX投資』と同様で、

『取引会社との相対取引』となりますので、



万が一、、


『取引会社』が破綻した!!場合、、、


『投資家の資産』はしっかりと『保護』されるのか??

 という
大切なポイントがあります。。汗



なので、、


現在は!!


『信頼性』がありそうな取引会社が増えてきておりますので♪

 → 大丈夫だ♪


 とは思いますが、、汗



より『安全性』を考えれば、、、



『CFD投資』よりも、、


カーネルさんにご紹介頂きました♪

『くりっく株365』で投資した方がいいかもしれませんね♪




『くりっく株365』の方が、、

 → 
『信頼性』が高い!!と思います♪




しかしながら、、、

カーネルさんもご指摘の通り、、


『くりっく株365』で取引できる!!のは、、、


『NYダウ』の為、

『S&P500』と比較すると、、、




『NYダウの構成銘柄』は、、、

 → 
『30銘柄』ですので、、、


『投資対象』としてあまり『分散』されていない。。。


 という『デメリット』があります。。泣




やはり、、、

『海外ETF』の『SPY』のように♪


よく『分散』されている『投資先』へ!!

 → 
『低コスト』で『投資』する!!ことが最高だと思います♪


SPY株投資分析♪アメリカの超優良企業へ分散投資!!

海外ETFの賢い投資法♪



なので、、おっさん、個人的には、、、


『CFD』も、、

『くりっく株365』も、、、


『投資の選択肢』として、

 →
 『良い選択肢』のひとつだ!!

 とは思いますが、、、



少し『残念な部分』も残されております。。泣



もちろん、、


『レバレッジ』をかけられる!!

 という
『メリット』はとても大きい!!ですが、、



・『CFD投資の税制』において、


『米国株投資』との『損益通算』ができないことは、、

 → 
『デメリット』の一つだと思います。。泣




『本来』であれば、、、


『米国株投資』において、、

 → 
『信用取引』が可能であれば、最高なのですが、、泣




『米国株の信用取引』ができれば、、、



『米国株の現物株』を『担保』にできますから、、

 → 『新たな証拠金』も必要ない!!ですし、、



『同一証券口座内』で『資金管理』ができますので、

 →
 『レバレッジコントロール』が容易にできます♪



もし、将来的に!!


『米国株の信用取引』ができるようになれば♪


おっさんは、すぐにでも始める!!と思います♪



いつ『実現』できるのか??

『予測』もつきませんが、、、泣



(マネックスさん、、『米国株の信用取引』、、

 どうにかなりませんでしょうか〜〜??笑)


米国株へ投資するならマネックス証券が最強である!7つの理由とは?



さて!!

『その他の方法』として、、、


おっさんが『米国株暴落時』に投資してみよう!!

 と考えている選択肢は、、、、



『海外ETF』の『SPXL』です♪



『SPXL』とは、、、


『Direxion社』が運用する!!『海外ETF』である

『DirexionデイリーS&P500ブル3倍ETF』のことで、



簡単にいえば、、、


『S&P500』に対して、、、

 → 
『レバレッジ3倍』で投資できる『海外ETF』です♪




『日本株』において大人気となった!!

 → 『日経レバレッジETF1570』の『米国株版』ですね♪



『SPXL』の『投資コスト』は、、、

 → 
『0.95%/年』と、、、



『SPY』の『0.0945%』と比較すると、、

 → 高い!!ですが、、、



『レバレッジ3倍』をかけられて♪

 →
 『投資コスト1%以下』と考えれば、

 → 『安い』もの!!かもしれませんね♪



SPY株投資分析♪アメリカの超優良企業へ分散投資!!

海外ETFの賢い投資法♪





おっさんも、、

実際に!!


『米国株の信用取引』ができるようになった!!としても、、、


『レバレッジコントロール』として♪



『長期投資』としては、、

 →
 『レバレッジ3倍』以上はかけない!!

 と思いますから♪



『SPXL』の『S&P500ブル3倍ETF』はちょうどいいです♪


『SPXL』の『構成上位銘柄』をみると、、、



アップル 3.4%
アルファベット 2.5%
マイクロソフト 2.4%
エクソンモービル 1.9%
ジョンソン&ジョンソン 1.7%
GE 1.7%
バークシャー 1.5%
フェイスブック 1.5%
AT&T 1.3%
アマゾン 1.3%




いかがでしょうか??



『優良資産』として『長期投資』する!!

『価値』がある企業ばかりだ!!と思います♪




おっさんも、、


『米国株』が暴落して!!

 → 『割安』になったタイミングで♪


『SPXL』への投資を検討したい!!と思います♪




最後に、、


おっさんも!!


ハイパーインフレ対策』として、


『海外優良資産』である『米国株』へ!!

『レバレッジ』をかけて投資する!!

 という投資戦略は、正しいと思います♪




米国株投資で1億円を目指そう!!

すべての日本人が米国株投資すべき理由とは?




しかしながら、、


いざ!!

『ハイパーインフレ』が勃発した時に、、


『日本国債』が暴落して、、

 → 『市中金利』が急上昇した!!
際には、、



『信用取引』や『CFD投資』における『レバレッジコスト』も、、、

 → 『急上昇』してしまう!!

 可能性があると思います。。汗



どのくらいなのか??については、、

その時になってみないとわかりません、、、大汗





なので、、


『レバレッジ』をかけるにしても、、、

 → 
『2倍〜3倍』ぐらいにする!!など。。


『ほどほど』がいいかもしれませんね♪




もちろん、、

『超円安』になりますので、、


『トータル』では、、、

 → 『プラス』になる可能性が高い!!

 と考えております♪


『日本円』は本当に『安全資産』と呼べるのか?徹底分析♪



しかしながら、、

『CFD』の場合は、、


日本が『ハイパーインフレ』になって、、

 → 『経済危機』となった時でも、、、



『取引会社』が、、、


しっかりと『投資家の資産』を守れるのか??

 という『視点』が大切かもしれませんね。。。汗
 



銀行預金は本当に『安全』なのか?銀行に安心して『お金』を預けられる時代は終わった!

『銀行倒産』の危機、『銀行預金』が危険すぎる!!理由。。

ペイオフ徹底分析♪『銀行預金』が危険すぎる!!理由

 にて徹底分析しております通り、、、



おっさんは、、、

日本が『ハイパーインフレ』になれば、、

『メガバンク』すら危ない!!

 と考えております。。汗




以上のように考えております♪


カーネルさん、



おっさんは、

実際に『CFD投資』をまだやったことがない!!ので、、、泣


あまり自信をもって、、

ご参考になる情報を申し上げられませんでした。。。


すみませんでした。。m(_ _)m




いかがでしたでしょうか??



カーネルさん!!

皆さんの参考になる!!

ご相談を頂きありがとうございました♪



『資産』を守り、増やしていくために!!!

どうかご一緒に頑張っていきましょう♪




今後とも、ご相談をお待ちしております!!


金持ちへの鉄則♪』&『金持ちへの道』をフル活用して!!

 → 『経済的自由』を手に入れましょう♪



    Answered by おっさん




スポンサード リンク


※クレジットカードを戦略的に活用してますか??
 → 『クレジットカード利殖法

※確実に!!金持ちへの道へ到達しよう♪
 → 『賢明なる買いもの投資

※日本発!!の金融危機が起きる前に!!

 → 今こそ!!個人金融資産の『インフレ対策♪』が必要不可欠ですっ!!

 →『日本人のための『インフレ対策』徹底!!特集

 →『外国通貨建て資産へ投資する!!ということ。



おっさんは、

「打倒!金持ち父さん」を通じて、、

微力ながら、、早、10年にわたって!!


力の限り全力で!! 情報発信してまいりました♪



『日本人総投資家プロジェクト』は、その集大成です!!

どうか、

お読み頂き♪

そして、投資を通じでご参加頂き♪

さらに!!

・ご友人
・ご家族

 といった、身近な人へご紹介頂き♪

行動にうつしていこうではありませんか!!


We can change our Japan!!

日本の繁栄をもう一度!!


にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


datou68 at 10:28│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote 金持ちへの相談所 | 米国株

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
おっさん

公式運営サイト♪
『打倒!金持ち父さん』

金持ちになってから『世の中金じゃない』と、言ってやろう!
中国株・日本株・米国株・FX
などを中心に、
戦略的に金持ちになる為
のサイトです♪
運用利益1000万円突破!!

おっさん


『初めて!!ご訪問の方へ♪』

『注目!おっさんの運用成績』
スポンサード リンク
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: