2015年05月19日

『金融資産』の『100%』を『海外資産』にする!!ことは、ハイパーインフレ対策として有効か?『円建て資産』が危険すぎる!理由♪金持ちへの相談所



〜すべての資産を『海外資産』にする!!ことは、最強のハイパーインフレ対策♪〜




○ご質問


いつも、「打倒!金持ち父さん」を見て勉強させてもらっています。

分かりやすく説明して下さりありがとうございます。

投資について分からない部分を教えて下さると嬉しいです。


打倒!金持ち父さん」を見て投資を始め、

このようなポートフォリオになっています。

まだまだ分からないことがあり、質問させて貰っても良いでしょうか?

ハイパーインフレ対策』になりますでしょうか??



◯私のポートフォリオ

・アメリカ株 『60%』

・先進国株 『10%』



今後、

『日本円』から、

・『外貨預金』へ投資する!!予定です。『30%』



 Quetion by Pure Sophyさん


※PR. 『ハイパーインフレ対策』として!!
   すべての日本人が『米国株』へ投資すべき!!理由♪
   米国株投資で『資産を10倍』計画♪





○ご回答


Pure Sophyさん、

金持ちへの相談所』へ『素晴らしいご相談』を下さり、ありがとうございます♪



まず、Pure Sophyさんは、


運用資産を『円建て』ではなく、

 → 『外国通貨建て資産』へ!!
投資されており、



今後の『ハイパーインフレ』を考える!!と、

 → アグレッシブで!!

 → 『最高の資産配分』だ!!と思います♪



ハイパーインフレ対策としてすべての日本人が米国株へ投資すべき理由♪

米国株投資で金融資産1億円を目指そう!!

 にて取り上げておりますように、


おっさんも!!

Pure Sophyさんのように、

『ハイパーインフレ対策』として、

 → 『米国株』へ投資すべきである!!


 と考え、実行しております♪



さて!!

人によっては、、


金融資産のほぼ100%を!!

『外国通貨建て資産』にする!!ことは、、


 → 『リスク』が高すぎる!!


 と言う人の方が多い!!と思いますが、、泣



おっさんは、


『金融資産』の100%を!!

『外国資産』にしてもいい!!と思います♪





それでは!!

『金融資産』の100%を!!

『外国通貨建て資産』にする!!ことで、、



『資産』が大きく減少してしまう場合とは、どんな場合なのか??

 考えてみましょう♪



今後、長期的に、、


日本経済が、

中国経済のように『高成長』を長く続けて!!

 → 『GDP』が世界一になる!!


 ようなことが起きれば、、


確かに!!


『超円高』が進む!!ことになりますから、


『金融資産』の100%を!!

『外国通貨建て資産』にする!!ことで、、

 → 『資産価値』は減ってしまうでしょう。。泣


しかし、、残念ながら、、


今後、長期的に、、


・日本経済が世界一になる!!

 ことは、考えにくい!!です。。泣




・少子高齢化の進行

・『労働人口』の減少

・資源のない国、日本

『毎年1兆円』増加する!!

 → 社会保障費


 などなど。。



冷静に判断しても!!


将来的な日本経済には、、

 → 
『マイナス要因』が多すぎます。。泣



さらに!!


日本の国家破産を徹底分析♪日本の財政問題は、もう手遅れ!

日本政府は、ハイパーインフレを選択する!PB黒字化は100%無理。

 にて取り上げました通り、、



日本の場合は、、

『国の財政問題』が深刻すぎます。。泣


『正確な時期』は、予想困難ですが、、


日銀金融緩和に出口戦略は存在しない!日本の財政破綻はいつ起こる?

日銀の金融緩和終了が『ハイパーインフレ』の始まりになる理由

 にて、徹底分析した通り、、


近い将来、、


『日本国債暴落』をきっかけにして、、

 → 
『金利』が急上昇。。



日本政府は、、

『過去の借金の利払い』すら!!できなくなり、、


日本政府の『財政破綻危機』が勃発します。。泣



お金が無くなった。。日本政府は、、


『日本国債』を『日銀』に買いまくってもらう!!

『日銀券(日本円)』を『日銀』に刷りまくってもらう!!

 ことで、、


『お金の価値(日本円)』の価値は、

 → 相対的に低くなりますから、、泣




『日銀券(日本円)』の価値は、大暴落して!!

 → ハイパーインフレへ突入していく!!
でしょう。。泣


さて!!

日本がハイパーインフレになれば、、


・『日本の物価』は、、

 → 『10倍』を超えて!!



・『1米ドル=1000円』を超える!!

 → 『超円安』がやってくる!!
でしょう。。泣



その時に、、

『日本円建て資産』しか!!持っていなければ、、

 → 資産価値は『10分の1』になってしまうのです。。泣



一方で!!

ハイパーインフレが勃発するまでに!!

 → 『海外資産』を持っていれば♪


・『1米ドル=1000円』を超える!!

 → 『超円安』になっていますので、

 → 『資産』を守る!!ことができるのです♪



いかがでしょうか?



おっさんは、

以上のように考えておりますので、


・アメリカ株 60%

・先進国株10%

・『外貨預金』30%

 という、、


『海外資産100%』という


Pure Sophyさんのポートフォリオは、


『資産』を守り!!増やす!!には、

 → 積極的で!!

 → 素晴らしい!!資産配分だと思います♪



おっさんとしましては、、


・『最低限の生活費』以外は、、


そもそも!!

将来的に『価値が暴落する』可能性が高い!!

 → 『日本円建て資産』を保有する必要性がない!!

 と考えております。。


もちろん、、

『資産運用の専門家』に相談する!!と、、


・日本 『50%』

・海外 『50%』にした方がいい!!


 という答えが一般的かと思いますが、、


彼らとしては、、


・日本のハイパーインフレは、

 → 『想定外』
であり、、


日本の『ハイパーインフレリスク』なんて、、

 → 考えていない!!


 と思います。。泣



また、

ハイパーインフレ時代の保険加入戦略♪保険では『人生の安心』をカバーできない!

 にて徹底分析した通り、


『日本人の資産』の『2割』を占める!!

 → 『生命保険』
ですが、、



『生命保険』も、、

 → ハイパーインフレを『想定外』としています。。泣


日本でハイパーインフレが勃発すれば、、

 → 『生命保険』では、『人生の安心』をカバーできない!!のです。。大泣


このように、、


『金融のプロ』と言われている方々でも、、


ハイパーインフレリスクを『顧客』へ教えてくれる方は、

 → 『少数派』だ!!
と思います。。泣



おっさんとしましては、、


富裕層を中心にインフレ対策として、海外投資が加速している!!理由♪

 にて取り上げました通り、


今後は、

Pure Sophyさんのように、

 → 『海外資産』へ分散投資する!!


 方が増えていく!!と思いますし、



日本人が『海外資産』へ逃避していく!!ことで、、

 → どんどん!!『円安』が進んでいく!!


 と思っております♪


なので!!


『日本円の価値』があるうちに!!

『ハイパーインフレ』が来る前に!!


 → 『海外資産』へ分散投資していきましょう♪



Pure Sophyさん!!

今回は、皆さんの参考になる!!

ご相談を頂きありがとうございました♪


今後とも、ご相談をお待ちしております!!


  Answered by おっさん




スポンサード リンク


※クレジットカードを戦略的に活用してますか??
 → 『クレジットカード利殖法

※確実に!!金持ちへの道へ到達しよう♪
 → 『賢明なる買いもの投資

※日本発!!の金融危機が起きる前に!!

 → 今こそ!!個人金融資産の『インフレ対策♪』が必要不可欠ですっ!!

 →『日本人のための『インフレ対策』徹底!!特集

 →『外国通貨建て資産へ投資する!!ということ。



おっさんは、

「打倒!金持ち父さん」を通じて、、

微力ながら、、早、10年にわたって!!


力の限り全力で!! 情報発信してまいりました♪



『日本人総投資家プロジェクト』は、その集大成です!!

どうか、

お読み頂き♪

そして、投資を通じでご参加頂き♪

さらに!!

・ご友人
・ご家族

 といった、身近な人へご紹介頂き♪

行動にうつしていこうではありませんか!!


We can change our Japan!!

日本の繁栄をもう一度!!



datou68 at 12:47│ このエントリーをはてなブックマークに追加 金持ちへの相談所 | インフレ対策特集♪
プロフィール
おっさん

公式運営サイト♪
『打倒!金持ち父さん』

金持ちになってから『世の中金じゃない』と、言ってやろう!
中国株・日本株・米国株・FX
などを中心に、
戦略的に金持ちになる為
のサイトです♪
運用利益1000万円突破!!

おっさん


『初めて!!ご訪問の方へ♪』

『注目!おっさんの運用成績』
スポンサード リンク
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: