2014年04月01日

ハイパーインフレ徹底分析♪日本でいつ?『ハイパーインフレ』が発生するか?徹底分析!!〜日本国債暴落がハイパーインフレの始まりになる!!〜



〜日本で『ハイパーインフレ』が発生する時期を徹底分析!!日本国債暴落に注目!!〜



当サイト、「打倒!金持ち父さん」では、


下記の通り、

日本では『近い将来』

 → 『ハイパーインフレ』になりそうだ!!


 と、

『ハイパーインフレ関連』の記事を特集してきました♪


日本がハイパーインフレ突入へ!!

日本で本当にハイパーインフレは発生するのか?

『経常赤字国』へ転落。。

『日本国債暴落』。。
日本発の『金融危機』の勃発。。
日本の『財政破綻』が現実化

固定金利ローンはお宝ローンになる♪固定金利ローンで資産倍増計画!!


今回は!!さらに一歩踏み込んで!!


「日本で、ハイパーインフレがいつ発生するのか??」

 徹底分析していきましょう♪


ハイパーインフレ突入!!の『時期』について、

これを正確に予想する!!

 ことは、なかなか難しい!!です。。


おっさん、個人的には、

・2014年〜2020年に発生する!!可能性も、

 → 『20%〜30%』ぐらいある!!

 と思いますし、、


・2020年〜2030年だと、、

 → 『50%』ぐらいはある!!

 と思います。。


日本の国家財政』をみれば、、


おそらく、、

『10年以上』持ちこたえる!!

 ことは、なかなか難しい!!
と思います。。泣
 

さて!!

「日本で、ハイパーインフレがいつ発生するのか??」

 についてですが、


確実に言える!!のは、、


その『時期』は、

「日本が、借金をまともに返せなそうだ!!」

 と、『市場』が完全に認めた!!時です。


つまり、『日本国債』を買っても、、

 → お金がまともに返済されないぞ〜〜!!

 となった時です。


そして、『市場のアクション』としては、


・『日本国債の暴落』から始まります。。泣


なので、

・国際的なマーケットの中での『多数決』

 による!!ものなので、、


正確に『予想する!!』ことが困難なのです。。泣


なぜならば、、

『日本の国家財政』は、

 → 既にヤバい!!
のですが、、


現在は、

・『日銀』が日本国債を大量に購入!!しております。


言い換えれば、、

『日本国債』が暴落しないように、、


日銀が日本国債を

 → 『買い支え』している!!のです。


『日銀の金融緩和政策』は、

 → 『日本の財政破綻』を『延命治療』している!!

 といえるでしょう。



さて!!

『ハイパーインフレに突入する!!』

きっかけは、

・『日本国債の暴落』から始まりますが、

※PR. 金持ちへの戦略を徹底分析!
 「打倒!金持ち父さん」のメインコンテンツ♪
  → 『戦略的金持ちへの道♪』




『日本国債』が暴落する!!と、、


人気がなくなった分、

日本国債の『金利』を上げないと、


誰も購入しません!!から、、

 → 『日本国債金利』は急上昇!!します。


つまり、

『日本国債の暴落 = 日本国債金利上昇』となります。


言い換えれば、、


『日本政府』は、まともに、

 → お金を返せなくなった!!

 と判断されたわけですから、


『信用力』が低下し、


『日本国債』は、


「『金利』が高くないと誰も買ってくれません!!」


 から、

 → 『日本国債』の金利は、急上昇する!!

 ということなのです。


さて!!

2014年3月現在、

『10年国債』の金利は、

 → 『0.6%』ぐらいと、



『日銀』が大量に!!

国債を購入している!!こともあり、

 → 『超低金利』に人為的に抑えられております。。


しかし、、

・『日本の財政破綻リスク』が高まれば、、


『日本国債』の金利は、

 → 『10%』を超えてくる!!

 ともいます。。


その『根拠』としては、


2010年に発生した!!

 → 『欧州金融危機』の時には、


財政不安の高い『スペイン国債』、『イタリア国債』は、、

 → 暴落し!!


『10年国債金利』は、

 → 『7%を超える!!水準』まで上昇
しました。。



一方で、『日本』の場合は、


『日本の借金』は、『GDP比』でみて、

 → 世界一!!借金が多いのです。。泣



2013年時点のデータでは、

債務残高の国際比較(対GDP比)

日本   224%
ギリシャ 175%
イタリア 129%
アメリカ 113%
イギリス 110%
フランス 108%
ドイツ   86%


日本は、

 → 『GDPの2倍以上』の借金があり、、

 → イタリアよりも借金が多い!!のです。。泣


なので、日本の場合は、

 → 『7%を超えてくる!!』でしょう。。


よって、日本で、

・『日本政府の財政不安』が大きくなり、

 → 『日本国債の暴落』が始まる!!と。。


『10年国債』の金利は、

 → 『10%』を超えてくる!!

 と思います。。泣


何度も申し上げるように、、

日本で、『ハイパーインフレ』が勃発する!!

最初のきっかけは、


 → 『日本国債』の暴落!!

 → 『国債金利』の急上昇!!

 から始まります。


さて!!

『日本国債』の10年物利回りが、、

 → 『10%』になったらどうなるでしょうか??


『結論』から言うと、、

 → 日本政府は『財政破綻危機』となります。泣


まずは!!

『日本の借金』を分析していきましょう♪


日本国債の『利払い費』 『平均金利』

2000年 10.0兆円 2.7%
2001年  9.4兆円 2.3%
2002年  8.6兆円 2.0%
2003年  7.8兆円 1.7%
2004年  7.3兆円 1.5%
2005年  7.0兆円 1.4%
2006年  7.0兆円 1.4%
2007年  7.4兆円 1.4%
2008年  7.6兆円 1.4%
2009年  7.7兆円 1.4%
2010年  7.9兆円 1.3%
2011年  8.1兆円 1.2%
2012年  8.0兆円 1.2%
2013年  8.6兆円 1.2%
2014年 10.1兆円 1.19%


『日本国債残高 = 約1000兆円』


『利払い費』とは、

『日本の借金』の元本にかかる『金利』です。


2014年をみると、、


日本政府は、

『借金の金利分』だけ!!で、

 → 『年間10兆円』も支払っているのです。。



『借金の元本』を返済しているのではなく、、

 → 借金にかかる『金利分』だけで!!『10兆円』です。。泣


2014年の『日本の税収』は、

 → 『50兆円』
でしたが、


『税収』の『5分の1』は、

『借金の金利分』だけ!!で、

 → なくなっているのです。。泣


これは、衝撃的な事実ですよね??


また、上記における『平均金利』とは、

 → 日本国債にかかる『金利』の平均です。


2014年現在、

『日本国債』の平均金利は、

 → 『1.19%』
と非常に低金利です♪

『日銀の金融緩和』により、

 → 『国の借金の利払い費』を抑えているのです♪


さて!!

『日本国債』の平均金利は、

2000年以降、

 → 『超低金利』が続いてきた結果、



『国の借金』が増え続けている!!

 にもかかわらず!!

『国の借金利払い費』は、

 → あまり増加しませんでした♪


しかし、、今後、


『日本国債の金利』が、

上昇してきたらどうなるでしょうか??



ただでさえ!!

『日本国債』の残高は、

・『年間約40兆円』ずつ増加している!!
のです。。


『日本の借金』は、毎年、毎年、

 → 『約40兆円』増え続けている!!のです。。


・『借金』の元本が増え続けている。。

 というベースの中、

・『金利』が上昇!!

 したらどうなるでしょうか??

 → 『日本政府』は、借金を返せなくなる!!のです。。泣


たとえば、、

『3年後』の予想をしてみましょう。


『3年後』には、

『日本の借金』は、

 → 『約1100兆円』になっていることでしょう。



その時に、

『国債の平均金利』が

 → 『3%』まで!!


上昇していたらどうなるでしょうか??


『国債の利払い費』

 = 1100兆円 × 3% = 『33兆円』



『50兆円』しか収入がないのに、、

『借金の金利分』だけで!!

『33兆円』も!!
取られていたら、、生活できないですよね??


『日本政府』は、さらに!!

 → 『借金』に頼らなくてはならなくなるのです。。泣



ちなみに、、

『3年後』に『10年国債金利』が『3%』になる!!

 という前提は、

 → とっても現実的な数字です。


『日銀』は、

 → 『2%のインフレ』をターゲットにしております。


なので、

本当に『2%のインフレ』が起きた!!のであれば、、


『日本国債金利』は、

 → 少なくとも『2%以上』になる!!
のです。


『日本国債の表面金利』

 = 『実質的な国債金利』 + 『インフレ率』


 という数式があります。


インフレ率が『2%』なら、、少なくとも!!


『日本国債の表面金利』は、『2%以上』ないと、、


日本国債を買っても、

 → 『実質的』に金利が『0%』!!になってしまうのです。。泣


『実質的』に金利がつかないと、

 → 誰も国債なんて買わない!!ですよね??



『話』が複雑ですが、、言い換えますと、、


『2%のインフレ』が起きている世の中では、

 → お金の価値が、『年間2%』下がりますから、


『金利』が『2%以下』だと、、

 → 国債を買っても、『実質的』に損してしまう。。

 ということなのです。。


なので、数式をいじると、、

『実質的な国債金利』 = 『日本国債の表面金利』 − 『2%のインフレ率』

 ということになりますから、


『日本国債』の表面金利は、

 → 少なくとも!!『3%以上』ないと誰も買わないよ。。


 ということなのです。。


つまり、

『日本国債の金利』が『3%』でも!!

 → インフレ率が『2%』だと、、

 → お金の価値が、『年間2%』低下するので、


 → 『実質的な国債金利』は『1%』である!!

 ということです。


『お話』を戻しますと、、

・日銀の『インフレターゲット2%』が達成したら、、


『日本国債の金利』は、

 → 『3%〜5%』になってもおかしくない!!

 ということです。


さらに、、もう一つ『大切なこと』があります。。


・『インフレターゲット2%』が達成されたら、、

 → 『日銀の金融緩和』は、目標に達した!!

 ことになります。。


そうなると、、

現在、『アメリカFRBが金融緩和を縮小している!!

 ように、、


日銀も!!

 → 『金融緩和』を縮小しなくてはなりません!!


・日銀が『金融緩和』を縮小し始めたらどうなるでしょうか??


 → 日銀が日本国債を買わなくなったら、、

 → いったい、誰が??日本国債を買ってくれるでしょうか??


さらに!!その時に、、

・日本が『経常赤字国』に転落していたら。。

 → 日本国内で日本国債を買う『原資』はもうない!!のです。。


海外の投資家も、、シビア!!ですから、、

これだけ!!『財政状況の悪化した国』の国債なんて、、


 → 買ってくれるはずがありません!!


『日本国債』を誰も買ってくれない!!


 となると、、

 → 『日本国債』の金利は、上昇する!!

 ことになるのです。。泣


お話をまとめると、、


・日銀の『インフレターゲット2%』が達成したら、、

・『日銀の金融緩和』が終了して、、

 → 『日本国債』は誰も買ってくれる人がいなくなる。。

 → 『日本国債の金利』は、さらに上昇する!!


 ということですから、


『日本国債の金利』は、

 → 『5%』になってもおかしくない!!

 ということになります。


『日本国債の金利』が、

 → 『5%』になったらどうなるでしょうか??


・日本国債残高 1100兆円

・日本国債平均利回り  5%

 だと、、


『日本政府の年間利払い費』

 = 1100兆円 × 5% = 『55兆円』



なんと!!

国の税収の『50兆円』では、、

 → 借金の利払いの『55兆円』を返せない!!のです。。泣


こうなると、、

『日本の財政破綻』が確定する!!

 ことになるのです。。泣
 

しかし、実際には、

『日本国債平均利回り』が上昇する!!には、

 → タイムラグがあります♪


2014年時点での

『日本国債の平均残存期間』をみてみると、、


1年以下 『17%』

1年超〜10年以下 『58%』

10年超〜20年以下 『15%』

20年超 『6.7%』


このように、、

『平均残存期間』 → 『7年3カ月』ですから、、


『平均利率1.19%』が、

 → 『5%』に向けて!!


 上昇していくには、タイムラグがあるのです♪


なので、一気に!!

 → 財政破綻になる!!ことはありませんが、、


・日本の借金残高 『1000兆円』をみると、、

・日本国債平均利回りが、

 → 『5%』まで上昇すると!!



日本は『財政破綻』してしまう!!

 ということがわかるのです。。泣


しかし、、

・『日本国債』が暴落して!!

 → 10年国債金利が『5%』まで上昇しても、、



・日本の『財政破綻』には、


 → あと『7年間』が残されているか??

 というと、、


残念ながら、


マーケットは、

 → ゆっくり見守ってくれません!!


いざ!!

マーケットで、

『日本の財政破綻』が意識されたら、、

『10年国債金利』は、、

『5%程度』では、すまされず、、



日本国債は、

 → 『空売り』を浴びせられ!!


『日本国債』はさらに!!暴落し、、


『10年国債金利』は、、

 → 『7%』

 → 『8%』

 → 『10%』

 → 『10%以上』


 に暴落する!!でしょう。。泣


そして、結果的に、、

『日本国債の平均利率』は、

 → 『7年間』もたずに、、

 → 『5%』を超えてくる!!
のです。。


この『時』こそ!!


日本が『ハイパーインフレ』に突入する!!

 → 『入口』になる!!のです。。泣



なので、、

「日本がいつ?ハイパーインフレになるのか??」

 についての『答え』は、、


マーケットが、

『日本の財政破綻危機』を強く認識し、

 → 『日本国債が暴落』した時である!!

 ということになります。。


そして、その『きっかけ』としては、


・『インフレターゲット2%』が達成されて!!

・『日銀の金融緩和政策』が終了。。

 となった時、、


・『日本の財政のファンダメンタルがさらに悪化した時』

・『日本の経常赤字が定着した時』

 だと思います。。


その反面、

・現在の『日銀の金融緩和政策』

・『消費税増税』


 は、『時間稼ぎ』に過ぎない!!のです。


・日本のハイパーインフレ突入!!

 という『流れ』を食い止める!!

 には、


日本でハイパーインフレに突入する可能性は?

 において取り上げましたが、


・『消費税30%』への引き上げ

・医療費自己負担『50%』へ引き上げ

・年金受給開始年齢の『70歳』への引き上げ



これらの『痛みを伴う改革』を、

今すぐに!!一気に!!やらない限り、


 → 無理だ!!と思います。。泣


しかしながら、

これらの『大きな痛みを伴う改革』を、

 → 『日本の政治』が行うことは不可能だ!!と思います。


『政治家』だって、

 → 誰もが『悪者』になりたくない!!


 のです。



以上、長くなりましたが、、まとめます♪


・日本が『ハイパーインフレ』に突入する!!時期は、


『日本の財政不安』が、

 → マーケットで強く認識された時
である!!


・『日本国債の暴落』からすべてが始まる!!


・『日本の財政』は、

『日本国債の平均利率』が『5%』まで上昇すると、、

 → 『財政破綻』が待っている。。泣



・日銀の『金融緩和政策』の終了が、

 → ハイパーインフレ突入の『きっかけ』になるかもしれない。



 以上です♪


今後とも、『日本のハイパーインフレ』について、徹底特集していきます!!


さて!!

我々、個人投資家としては、

今のうちから!!

 → 『インフレ対策』を開始なくてはならない!!


 と思います♪


『普通預金』や『現金』だと、、

 → 価値が『10分の1』になってしまいます。。



でも!!ご安心ください♪

『ハイパーインフレ』が起きる前に!!

 → 『インフレ対策』をしておけば♪



『大切な資産』を守る!!ことが可能なのです♪

参考:『インフレ対策徹底本部』 『もうインフレ対策してますか?


また、さらに!!

おっさんは、日本人にとって、

米国株』へ投資しておけば、

 → 『最高のインフレ対策』になる!!と思います♪


何せ、『1米ドル=1000円』になる!!のですから、、

 → 『為替』だけで、『資産は10倍』に上昇します♪

参考:『米国株で1億円を目指す!!』 『外国資産へ投資しよう♪』 『固定金利ローンで資産倍増計画♪


もしわかりにくい部分があれば、お気軽に、

 → 『金持ちへの相談所』までご相談ください♪


また、もしよろしければ♪

打倒!金持ち父さん」をお友達にもご紹介してください♪

 → 『当サイトの運営方針』 『自己紹介


※参考:おっさんは、
2001年9月、『100万円の軍資金』で、投資をはじめました♪

 おっさんの『お金持ちへの道』途中経過♪
  → 『運用成績』、『配当金』、『不労所得グラフ♪』 『年度別運用成績』 『投資先投資レポート
  『当サイトの運営方針』 『自己紹介』 『メディア掲載履歴


※日本の金融危機が起きる前に!!

 → 今こそ!!個人金融資産の『インフレ対策♪』が必要不可欠ですっ!!

 → 参照:『外国通貨建て資産へ投資する!!ということ。

 → 『インフレ対策徹底本部』 『日本にハイパーインフレがやってくる!!


日本人総投資家プロジェクト』へ戻る!!


※今後、日本では、

 → 『消費者物価指数』が高まり、、

 → 確実に!!『インフレ』が進行していきますから、、

銀行預金にしておくと、、『大切な資産』は、

 → 実質的に減り続けていくことでしょう。。泣


また、日本の『近い将来』を分析すると、、

『貿易赤字』の定着

『経常赤字国』へ転落。。

『日本国債暴落』。。

 をきっかけにして、、

日本発の『金融危機』の勃発。。

日本の『財政破綻』が現実化

 → 『日本がハイパーインフレ突入へ!!』

 という流れで、、

・『1米ドル=1000円』の超円安時代。。


 になりそうな雰囲気です。。泣

なので!!

『日本円の価値』がある♪今のうちに!!


・『日本のハイパーインフレリスク』に対応しつつ♪

コカ・コーラP&GJNJ』のような安定優良企業の株式へ、

 → 資産をシフト!!しておくことで、

配当金を『3%』もらいながら、、

資産を『米ドル建て』にして、

 → 長期的な『円安』に備えることができます♪

グローバル優良企業への投資は、

・インフレ対策
・円安対策
・安定配当収入


 と、『一石三鳥』の投資なのです♪


どうかご一緒に、楽しみながら♪

投資していきましょう!!

参考:『米国株投資で1億円を目指そう!!



スポンサード リンク


※クレジットカードを戦略的に活用してますか??
 → 『クレジットカード利殖法

※確実に!!金持ちへの道へ到達しよう♪
 → 『賢明なる買いもの投資

※日本発!!の金融危機が起きる前に!!

 → 今こそ!!個人金融資産の『インフレ対策♪』が必要不可欠ですっ!!

 →『日本人のための『インフレ対策』徹底!!特集

 →『外国通貨建て資産へ投資する!!ということ。



おっさんは、

「打倒!金持ち父さん」を通じて、、

微力ながら、、早、6年にわたって!!


力の限り全力で!! 情報発信してまいりました♪



『日本人総投資家プロジェクト』は、その集大成です!!

どうか、

お読み頂き♪

そして、投資を通じでご参加頂き♪

さらに!!

・ご友人
・ご家族

 といった、身近な人へご紹介頂き♪

行動にうつしていこうではありませんか!!


We can change our Japan!!

日本の繁栄をもう一度!!



datou68 at 17:56│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote インフレ対策特集♪ 
プロフィール
おっさん

公式運営サイト♪
『打倒!金持ち父さん』

金持ちになってから『世の中金じゃない』と、言ってやろう!
中国株・日本株・米国株・FX
などを中心に、
戦略的に金持ちになる為
のサイトです♪
運用利益1000万円突破!!

おっさん


『初めて!!ご訪問の方へ♪』

『注目!おっさんの運用成績』
スポンサード リンク
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: