2014年03月30日

『固定金利』の住宅ローンが、近い将来『お宝ローン♪』になる理由とは?『固定金利ローン』+『インフレ対応資産購入』で資産『10倍』計画♪住宅ローン徹底分析♪



〜固定金利住宅ローン徹底分析♪『お宝ローン』+『インフレ対応資産』で資産『10倍』計画♪〜




今回も!!『住宅ローン』を徹底分析します♪


人生で『一番大きな買い物』をする際に、

『住宅ローン』を戦略的に!!選んでいきましょう♪

参考:『戦略的金持ちへの道♪


変動金利の住宅ローンが危険すぎる!!理由とは?

これからの日本では、変動金利ローンは支払額が3倍以上になる!!

 にて、


『これからの日本』では、

 → 『住宅ローン金利』が確実に上昇していく!!


ことから、

・『固定金利の住宅ローン』

  → 『勝ち組♪』


・『変動金利の住宅ローン』

 → 『負け組』

 が確実である!!

と、特集しましたが、


今回は!!

2014年現在、いま!!


『固定金利住宅ローン』を組めばどれだけお得なのか??


徹底的に!!シュミレーションしていきます♪


『結論』から申し上げますと、、

『固定金利住宅ローン』は、

 → 『お宝ローン』になる!!
のです♪


今回も、

『住宅ローン』の返済条件として、

わかりやすく、

・借入金額 『5000万円』

・借入期間    『35年』

 という条件とします♪


さて!!

2014年3月現在の『住宅ローン金利』は、

・変動金利     『0.7%』

・35年固定金利 『1.74%』 (フラット35)


 ですから、


『毎月の返済額』は、

・変動金利     『13万4000円』

・35年固定金利  『15万9000円』

 となります。


このように、、

『住宅ローン』を借りた直後は、、

『固定金利』ローンだと、『変動金利』と比較して、

 → 支払額が『2万円』ぐらい高くなります。。


しかし、、

※PR. 金持ちへの戦略を徹底分析!
 「打倒!金持ち父さん」のメインコンテンツ♪
  → 『戦略的金持ちへの道♪』




今後、日本の金利が上昇していきます!!ので、、


『変動金利ローン』が『5%』になった時には、、


つまり、

・変動金利     『5%』

・35年固定金利 『1.74%』

 となった時には、


『毎月の返済額』は、

・変動金利     『25万2000円』

・35年固定金利 『15万9000円』

 と逆転します!!


金利が『5%』まで上昇する!!と、、


『固定金利ローン』は、

『変動金利ローン』と比較して、

『支払額』が、、

 → 『10万円』も!!安くなる
のです♪


・『日本国債暴落を分析

・『日本の財政破綻を分析


これらのページをご覧になれば、

 → 理解できる!!と思いますが、、


おっさんは、

『2015年〜2020年』までには!!

・10年国債金利が『3%』

・変動金利ローンが『5%』

 になる!!

 と予想しております。


その可能性は、

 → 『70%』ぐらいはあると思います。


さらに!!今後、近い将来、

日本では、

『ハイパーインフレ』が起きる!!可能性
があります。

参考:『日本はハイパーインフレに突入する!!


そうなると、、

『日本国債』は、暴落し!!

『10年物日本国債』の金利は、

 → 『10%以上!!』になる
でしょう。。。


『住宅ローン金利』は、

・変動金利     『12%』

・35年固定金利 『1.74%』

 となってしまいます。


『毎月の返済額』は、恐ろしい!!ことになり。。


・変動金利     『50万円』

・35年固定金利 『15万9000円』

 となってしまう!!のです。。泣


『変動金利』だと、、

当初、『13万円』だった支払額は、、

 → 『50万円まで!!』

膨れ上がってしまうのです。。泣


しかし、ご注目下さい♪


『固定金利ローン』だと、

まあ、当然ですが、、笑

 → どんなに『インフレ』が起きても!!

 → どんなに『金利』が上昇しても!!


『住宅ローンの支払額』は、変わらないのです♪


これは安心ですよね??


おっさんは、

『2015年〜2020年』までに!!

日本で『ハイパーインフレ』が勃発して!!


・10年国債金利が『10%』

・変動金利ローンが『12%』

 になる!!


という可能性は、

 → 『20%〜30%』ぐらいはあると思います。


『2020年〜2030年』だと、、

 → 『50%〜70%』ぐらいはある!!

 と思っております。


日本で『ハイパーインフレ』が起きてしまうと、、

 → 日本経済はとんでもない!!ことが起きます。。


・『住宅ローン』が支払えない人が続出

・銀行の倒産

・不動産価格の暴落

・株価暴落

・企業倒産の連鎖

・失業率の急上昇

 などなどです。。


しかし、

『固定金利』にしておけば大丈夫なのです♪


・ローンの金利     『1.74%』

・ローンの支払額 『15万9000円』

 で変わらない!!のですから♪


また、さらに!!

『固定金利のローン』は、

 → 『お宝ローン』になります♪


なぜならば!!

ハイパーインフレになれば、、

どういう『世の中』になっているか??


 というと、、


・10国債金利 『10%』

・銀行預金金利 『9%』

・物価 『10倍』

・『1米ドル=1000円』


 という世界になっているのです♪


注目したいのは!!

預金金利が『9%』なのに、、


ローンの金利は、

『1.74%』のままなんです♪

これはお得ですよね??


つまり、銀行からもらう『金利』より、

 → 『返済金利』が安い
のです♪


これは、『夢のような世界』だと思います♪


さらに!!

『物価』が10倍ぐらいに上昇する!!

 ということは、、


『お金の価値』は、

 → 『10分の1』になる!!

 ということです。。


つまり、これはどういうことなのか??
 
 というと、、


実質的に!!

 → 『借金が10分の1』になった♪

 ということなのです。。


インフレ前に、

『給料』が『40万円』だったとすると、、


インフレ後は、、

 → 『給料』は、『400万円』になる!!のです。


そうなると、、

『5000万円』なんて、、

 → すぐに返せますよね??


つまり、、

『ハイパーインフレ』は、、

 → 『日本経済』が崩壊する!!
ほど、

恐ろしいことなのですが、、


・『借金』をしている人

 にとっては、

事実上の『徳政令』なのです♪


もっと言うと、、

『ハイパーインフレが勃発する!!』前に、、


『借金』をすればするほど!!

 → お得なのです♪


2014年現在、

日本で『一番借金』をしているのは??

 → 『日本政府』です。


しかし、、国は、


どう考えても!!

『借金』を返せそうにありません。。泣

参考:『日本の財政破綻分析


そうなると、、

 → 『徳政令』を出すしかありませんよね??


それまでに!!

個人としても、

たくさん『借金』をしておけばいいのです♪



言ってみれば、

『国』と同じ行動をしておけばいい!!

 → 『国策』に乗ろう♪

 ということですね。


一方で、

『ハイパーインフレ』になって誰が一番損をするか?

 というと。。


・『現金』

・『預金』

 で『資産』を持っていた個人
です。。泣


『ハイパーインフレ』という『徳政令』により、


『資産価値』が、

 → 『10分の1』になってしまう
のです。。。泣


これまで「1000円」で買えていたモノが、

 → 「10000円」になってしまうのですから。。



でも!!ご安心ください♪


『ハイパーインフレ』が起きる前に!!

 → 『インフレ対策』をしておけば♪



『大切な資産』を守る!!ことが可能なのです♪

参考:『インフレ対策徹底本部』 『もうインフレ対策してますか?


また、さらに!!

おっさんは、日本人にとって、

米国株』へ投資しておけば、

 → 『最高のインフレ対策』になる!!と思います♪


何せ、『1米ドル=1000円』になる!!のですから、、

 → 『為替』だけで、『資産は10倍』に上昇します♪

参考:『米国株で1億円を目指す!!』 『外国資産へ投資しよう♪


このように、、

『ハイパーインフレ』は怖くありません!!


もちろん、

何も『対策』しなければ、、

 → かなり『厳しい生活』が待っていることでしょう。。泣


しかし、、

『ハイパーインフレ』を利用して、

 → 逆に!!資産を増やすチャンス
にすることが可能なのです♪


最後に、

『ハイパーインフレ』になると、、

 → 『不動産価格』はどうなるか??


ですが、

もちろん、短期的には、、

『住宅ローン破産』が続発し!!

 → 『不動産』は『投げ売り』され!!


 → 不動産価格は暴落してしまいます。。泣


しかし、数年たてば、

『不動産価格』についても、

『インフレ率』に応じて、

 → 『10倍』に近い価格まで上昇する
のです♪


『不動産』も『インフレ対応資産♪』であり、

 インフレにより上昇する!!のです♪


つまり、

・『8000万円』のマンションを、

・『5000万』のローンで買った場合


『ハイパーインフレ』後、

マンション価格は、インフレにより、

 → 『8億円』になる!!
のです♪


まとめます♪

2014年の今!!

・『固定金利ローン』でマンションを買う!!と

 → 『借金』は、実質『10分の1』となり、

 → 『固定金利』の住宅ローンは、『お宝ローン』になる♪


・『不動産』は、『インフレ対応資産』であり、


長期的には、インフレにより、

 → 価格が『10倍』になる!!可能性がある♪


いかがでしょうか??


2014年現在、

・『固定金利ローン』で不動産を買う!!ことは、


『お宝ローン♪』+『インフレ対応資産』のダブルで!!

 → とんでもなく!!お得なのです♪


是非、生活に活かして頂きたい!!と思います♪



もしわかりにくい部分があれば、お気軽に、

 → 『金持ちへの相談所』までご相談ください♪


また、もしよろしければ♪

打倒!金持ち父さん」をお友達にもご紹介してください♪

 → 『当サイトの運営方針』 『自己紹介


今後も、『住宅ローン特集』を行っていきます!!



※参考:おっさんは、
2001年9月、『100万円の軍資金』で、投資をはじめました♪

 おっさんの『お金持ちへの道』途中経過♪
  → 『運用成績』、『配当金』、『不労所得グラフ♪』 『年度別運用成績』 『投資先投資レポート
  『当サイトの運営方針』 『自己紹介』 『メディア掲載履歴』 『金持ちへの戦略


※日本の金融危機が起きる前に!!

 → 今こそ!!個人金融資産の『インフレ対策♪』が必要不可欠ですっ!!

 → 参照:『外国通貨建て資産へ投資する!!ということ。

 → 『インフレ対策徹底本部』 『日本にハイパーインフレがやってくる!!


金持ちへの勉強部屋』へ戻る!!


※今後、日本では、

 → 『消費者物価指数』が高まり、、

 → 確実に!!『インフレ』が進行していきますから、、

銀行預金にしておくと、、『大切な資産』は、

 → 実質的に減り続けていくことでしょう。。泣


また、日本の『近い将来』を分析すると、、

『貿易赤字』の定着

『経常赤字国』へ転落。。

『日本国債暴落』。。

 をきっかけにして、、

日本発の『金融危機』の勃発。。

日本の『財政破綻』が現実化

 → 『日本がハイパーインフレ突入へ!!』

 という流れで、、

・『1米ドル=1000円』の超円安時代。。


 になりそうな雰囲気です。。泣

なので!!

『日本円の価値』がある♪今のうちに!!


・『日本のハイパーインフレリスク』に対応しつつ♪

コカ・コーラP&GJNJ』のような安定優良企業の株式へ、

 → 資産をシフト!!しておくことで、

配当金を『3%』もらいながら、、

資産を『米ドル建て』にして、

 → 長期的な『円安』に備えることができます♪

グローバル優良企業への投資は、

・インフレ対策
・円安対策
・安定配当収入


 と、『一石三鳥』の投資なのです♪


どうかご一緒に、楽しみながら♪

投資していきましょう!!

参考:『米国株投資で1億円を目指そう!!



スポンサード リンク


※クレジットカードを戦略的に活用してますか??
 → 『クレジットカード利殖法

※確実に!!金持ちへの道へ到達しよう♪
 → 『賢明なる買いもの投資

※日本発!!の金融危機が起きる前に!!

 → 今こそ!!個人金融資産の『インフレ対策♪』が必要不可欠ですっ!!

 →『日本人のための『インフレ対策』徹底!!特集

 →『外国通貨建て資産へ投資する!!ということ。



おっさんは、

「打倒!金持ち父さん」を通じて、、

微力ながら、、早、6年にわたって!!


力の限り全力で!! 情報発信してまいりました♪



『日本人総投資家プロジェクト』は、その集大成です!!

どうか、

お読み頂き♪

そして、投資を通じでご参加頂き♪

さらに!!

・ご友人
・ご家族

 といった、身近な人へご紹介頂き♪

行動にうつしていこうではありませんか!!


We can change our Japan!!

日本の繁栄をもう一度!!



datou68 at 15:41│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote 不動産 | インフレ対策特集♪
プロフィール
おっさん

公式運営サイト♪
『打倒!金持ち父さん』

金持ちになってから『世の中金じゃない』と、言ってやろう!
中国株・日本株・米国株・FX
などを中心に、
戦略的に金持ちになる為
のサイトです♪
運用利益1000万円突破!!

おっさん


『初めて!!ご訪問の方へ♪』

『注目!おっさんの運用成績』
スポンサード リンク
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: