2014年01月23日

アマゾン(AMZN)投資分析 アマゾンの株価分析 時価総額から考えるアマゾン株価分析 〜アマゾンの時価総額18兆円は割安である♪〜 米国株の優良株


〜アマゾン(AMZN)投資分析 アマゾンの時価総額18兆円は割安か?〜



今回は、米国株の優良株特集です♪

おっさんも投資している!!米国株である、

『アマゾンドットコム(AMZN)投資分析』です♪


参考:『キンドルのビジネスモデル分析』『アマゾンプライム分析』『アマゾン時価総額分析
 『アマゾンがネットショップの王様である理由』『アマゾンの独占力分析

 『キンドルが電子書籍ランキング1位である理由』『アマゾン株価分析


前回は、PERと純利益率で株価分析を行いましたが、

参考:『PERと純利益率で考えるアマゾン株価分析♪


今回は!!

『アマゾンの時価総額』に注目して!!

アマゾンドットコム(AMZN)の株価分析を行います♪


アマゾンは、

世界的な優良企業で、

『世界13か国』に展開!!しており、

あまりにも!!巨大な企業でありますが、


それでも、

まだまだ!!『成長中』の企業であり、

いわゆる、

・『成長株』であります。


なので、一般的に、

『PER』では、

株価が高いのか?

株価が安いのか?

なかなか判断できません。。


アマゾンは、

『毎年20〜30%』も!!

売上げを増やしながら、成長
しておりますし、


圧倒的な!!『独占力』を持つ企業です♪


なので、

株式市場での評価も高く、

『PER=20台』など、

割安な株価水準で、

投資するチャンスがほとんどない!!
です。。


2014年1月現在のアマゾンの株価水準は、

・時価総額 18兆円
・株価   400ドル


 ですが、


今回は、アマゾンの企業価値として、

株式市場でつけられている、

 → 『時価総額=18兆円』


 に注目して!!株価分析してみましょう♪



それでは、時価総額を『視点』にして、

世界の企業と比較してみましょう♪

時価総額ランキング

・アップル    48兆円
・グーグル    38兆円
・マイクロソフト 30兆円

・ジョンソン   26兆円
・ウォルマート  24兆円
・トヨタ自動車  22兆円

・アマゾン    18兆円

・フェイスブック 14兆円
・ソフトバンク  10兆円
・ユニクロ     4兆円
・セブンイレブン  4兆円
・楽天       2兆円


いかがでしょうか??


『18兆円』と聞くと、、

とんでもなく!!割高なイメージがしますが、、笑



時価総額ランキングをみると、、

そうでもない!!ですよね??



おっさんとしては、

今後、

アマゾンが利益を出す!!ようになれば、、

 → 株価がもっと成長してもいいように感じます♪


何故ならば!!

※PR. お金持ちへの道へ!!
 確実に!!到達しよう♪
  → 『賢明なる買いもの投資♪』




おっさんは、

アマゾンは既に!!

『唯一無二の企業』
だと思っております。


世界における、

アマゾンユーザーは、

 → 『3億人』を超えている!!


 と推測されております♪


今から、どんなにお金を使っても!!

アマゾンドットコムを超える!!企業を作るのは、

困難でしょう。。



それだけ価値のある企業だと思います。


なかなか、数字には表せませんが、

他の企業と比較して、

アマゾンが持っているポテンシャルは限りなく大きい!!と、

おっさんは、思います。


上記の時価総額ランキングをご覧ください♪


たとえば、

・ウォールマートは、

『24兆円』とアマゾンよりも時価総額が大きいですが、

果たして、

『実店舗 VS ネットショップ』の戦いで、

アマゾンに10年後も勝っているのか??

 というと、

おっさんは、インターネットショップという、

 → 『実店舗を持たない♪』という、

 コストが小さいビジネスモデルに軍配が上がる!!と

 思います。

さらに!!アマゾンは、

ロボット投資、IT投資を行うことで、

 → 『物流コスト』
を下げ続けております。


たとえば、

・フェイスブックは、

『14兆円』とアマゾンと同水準の時価総額がありますが、


10年後も、フェイスブックが世界で支持され続けるか?

 と考えたら、

おっさんは、疑問に感じます。。



マイクロソフトは、『30兆円』と、

アマゾンの倍近くの時価総額
がありますが、

アップルが、

 → 『パソコンのOSを無料提供』するようになった時代
において!!


5年後も、10年後も、

マイクロソフトが同じビジネスができるか??

 といったら、

おっさんは、疑問に感じます。


上記の3社へ投資するのであれば、、

 → おっさんは、アマゾンへ投資します!!


一方で、

アマゾンは、

・世界一のネットショップです。

今後も、世界的にネットショップは成長していくでしょう♪

『実店舗 VS ネットショップ』の戦いで、

アマゾンが負けることはないでしょう。

これも確実!!です♪

参考:『実店舗VSネットショップの戦い分析♪


・アマゾンは、世界最高レベルの『物流網』を持っている。

非常に参入障壁は高い!!です。

アマゾンでは、たいてい何でも買えますし、

送料無料で、すぐに届きます♪

ライバル企業が、

今から!!アマゾンに追いつくのは困難です。

参考:『アマゾンプライムがアマゾンの成長戦略の秘密


・世界一のクラウドサービス、

 → アマゾンクラウドを展開中♪

・キンドルで書籍ビジネスモデルに『革命』

キンドル本の利益率は『55%』と高収益です。

電子書籍が伸びていくこと!!これも、確実でしょう。

参考:『キンドルのビジネスモデル分析


・世界13か国に展開中ですが、

 → 今後、進出できる国はまだまだあり、成長余地が大きいです♪


このように、

世界中でアマゾンにしかない!!

 → 『強み』がたくさんある♪


 と同時に、

アマゾンには、『成長の余地』がまだまだ残されているのです♪


アマゾンは、

将来的に『世界一の小売業者』に君臨し続ける!!でしょう♪


このように、

『アマゾンの企業価値』を考えると、、

上記の時価総額ランキングをみて、

他社の企業と比較した上で!!

まだまだ上に行く!!

ポテンシャルが大きいと思います。


おっさんは、引き続き、アマゾンの成長を楽しみに!!

アマゾンへの投資を続け、

追加投資も検討し続けたいと思います♪


アマゾンが世界一の時価総額になったら、、

一部売却も検討しま〜〜す!!笑



いかがでしょうか??

アマゾンの『未来』が楽しみですね♪

米国株である、

参考:『米国株投資特集

『アマゾンドットコム(AMZN)』への投資は、

将来性が高そうです♪

成長が楽しみですね!!

今後も、アマゾン投資徹底分析を行っていきますっ!!


ところで♪

『米国株』をはじめるのであれば!!

現在、
『マネックス証券』断トツで!オススメです♪


ネット証券最多!!
・『2800銘柄の米国株』へ投資できる♪


米国株の『最低取引単位』が、
・『1株』から投資できる♪

 ので、

『約4万円』の投資資金があれば、

『アマゾン』への投資が可能です♪


加えて、マネックス証券では、

 → 『米国株の特定口座』の取り扱いを始めました♪

これまで、『外国株』だと、特定口座対象外でしたが、、泣

マネックス証券が、真っ先に!!

我々、個人投資家の確定申告の手間を省いてくれましたのです♪


マネックス証券で米国株へ投資すれば、

 → 面倒な確定申告の必要がない!!
のです♪


これで、投資家は、投資家の仕事に集中できますね♪

マネックス証券さん、ありがとうございました♪

今後、他社さんでも、

『米国株の特定口座』サービスを開始してほしいですね♪



また、さらに!!

現在、マネックス証券では、


「米国株、いつ始めるの?今でしょ!!」

キャンペーンをやっていて、大笑

なんと!!

 → 米国株口座開設後、『1か月』手数料無料なんです♪

なので、米国株始めるなら、

 → 『マネックス証券』ですね!!


以上、米国株の優良株♪

アマゾンドットコム(AMZN)のご紹介でした!!


おっさんの投資先オーナ企業一覧』へ戻る!!


おっさんも愛用しています!
最高に便利な♪『Kindle
もう、手放せません!!






スポンサード リンク


※クレジットカードを戦略的に活用してますか??
 → 『クレジットカード利殖法

※確実に!!金持ちへの道へ到達しよう♪
 → 『賢明なる買いもの投資

※日本発!!の金融危機が起きる前に!!

 → 今こそ!!個人金融資産の『インフレ対策♪』が必要不可欠ですっ!!

 →『日本人のための『インフレ対策』徹底!!特集

 →『外国通貨建て資産へ投資する!!ということ。



おっさんは、

「打倒!金持ち父さん」を通じて、、

微力ながら、、早、6年にわたって!!


力の限り全力で!! 情報発信してまいりました♪



『日本人総投資家プロジェクト』は、その集大成です!!

どうか、

お読み頂き♪

そして、投資を通じでご参加頂き♪

さらに!!

・ご友人
・ご家族

 といった、身近な人へご紹介頂き♪

行動にうつしていこうではありませんか!!


We can change our Japan!!

日本の繁栄をもう一度!!



datou68 at 18:00│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote アマゾン投資分析 | 米国株
プロフィール
おっさん

公式運営サイト♪
『打倒!金持ち父さん』

金持ちになってから『世の中金じゃない』と、言ってやろう!
中国株・日本株・米国株・FX
などを中心に、
戦略的に金持ちになる為
のサイトです♪
運用利益1000万円突破!!

おっさん


『初めて!!ご訪問の方へ♪』

『注目!おっさんの運用成績』
スポンサード リンク
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: