2014年01月20日

アマゾン(AMZN)投資分析 アマゾンは『独占力』をどう確立したか?アマゾンの『歴史』を振り返る♪ 〜アマゾンは、顧客の利益優先で成長中〜 米国株の優良株



〜アマゾン投資分析 アマゾンは独占力をどう確立したか?アマゾンの『歴史』を振り返る♪〜


今回は、米国株の優良株特集です♪


おっさんも投資している!!米国株である、

『アマゾンドットコム(AMZN)投資分析』です♪

参考:『キンドルのビジネスモデル分析』『アマゾンプライム分析
 『アマゾンがネットショップの王様である理由』『アマゾンの独占力分析



アマゾンは、圧倒的な!!競争力を持つ♪

『読書専用タブレット』である、

 → 『Kindle』を創り上げました♪

(日本では、2012年から発売)


現在は、まだまだ、

『Kindleの便利さ』に気が付いた、

『一部の先進的な人♪』から愛用されておりますが、


今後、数年も!!すれば、、

 → 『一家に一台 Kindle♪』

 という時代が来てもおかしくありません!!


それだけ価値があり、

圧倒的な競争力を持つ!!

『読書専用リーダー』だと思います♪


現在は、まだまだ、

『普及してきている!!段階』に過ぎませんが、

今後、Kindleが普及していけば、普及していく程!!

『ビジネスのルール』が変わり、

 → 書籍ビジネスの『根本』


 に大きな変化が出てくるでしょう。


それだけ、

「Kindleをあなどってはならない!!」

 と思います。


今後、『書籍ビジネス』のビジネスモデルにおいて、

 → 『革命!!』

 と呼べるほどの変化が起きていくのです。


『カメラ』の世界でいえば、、

『インスタントカメラ』が主流!!であった時代に、

 → 『デジタルカメラ』が登場したインパクト。



そして、街で『フイルム』が売られなくなり、、


その後、

『デジタルカメラ』が主流となった後に、、

 → 『スマートフォン』が誕生したインパクト。


 と、『同じ』だけ!!のインパクトを、


あと数年もすれば、、

『Kindle』は、歴史に残すことでしょう♪


つまり、『Kindle』には、

『ビジネスモデル』を変えてしまう、

『革命!!』と呼べるほどの力があるのです♪

参考:『キンドルのビジネスモデル分析


また、

『Kindle徹底分析』にてご紹介したとおり、

参考:『キンドルなら立ち読みし放題♪』、『キンドルには4000冊の本が入る♪
   『Kindle vs iPad比較』、『キンドルなら本が安い♪』『キンドルはiPhoneでも読める♪
   『キンドルの便利さ分析♪』『キンドルの賢い選び方♪』『タブレットならキンドルファイアHDX♪



我々、消費者にとって、

『Kindleを使うメリット』が、

 → 圧倒的に!!存在します。


なので、今後、『近い将来』、

Kindleで本を読むことが、

 → 『当たり前!!』の時代がくるはずです。


アマゾンは、

ただ、安価なタブレット端末を、

販売しているのではなく、

『書籍ビジネスの未来』を見据えて、

Kindleを創り上げたのです♪



今後、新たな時代において、アマゾンは、

 → 書籍ビジネスにおいて、

『圧倒的な!独占力』を保有していくことでしょう。



さて!!今回は、

『アマゾンの歴史』を分析していきます♪


アマゾンは、創業当時、


※PR. クレジットカードで得をしよう!
  → 『クレジットカード利殖法♪』




本だけ!!を扱う、

『ネット上の本屋さん』として、


ビジネスを始めましたが、

ビジネスの成功に伴い、

『書籍ビジネス』においては、

 → 『世界一の本屋さん』になりました♪


しかし、アマゾンは、

本だけ!!に留まらず、

・家電
・服
・雑貨
・音楽
・ゲーム
・食品
・パソコン

 などなど、

 → 『なんでも買える!!世界一のECショップ』

 へと、進化しました♪


その結果、

ECサイトとして、

『独占的な競争力』を持つまで、地位を確立したのです♪


アマゾンは、

圧倒的な競争力による、

『世界一の小売業者』となったのです♪


・圧倒的な!『商品数』
・商品の『安さ』
・すぐに届く『便利さ』
・『送料無料』インフラ
・ネットショッピングの使いやすさ


 において、既に!!


アマゾンに勝てる企業は、世界を探してもいません。


おっさんも、


月に『5回以上』は、

 アマゾンでショッピングをしている!』ので、


 → もうアマゾンなしでは、生きられない!!

 ぐらい、アマゾンに依存しております♪笑


普段は、忙しいので、

なかなか買い物にいく『時間』がありません。。


でも!!

アマゾンなら、移動時間中でも、

スマホから、簡単にショッピングが出来ます♪し、

商品を購入すると、、

 → 『当日〜1日』で商品が家に届きます♪


おっさんが住んでいるマンションは、

『宅配ボックス』がついているのですが、

家に帰ると、

宅配ボックスに商品が入っているので、

いちいち、配達員さんから商品を受け取る『手間』もいりません♪


このように、アマゾンでのショッピングは、

・非常に『便利』で、
・時間を『節約』できますし、
・商品の持ち運びする『手間』もいりません。


さらに!!

アマゾンで購入した商品は、街で買うよりも、

 → 『値段が安い』ことが多いのです♪


アマゾンは、ビジネスモデルとして、

『実店舗がない』ので、その分、

 → 店舗の『家賃コスト』がかからない!!

 という、大きなメリットがありますし、


商品を大量購入しているでしょうから、

 → 商品を安く仕入れられる♪

 という『スケールメリット』もあるのです♪


なので、アマゾンは、

・商品を『安く販売する力』があるのです。


しかも、おっさんは、

『アマゾンプライム会員』になっているので、

送料は、速達でも『無料』です♪

参考:『アマゾンプライム分析


このように、

アマゾンは、『ECサイト』として、既に!!

 → 『圧倒的な力』を持っています♪


特に、地方にお住いの方にとっては、

アマゾンが、

 → 『必要不可欠なインフラ』

 になっているのではないでしょうか?


現在、

アマゾンの日本における売上高は、

 → 『約8000億円』とも言われており、

 → 年々、高い成長率を継続しております♪


さらに!!

アマゾンは、全世界で成長しております。

2013年7〜9月決算をみると、、

・売上高 『1兆6600億円』

 前年比 『+24%』

・利益  『41億円の赤字』

 となっております。


たった、3か月間で、

 → 『2兆円弱』の売上げ


 を達成している!!のです♪


しかし、アマゾンは、

・『物流』拠点整備、

・『IT投資』に

 → 巨額の設備投資を行ってきた結果、


アマゾンは『利益』を出しておりません。


アマゾンは、これまでの決算でも、

『赤字〜少しだけの純利益』

 しか達成していないのです。。


そのかわり、

アマゾンの売上高の『成長』は、継続中です♪

 → 『約+30%成長』を続けております。




アマゾンの優先順位として、

・圧倒的なインフラを築き上げること

・顧客から支持を得ること

(カスタマーファースト♪)


・売り上げを拡大する!!こと

 を重視して、ビジネスを展開してきたため、


我々利用者からみると、、

すでに圧倒的な存在ですが、、笑


まだまだ、アマゾンは、

 → 『成長段階中♪』なのです。



アマゾンは、

『顧客第一!!』で、

ビジネスを展開してきた結果、

 → 『利益』を出していないのです!!


『送料無料』にしてきたことで、

 → 『送料だけ!!』で、

ほとんど利益が飛んできたのです。。泣


でも、まずは!!

・シェアを取る!

・顧客にアマゾンを選んでもらうこと。



それを『第一に!!』成長してきたので、

 → アマゾンの戦略どおりと呼んでいいでしょう♪


アマゾンの成長段階としては、

将来、さらなる!!独占力を得るために、

 → 巨額成長投資は続ける!!


消費者からの支持は拡大中!!なので、

 → 戦略どおりに進んでいる♪


これから、もっともっと、

やりたいことをやっていくぞ!!


 という段階だと思います♪


アマゾンの創業者である、

『ジェフ・ベゾス』は、

アマゾンの競争力強化を最重視!!

 しておりますから、


まだまだ、

・利益を出す!!

 ことにこだわっていないようです。笑


その結果、

アマゾンは、ECサイトとして、

・必要不可欠な『インフラ』

・ほぼ『独占的』な競争力


 を保有するまでに地位を確立しました♪


なので、アマゾンは、利益を出そうと思えば!!

 → いつでも利益を出せるのです♪


しかし、アマゾンは、

・まだまだ成長を追求し、

・顧客の利益を追求し、

・圧倒的な独占力を追求する!!

 ことでしょう♪


さらに!!

アマゾンは、

『キンドル』の登場により、

革命を起こしている!!


『書籍ビジネスモデル』を変革している!!最中です♪


参考:『キンドルのビジネスモデル分析


アマゾンは、今後も、

『ECサイト』としても、

まだまだ成長していく!!と思います。

当然、投資先としても、

とっても魅力的だと思います!!


アマゾンの『未来』が楽しみですね♪

米国株である、

参考:『米国株投資特集

『アマゾンドットコム(AMZN)』への投資は、

将来性が高そうです♪

成長が楽しみですね!!

今後も、アマゾン投資徹底分析を行っていきますっ!!


ところで♪

『米国株』をはじめるのであれば!!

現在、
『マネックス証券』断トツで!オススメです♪


ネット証券最多!!
・『2800銘柄の米国株』へ投資できる♪


米国株の『最低取引単位』が、
・『1株』から投資できる♪

 ので、

『約4万円』の投資資金があれば、

『アマゾン』への投資が可能です♪


加えて、マネックス証券では、

 → 『米国株の特定口座』の取り扱いを始めました♪

これまで、『外国株』だと、特定口座対象外でしたが、、泣

マネックス証券が、真っ先に!!

我々、個人投資家の確定申告の手間を省いてくれましたのです♪


マネックス証券で米国株へ投資すれば、

 → 面倒な確定申告の必要がない!!
のです♪


これで、投資家は、投資家の仕事に集中できますね♪

マネックス証券さん、ありがとうございました♪

今後、他社さんでも、

『米国株の特定口座』サービスを開始してほしいですね♪



また、さらに!!

現在、マネックス証券では、


「米国株、いつ始めるの?今でしょ!!」

キャンペーンをやっていて、大笑

なんと!!

 → 米国株口座開設後、『1か月』手数料無料なんです♪

なので、米国株始めるなら、

 → 『マネックス証券』ですね!!



以上、米国株の優良株♪

アマゾンドットコム(AMZN)のご紹介でした!!


おっさんの投資先オーナ企業一覧』へ戻る!!


おっさんも愛用しています!
最高に便利な♪『Kindle
もう、手放せません!!






スポンサード リンク


※クレジットカードを戦略的に活用してますか??
 → 『クレジットカード利殖法

※確実に!!金持ちへの道へ到達しよう♪
 → 『賢明なる買いもの投資

※日本発!!の金融危機が起きる前に!!

 → 今こそ!!個人金融資産の『インフレ対策♪』が必要不可欠ですっ!!

 →『日本人のための『インフレ対策』徹底!!特集

 →『外国通貨建て資産へ投資する!!ということ。



おっさんは、

「打倒!金持ち父さん」を通じて、、

微力ながら、、早、6年にわたって!!


力の限り全力で!! 情報発信してまいりました♪



『日本人総投資家プロジェクト』は、その集大成です!!

どうか、

お読み頂き♪

そして、投資を通じでご参加頂き♪

さらに!!

・ご友人
・ご家族

 といった、身近な人へご紹介頂き♪

行動にうつしていこうではありませんか!!


We can change our Japan!!

日本の繁栄をもう一度!!



datou68 at 19:18│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote アマゾン投資分析 | 米国株
プロフィール
おっさん

公式運営サイト♪
『打倒!金持ち父さん』

金持ちになってから『世の中金じゃない』と、言ってやろう!
中国株・日本株・米国株・FX
などを中心に、
戦略的に金持ちになる為
のサイトです♪
運用利益1000万円突破!!

おっさん


『初めて!!ご訪問の方へ♪』

『注目!おっさんの運用成績』
スポンサード リンク
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: