2014年01月17日

『円安』でキャノンが国内生産比率を引き上げ!! 日本に『雇用』と『工場』が帰ってくる♪ 〜『円安』こそ!!日本経済の救世主♪〜 円安投資戦略



〜円安でキャノンが国内生産比率を引き上げ!日本に『雇用』と『工場』が帰ってくる♪〜


今回は、

『NISA投資ランキング』にて、

見事!!『4位』に入った♪


日本を代表する!!優良企業である、

 → キャノン(7751)の話題です♪


キヤノンは、2014年1月、

2015年までに、

カメラなど自社製品の『国内生産比率』を、


現在の『42%』から、

 → 『50%』へ引き上げる!!


 ことを発表しました♪


その背景は、

『今後、円安が長期化する!!』

 と判断した!!ことで、


これまで、

『海外への工場移転』

 を進めてきた。。


従来の戦略から、

 → 『円安メリット』を享受できる♪

 態勢へ!!カジを切り直したのです。


キャノンのような、

『日本国内への生産回帰♪』の流れは、


・日本国内の『設備投資拡大』

・日本国内の『雇用増大』


 につながりますので、


日本経済にとっても、

我々日本人にとっても、

 → とっても良い流れです♪


しなしながら、、近年は、


※PR. 個人投資家に新たな収益源誕生!
  → 『トラリピFX中長期投資法♪』




・雇用市場の『グローバル化』

・円高進行による『国内産業の空洞化』


 が同時に!!起こっておりました。。泣



その結果、日本企業は、生き残りをかけ、

 → 『安い賃金』を求めて!!

中国、タイ、インドネシア、ベトナムなどなど。。

 → 新興国への投資を続けてきたのです。。


その結果、

・日本国内の工場、設備などへ

 → お金が投資されない。。


・日本人の雇用が減らされている。。

 → リストラ進行、失業率上昇


これが日本経済の大きな問題でした。。泣


しかし、

・『円安の進行』により、

 → 日本国内への『生産回帰』の兆し♪

 が出てきたのです♪


キャノンが、

国内生産を増やすの!!は、


・『一眼レフカメラ』や、
・『カラー複合機』

 などの『高価格帯』の商品が中心です♪


キャノンの『国内生産比率』は、

2000年台後半まで、

 → 『約60%』だったのが、


・リーマン・ショック後の、

 → 『超円高局面』を乗り切る!!ため、

生産の一部を、

アジアなどに移管してきており、、

現在は、

 → 国内生産比率が『40%台前半』

 まで減らしてきておりました。。泣


しかし、『円安』が定着♪したことで、

 → 国内生産を増やす!!

 流れとなったのです♪

とっても、心強い!!ですね♪

最近は、

アベノミクスによる『賃上げ』

 がテーマとなっておりますが、


やはり!!

『雇用』が日本に戻ってこない限り!!


本当の意味での、

『本格的な賃上げ』は、

起きてこない!!
と思います。。


『工場の国内回帰』の動きは、

キャノンだけではありません!!


アイリスオーヤマは、先日、

発光ダイオード(LED)照明の

 → 国内生産を増やす!!
ことを発表しました♪


佐賀県鳥栖市の自社工場で、

すでに生産している家庭向けに加えて、

オフィスや店舗向けの生産を始めました♪


アイリスオーヤマは、

全体の生産量に占める国内の比率を、

2014年中に、

現在の『1割』から『2割』にする!!計画です♪


『円安』によって、

中国からの輸入品の価格が、

 → 上昇傾向にある!!
なか、


国内向けの製品の、

 → 国内生産を増やす!!のです♪


既に、佐賀県鳥栖市の工場へ、

 → 『数十億円』を投資して!!

LED照明の生産ラインを整えております♪


また、

『国内生産』でも!!

『価格競争力』を保ち、

 → 『生産コスト』を上昇させないために!!


製造工程の大半を、

 → ロボットを使い『自動化』を徹底しました♪


その結果、

驚くべきことに!!

アイリスオーヤマの『国内生産コスト』は、

 → 『中国の主力工場と同じ!!生産コスト』


 にまで!!抑えられたのです♪


すごいことですよね!!


どうか、日本の製造業のみなさまには、

・キャノン

・アイリスオーヤマ


 の流れを見習って頂き♪


我々、消費者も!!

 → 『Made in Japan』の製品を購入して!!


是非、応援していきましょう♪



このように、、

『円安』になる!!ことで、

日本経済へのメリットは大きいですね♪


たとえば、、

『円安』になったことで、

日本を訪問する外国人観光客が急増し!!


2013年に初めて!!

日本への外国人観光客数が、

 → 『1000万人』を超えました♪


日本の観光業が栄えれば、

 → 雇用改善!!

 → 日本経済好転!!


 につながります♪

参考:『観光立国日本特集のまとめ♪』



なので!!投資家の皆様、

日本経済を援護射撃する!!意味でも、

 → 『外国株』へ投資しましょう♪


我々、個人投資家が、

・『外国株』へ投資したり、

 → 『海外資産へ投資するということ

 → 『米国株投資特集


・FX投資をする!!

 → 『賢明なる投資家のためのFX投資法

 ことで、


・『円』を売って、外国通貨を買う!!

 ことになりますから、

 → 『円売り圧力』が高まり、

 → 『円安』になる!!のです♪


つまり!!

我々が海外資産へ投資する!!ことで、

 → 日本経済を救うことになるのです♪


そして、さらに!!

我々投資家が、外国資産で収益を上げれば!!

 → 日本の『所得収支の黒字』が増えます♪し、


海外からの配当金の『20%』を、

『税金』として国に支払う!!ことで、

 → 日本の税収に貢献し、

日本の財政赤字の改善にもつながるのです♪


あなたの海外資産への投資が、

 → 日本を救うのですっ!!



どうかご一緒に、日本経済を盛り上げましょう!!



おっさんは、

2001年9月、

『100万円の軍資金』で、株式投資をはじめました♪


※参考:おっさんの『お金持ちへの道』途中経過♪

  → 『運用成績』、『配当金』、『不労所得グラフ♪



まだまだ、経済的自由を得るためには、至りませんが、

目標に向かって、着実に進んでいると思います♪


※米国株をはじめるのであれば!!

現在、
マネックス証券 』が一番オススメです♪


ネット証券最多!!
・『2800銘柄の米国株』へ投資できる♪

米国株の『最低取引単位』が、

・『1株』から投資できる♪


 ので、

『2万円』の投資資金があれば、

全世界の超優良企業』への投資が可能です♪


また、マネックス証券では、

 → 『米国株、中国株の特定口座』の取り扱いを始めました♪

これまで、『外国株』だと、特定口座対象外でしたが、、泣

マネックス証券が、真っ先に!!

我々、個人投資家の確定申告の手間を省いてくれましたのです♪


マネックス証券で米国株へ投資すれば、

 → 面倒な確定申告の必要がない!!
のです♪


これで、投資家は、投資家の仕事に集中できますね♪

マネックス証券さん、ありがとうございました♪

今後、他社さんでも、

『米国株、中国株の特定口座』サービスを開始してほしいですね♪

なので、

外国株投資を始める!なら、

 → マネックス証券がオススメです♪


また、さらに!!
現在、マネックス証券では、

「米国株、いつ始めるの?今でしょ!!」

キャンペーンをやっていて、大笑

米国株口座開設後、『1か月』手数料無料なんです♪

なので、米国株始める!!なら、

 → 『マネックス証券 』ですね!!



スポンサード リンク


※クレジットカードを戦略的に活用してますか??
 → 『クレジットカード利殖法

※確実に!!金持ちへの道へ到達しよう♪
 → 『賢明なる買いもの投資

※日本発!!の金融危機が起きる前に!!

 → 今こそ!!個人金融資産の『インフレ対策♪』が必要不可欠ですっ!!

 →『日本人のための『インフレ対策』徹底!!特集

 →『外国通貨建て資産へ投資する!!ということ。



おっさんは、

「打倒!金持ち父さん」を通じて、、

微力ながら、、早、6年にわたって!!


力の限り全力で!! 情報発信してまいりました♪



『日本人総投資家プロジェクト』は、その集大成です!!

どうか、

お読み頂き♪

そして、投資を通じでご参加頂き♪

さらに!!

・ご友人
・ご家族

 といった、身近な人へご紹介頂き♪

行動にうつしていこうではありませんか!!


We can change our Japan!!

日本の繁栄をもう一度!!



datou68 at 18:00│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote 円安投資戦略 | 日本再生計画♪
プロフィール
おっさん

公式運営サイト♪
『打倒!金持ち父さん』

金持ちになってから『世の中金じゃない』と、言ってやろう!
中国株・日本株・米国株・FX
などを中心に、
戦略的に金持ちになる為
のサイトです♪
運用利益1000万円突破!!

おっさん


『初めて!!ご訪問の方へ♪』

『注目!おっさんの運用成績』
スポンサード リンク
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: