2013年12月24日

アメリカの金融緩和がついに縮小!!2014年の日本株、日本経済はどうなるか?徹底分析!!〜アベノミクスの成功には、日銀の追加緩和が必要〜



〜アメリカの金融緩和がついに縮小!!2014年の日本株はどうなるか?徹底分析!!〜


2014年1月から、

ついに!!

『アメリカの金融緩和』が縮小される!!

 ことになりました♪

参考:『アメリカの金融緩和がついに縮小!株式、円安はどうなる?
  『アメリカ不動産市場好転続くか?



今回は、

アメリカの金融緩和縮小を受けて、

『2014年の日本株の展望♪』について取り上げていきます♪


今後もしばらくは、

アメリカの金融緩和が続く!!


 ことが決定されましたから、


アメリカ経済、世界経済にとっても、

『景気回復期』が続いていくことになります♪



また、『為替』についても、

アメリカの巨額金融緩和は、

アメリカ金利を低金利に保つことで、

 → 『ドル安/円高』に働きます。


そこで今後、徐々に、

アメリカ金融緩和を縮小していく!!

 ことになりましたから、

アメリカの金利は、上昇傾向になりますから、

 → 『ドル高/円安』に働いていきます。


実際、アメリカの金利は、すでに上昇!!してきており、

長期金利の指標となる、

『アメリカ10年国債利回り』をみると、、


2012年〜2013年上半期までは、

 → 『1.5〜2.0%』
ぐらいでしたが、

 → QE3が終わりそうだ!!

 となったため、
 
 → 金利が一気に!!上昇し、


2013年12月現在、

 → 『3%近く』まで上昇しております。


一方、日本の10年国債利回りは、2013年12月現在、

 → 『0.6〜0.7%』と、



※PR. 金持ちへの戦略を徹底分析!
 「打倒!金持ち父さん」のメインコンテンツ♪
  → 『戦略的金持ちへの道♪』




『非常に!!低金利』で推移しておりますから、


日米の『金利差』は、

 → 『2.5%』近くも!!あるのです。


日本よりも、アメリカの方が金利が高くなると、、、

 → 米ドルにした方が金利が高いからお得♪

 となり、

 → 日本円から、米ドルへ、

資金が流れやすくなりますから、

 → 『ドル高/円安』となるのです。


なので、今後、アメリカ金融緩和が終了すれば、

 → さらなる!!『ドル高/円安』が予測されます。

以上、

・金融緩和継続で、アメリカ経済の好景気は続きそう♪

・今後、『ドル高/円安』傾向が続きそう♪

 ということで、


・『日本株』にとっても、

 → 『プラス♪』に作用することになります。


なので、日本経済にとっては、

アメリカ金融緩和が、

急激に縮小されなかったことは、

よかったかもしれません♪


さて!!

2014年の日本株における、

今後の期待としては、

なんといっても!!

 → 『日銀の追加金融緩和』です。


参考:『日銀の巨額金融緩和を徹底分析!!


日銀は、

2013年4月に、

『巨額の金融緩和』を打ち出しましたが、、


日銀は、『140兆円規模』の緩和継続中♪

どうやら、、これまでのところ、

・インフレターゲット目標の『2%』

 は、達成困難です。。


日本の消費者物価指数は、

2013年4月には、

前年同期比 『−0.4%』だったのが、



2013年10月には、

 → 前年同期比 『+0.9%』
となっております。


まだまだ、『2%』には届いていないのですっ!!



また、

2014年4月には、

・『消費税増税』が控えておりますから、、


これは、インフレどころか、、

 → 『大きなデフレ圧力』となります。。泣


もちろん、アベノミクスで引き上げてきた!!

 → 日本経済の景気も、、冷やしてしまうことは確実!!です。。


なので、、おそらく、、

日銀や日本政府が、、

本気で!!

「アベノミクスで日本を変えるぞ!!」


 という意気込みであれば、、


日銀による『追加の金融緩和が必要不可欠』なのですっ!!


よって、本当に、日銀、政府が、

『アベノミクスに本気!!』なのであれば、、


2014年3月までに!!

 → 『日銀の追加の金融緩和』

 が行われることでしょう。


ここでやらなきゃ、

アベノミクスは、中途半端で終了となるのです。。泣


一方で、アメリカは、

『QE3』を少しだけ縮小する!!

 という形で、

リーマンショック後から、

せっかく立ち直りかけたアメリカ経済に、

水をささないよう注意して、

うまく金融緩和から徹底し始めました♪


2013年の株式市場は、

金融緩和縮小の動向に、

かなり、警戒していただけに、

FRBは、うまくやった!!と思います♪


やはり!!アメリカは、

 → 「金融政策がうまいな〜!」と感じました♪


どうか、これを受けて、

日本の政治も、うまく立ち回ってほしいと思います。


2014年の日本には、

アベノミクスの成功に向けて、、

・『日銀の追加緩和』


日本の産業空洞化のストップ!!

日本の雇用を守るために!!

日本国内への企業投資を呼び戻すために!!

・『法人税の大幅減税』

 に期待したいと思います。



最後に、『円安』については、

アメリカの金融緩和縮小スピードが、

どうやら、『ゆっくり♪』になりそうなので、、



『本格的な円安』は、

 → まだまだ先!!
だと思います。

参考:『長期的に確実に!円安へ進む理由


よって、『急激な円安』が進むことは、考えにくく、

むしろ、アメリカの金融緩和が、しばらく続くということで、

『100円〜110円前後』の水準が続きそうですね♪


よって!日本円に価値が高い♪

今のうちに!!

優良な外国資産を仕込んでおく』チャンスだと思います♪


『長期的な円安シナリオ』に変化ありません!が、

外貨建て資産を仕込んでおく、

猶予期間をくれたカタチだと思います!


日銀の次の手が楽しみです♪



よって、我々投資家としては、、

・近い将来、円安になること

 を想定して!!


投資戦略を打っていかねばならないと思います♪


おっさんとしては、、

・米国株投資の継続

 → 『米国株特集

・FX投資(トラリピ)の再開

参考:『トラリピ投資法』『トラリピ収益グラフ

 にて手を打ってあります♪


個人投資家の皆様、

今後、ドル円相場が大きく動いてきそうです。


是非、ご一緒に、準備をしていきましょう!!


オススメコンテンツ♪

外国通貨建て資産へ投資する!

おっさんのトラリピ中長期投資法♪

外国株・FXへ投資しよう!

インフレ徹底対策本部へようこそ♪

日本経済暴落保険

アベノミクスを活かした資産運用戦略♪



今後も、

『円安投資戦略』

『長期的な円安を想定した資産運用戦略♪』


 を特集していきます!!


個人投資家の皆様、まずは!!

銀行預金など、日本円ベース資産から見直して下さいね♪



最後に、おっさんは、個人的に、

2014年は、さらなる円安が進む!!

 と予測しております♪


また、同時に!!

『中長期的な円安』を予測しております♪


なので、『大きな投資テーマ』として、

「今後、円安になる!!」

 ことを念頭に♪投資しております。


そのため、休止していた。。


『トラリピFX投資』を再開しました!!


『米ドル買い+日本円売り♪』のポジションで、


大きな利益を継続して上げられる♪


 と考えております。


そのため、今後の5年間は特に!!

 → FX投資が熱い!!
と思います。

参考:『賢明なる投資家のためのFX投資



スポンサード リンク

※日本発!!の金融危機が起きる前に!!

 → 今こそ!!個人金融資産の『インフレ対策♪』が必要不可欠ですっ!!

 →『日本人のための『インフレ対策』徹底!!特集

 →『外国通貨建て資産へ投資する!!ということ。



おっさんは、

「打倒!金持ち父さん」を通じて、、

微力ながら、、早、6年にわたって!!


力の限り全力で!! 情報発信してまいりました♪



『日本人総投資家プロジェクト』は、その集大成です!!

どうか、

お読み頂き♪

そして、投資を通じでご参加頂き♪

さらに!!

・ご友人
・ご家族

 といった、身近な人へご紹介頂き♪

行動にうつしていこうではありませんか!!


We can change our Japan!!

日本の繁栄をもう一度!!



datou68 at 00:30│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote 日本経済・政治 | 円安投資戦略
プロフィール
おっさん

公式運営サイト♪
『打倒!金持ち父さん』

金持ちになってから『世の中金じゃない』と、言ってやろう!
中国株・日本株・米国株・FX
などを中心に、
戦略的に金持ちになる為
のサイトです♪
運用利益1000万円突破!!

おっさん


『初めて!!ご訪問の方へ♪』

『注目!おっさんの運用成績』
スポンサード リンク
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: