2013年12月23日

アメリカの金融緩和がついに縮小!米国株、アメリカ経済はどうなるか?徹底分析!〜アメリカ不動産市場復活は続くか?〜



〜アメリカの金融緩和がついに縮小!!米国株、アメリカ経済はどうなるか?徹底分析!!〜


2014年1月から、

ついに!!

『アメリカの金融緩和』が縮小される!!

 ことになりました♪

参考:『アメリカの金融緩和がついに縮小!株式、円安はどうなる?


今回は、

アメリカの金融緩和縮小を受けて、

『今後のアメリカ経済がどうなるか??』

 取り上げていきます♪



まずは!!

アメリカの金融緩和政策の変化をみてみましょう。


・『QE3』 2012年9月〜2013年12月

『月額850億ドル』規模の住宅証券、米国債購入

(月額9兆円ぐらい)


・New 『QE3』 2014年1月〜

『月額750億ドル』規模の住宅証券、米国債購入

(月額8兆円くらい)


 となりました。


ポイントは!!

今回の金融緩和縮小は、

 → 『縮小規模が小さい♪』

 → 『金融緩和はしばらく続く♪


 ということです。


「金融緩和を縮小するぞ!!!」

 といっても、

『100億ドル(1兆円)』しか減ってないのです!!


なので、、

2014年も、

・『毎月8兆円』の金融緩和は続く!!のです。


年換算すると、、

 → 『1年で100兆円規模』の金融緩和となります。


日銀が、2013年4月から実行している!!


日本にとって、未曾有の『巨額の金融緩和規模』は、

 → 『140兆円』ですから、


アメリカの金融緩和は、縮小したといっても、

『年間100兆円』ですから、、


 → 依然として!巨額の規模なのです。


まあ、アメリカのGDP規模は、

『約1600兆円』ですから、


『日本の596兆円』と比較すると、、

 → アメリカは『約3倍』のGDP規模なので、


その点は、割り引かなくてはなりませんが、

巨額!!なことにに変わりありません。


とにかく、アメリカも、

・巨額規模の金融緩和は、続いているよ!!

 ということですね♪


そして、今後、

FRBが最も!!注意していくことは、、


※PR. クレジットカードで得をしよう!
  → 『クレジットカード利殖法♪』




せっかく、

回復してきた♪アメリカの景気を、

金融緩和の縮小ペースを早める!ことで、

 → 冷やしてしまうことです。。


FRBは、『QE3』の再縮小ペースを、

「明言していない!」ことから、

 → 急ブレーキは、踏まないよ!!

 という意思表示を感じますね♪


特に!!FRBが警戒していることは、


金融緩和を一気に縮小させることで、、

 → 『アメリカの金利が急上昇!!』


 してしまうことだと思います。



アメリカの金利が急上昇してしまうと、、

 → 『住宅ローン金利』が急上昇して、、


せっかく回復してきた、

アメリカの住宅市場へ、

『冷や水』を浴びせてしまいます。。泣



アメリカの住宅価格指数である、

『S&Pケースシラー住宅価格指数』をみると、、

リーマンショック以降、下がり続けてきた。。

アメリカのケースシラー住宅価格指数は、

2013年にようやく!!

 → 『前年比+10%』
ぐらいまで、

回復してきております♪


「アメリカの不動産が回復してきた!!」のは、


リーマンショック以降、

FRBが、

巨額の金融緩和政策を続けてきたことにより、


『アメリカの金利が低金利』に抑えられ、

 → 『住宅ローン金利』が低く抑えられてきた♪

 からです。


しかしながら、、


アメリカ経済の景気が回復してきていることで、

 → アメリカの金利は上昇傾向にあります。


長期金利の指標となる、

アメリカの『10年国債利回り』をみてみると、、


2012年〜2013年上半期までは、

 → 『1.5〜2.0%』ぐらいでしたが、

 → QE3が終わりそうだ!!

 となったため、

 
 → 金利が一気に!!上昇し、


2013年12月現在、

 → 『3%近く』まで上昇しております。


リーマンショック前は、

アメリカの『10年国債利回り』は、

 → 『4〜5%』ぐらいありましたので、


FRBによる強力な!!金融緩和により、

 → ここ最近は、『1.5〜2.0%』にまで、

低金利で♪抑えられてきたのですね。


さて、

アメリカ国債金利が上昇してきている!!

 ということで、当然ながら、、


アメリカの『住宅ローン金利』も上昇傾向で、


30年固定型の住宅ローン金利をみると、

2013年5月〜6月にかけて、

わずか!!『1カ月』で、

 → 金利が『0.63%』も上昇し、

 → 全米平均で『3.98%』となりました。



これは、1年2カ月ぶりの高水準です。。


当然、住宅ローン金利が上がれば、

 → 支払額が増加する!!わけですから、、


・ローンを組める人も減りますし、

・住宅を買う人も減ることになりますから、

 → 不動産価格が下落する!!

『強い圧力』となるのです。


アメリカ経済にとって、

不動産市況の動向は、とっても大切です。



アメリカ経済において、

住宅関連全体の生産額は、

(家具などの耐久消費財を含む)

 → 『GDP全体の20%』も占める!!のです。


なので、アメリカ経済にとって、

不動産の復活!!による、

経済波及効果は、とっても大きいのです。


つまり、

アメリカ経済の復活には、

アメリカの住宅市場の『継続的な好転』が必要不可欠!!

 であり、


FRBとしては、

リーマンショック後、

 → 巨額の金融緩和を行い、

ようやく!!住宅市場が好転してきた♪

 ところですから、

2014年以降、金融緩和から本格撤退する際にも、

これを冷やさないように!!

注意して、撤退していくことでしょう♪


以上をまとめると。。

2014年以降、

アメリカの金融緩和政策は縮小傾向となりますが、、

・アメリカの『長期金利』が急上昇しないか??

(アメリカ10年国債金利に注目♪)


それにより、

・アメリカ経済の景気回復がしぼんでしまうのか?

・アメリカの不動産市場の好転はつづくのか?


今後も注目していきましょう!!


おそらく、FRBとしては、

米10国債金利が、

『1.5% → 3%』
まで、

上昇してきておりますから、

2014年以降は、

金利が急上昇しないように注意して、

少しずつ、金融緩和を縮小していくことでしょう♪


なので、

2014年の米国株も、引き続き♪

株式市場にとっては、心地よい相場が続きそうですね!!


我々、個人投資家としては、

・米国株が上がってしまう前に!!

・『本格的な円安』になってしまう前に!!


しっかりと、

 → 米国株へ資産を分散しておきたいところです♪


参考:『米国株特集



※日本円に価値がある!!今のうちに♪


『外国通貨建て資産』への投資を、

実行しておく!!チャンスだと思います♪


参考:『外国通貨建て資産へ投資するということ♪


アメリカの金融緩和縮小決定!!により、


・株式相場、為替がどう動いていくのか?

・2014年の日本株はどうなるのか??

参考:『日銀の巨額金融緩和を徹底分析!!


今後も、徹底分析していきますっ!!



個人投資家の皆様、

今後、長期的にみれば、『ドル円相場』が大きく動いてきそうです。

「今後、円安になる!!」

 ことを念頭に♪投資していくことが必要です。



是非、ご一緒に、準備をしていきましょう!!


オススメコンテンツ♪

外国通貨建て資産へ投資する!

おっさんのトラリピ中長期投資法♪

外国株・FXへ投資しよう!

インフレ徹底対策本部へようこそ♪

日本経済暴落保険

アベノミクスを活かした資産運用戦略♪



今後も、

『円安投資戦略』

『長期的な円安を想定した資産運用戦略♪』


 を特集していきます!!


個人投資家の皆様、まずは!!

銀行預金など、日本円ベース資産から見直して下さいね♪



スポンサード リンク

※日本発!!の金融危機が起きる前に!!

 → 今こそ!!個人金融資産の『インフレ対策♪』が必要不可欠ですっ!!

 →『日本人のための『インフレ対策』徹底!!特集

 →『外国通貨建て資産へ投資する!!ということ。



おっさんは、

「打倒!金持ち父さん」を通じて、、

微力ながら、、早、6年にわたって!!


力の限り全力で!! 情報発信してまいりました♪



『日本人総投資家プロジェクト』は、その集大成です!!

どうか、

お読み頂き♪

そして、投資を通じでご参加頂き♪

さらに!!

・ご友人
・ご家族

 といった、身近な人へご紹介頂き♪

行動にうつしていこうではありませんか!!


We can change our Japan!!

日本の繁栄をもう一度!!



datou68 at 00:30│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote 米国株 | 円安投資戦略
プロフィール
おっさん

公式運営サイト♪
『打倒!金持ち父さん』

金持ちになってから『世の中金じゃない』と、言ってやろう!
中国株・日本株・米国株・FX
などを中心に、
戦略的に金持ちになる為
のサイトです♪
運用利益1000万円突破!!

おっさん


『初めて!!ご訪問の方へ♪』

『注目!おっさんの運用成績』
スポンサード リンク
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: