2013年11月30日

ソフトバンク(9984)投資徹底分析 ソフトバンクのスプリント再建戦略とは? 〜スプリントは、アメリカ1位の高速LTEネットワークを作り上げる!!〜



今回も!!ソフトバンク徹底分析です♪


前回に引き続き、

「ソフトバンクのスプリント買収は成功するか??」

分析していきましょう♪

参考:『スプリント分析その1



アメリカの携帯電話市場をみてみます。

シェア

ベライゾン    32%
AT&T     30%

スプリント    16%
T−Mobile 10%


アメリカの携帯市場は、上位2社の寡占市場

スプリントは、アメリカ第3位の携帯電話会社


契約数

Verizon 1億1000万
AT&T    1億500万

スプリント    5600万
T−Mobile 3300万

ソフトバンク+スプリント
         9600万


ドコモ      6100万
AU       3600万
ソフトバンク   3900万


ソフトバンクと合計すれば、、

アメリカ2強のベライゾン、

AT&Tに肩を並べる水準
となります。


売上高

チャイナモバイル 3.3兆円
ベライゾン    2.8兆円
ソフトバンク+スプリント
         2.5兆円

AT&T     2.5兆円
ボーダフォン   2.4兆円 
ドコモ      2.1兆円


売上高だと、、

ソフトバンク+スプリントは、

世界3位の売上高
を誇ります♪


このように、、

アメリカの携帯電話市場は、、

ベライゾン、AT&Tの『2強体制』です。。


スプリントの現状は、

かなり厳しい!!状況
なのにもかかわらず、、


孫さんは、どうして??

アメリカ市場に突撃した!!のでしょうか??


それは!!



※PR. 金持ちへの戦略を徹底分析!
 「打倒!金持ち父さん」のメインコンテンツ♪
  → 『戦略的金持ちへの道♪』





アメリカの携帯電話市場は巨大であり、

将来性が見込めるからです♪



日本の携帯電話契約者数は、

 → 『1.4億人』ですが、、


アメリカの携帯電話契約者数は、

 → 『3.5億』

 と、2倍以上!!あります。


また、日本市場は、今後、

人口低下により縮小していくことも予測されます。。泣



〜世界のスマートフォン稼働台数〜

アメリカ  1.7億台
中国    1.3億台
日本   4000万台
イギリス 3000万台
韓国   3000万台 


アメリカは、

スマートフォン最先進国であり、

今後も、巨大な成長市場としてあり続ける♪


〜アメリカは、ARPU世界一♪〜


※ARPU 

 → 通信事業における、
   加入者一人あたりの月間売上高


アメリカ 4454円
日本   4330円

ブラジル 1057円
ロシア   926円
中国    825円


日本と同様、

消費者が携帯電話にお金を払ってくれる市場♪



〜アメリカは、ポストペイド比率が高い〜

日本   99%
アメリカ 78%
ブラジル 19%
中国   19%
ロシア  15%


アメリカは、高いポストペイド率であり、

日本同様、信用決済が浸透している。

日本は、ほぼ100%ポストペイドなんですね〜♪

確かに、プリペイド(前払い)携帯って、みなくなりましたね!笑



〜アメリカの弱点〜

モバイル実行速度 2011年

日本   2.0Mbps
イギリス 1.5Mbps
オーストラリア 1.4Mbps
イタリア 1.1Mbps
アメリカ 1,1Mbps

アメリカの通信速度は、まだまだ遅い!!です。。。


日本は、LTEで先行しており、

ソフトバンクは、

LTE網の構築にノウハウがありますから、

アメリカで高速ネット環境を、

低コストで作り上げる!!

自信があるのではないでしょうか?



このように、、

アメリカ携帯電話市場の特徴として、

・巨大市場でスマートフォンが急成長している。
・高いARPU、決済はポストペイド中心
・まだまだ通信速度が遅い
・2社の寡占市場

 が挙げられ、、


アメリカでは、まだまだ通信速度が遅いことから、


スプリントが高速ネット環境を整備する!!

 ことで、、


上位2社の寡占市場を打破できるのではないか??

 と、孫さんは、考えたのではないでしょうか?



〜アメリカ携帯市場におけるスプリント〜

契約者数      5640万
ポストペイド 3位 3300万
プリペイド  2位 1500万
売上高 3位   340億ドル
ARPU成長率1位 +7.4%


スプリントの業績は、再建中です。。

2013年第3四半期累計

EBITDA +43億ドル

EBITDAでは、黒字になっていますが、

設備投資が巨額のため、

純利益レベルで、

継続的な黒字化するのは、まだまだ先でしょう。。


先日、スプリントには、

ネットワーク強化、財務体質強化を行うために、

ソフトバンクから増資資金が、

 → 『6240億円』が投入されました!!


孫さんは、スプリント戦略として、

・ネットワークの改善
・営業費用の削減
・端末調達コストの削減
・営業の強化

 を挙げています。


特に、ネットワークの改善は急務!!であり、

スプリントは、

LTEのインフラ整備を急ぐため、

今後2年間で、

『1兆6000億円』もの巨額投資
を進めていきます。


スプリントのLTE整備状況ですが、

スプリントは、2013年10月、

LTEの新サービス、

『スパーク』を始めたと発表しました。


データ通信速度は、既存のサービスに比べて、

 → 最大で『約2倍』♪

競合他社と比べても、

遜色ない速度のサービスを提供することで、

加入者の減少に歯止めをかける狙いです♪


さらに!!

2013年7月に完全子会社化した、

 → 米クリアワイヤが保有する、『2.5GHz帯』

スプリントが、

現在LTEサービスに利用している、『1.9GHz帯』


新たにLTEに割り当てる、『800MHz帯』

以上の『3つの周波数帯』を組み合わせて利用する!!ことで、


2015年末までに、

通信速度を、

 → 『150M』にする計画です♪


『150M』といったら、驚きの速さですね!!


家庭で使用している、光ファイバーよりも早い速度です♪


ソフトバンクは、

現状は、厳しいスプリントに、

・『月80ドルの使い放題プラン』
・『家族割引プラン』


 で、囲い込みマーケティングを行い、


巨額投資で、通信インフラの改善を図り、

・アメリカで1番の高速通信

 を築きあげれば、、


スプリントが、上位2社に切り込んで!!

 → 日本のような成功を達成できる♪


 という戦略なのでしょう!!


スプリントの再建が成功すれば、

ソフトバンクにとって、

スプリントは、高収益の柱へと成長することでしょう♪


いずれにしろ、

スプリントの業績は、しばらく赤字が続き、

ソフトバンクの戦略結果が出るのは、

今後、2年間程度の時間が必要だと思います♪


楽しみに応援していきたいと思います!!




スポンサード リンク
※日本発!!の金融危機が起きる前に!!

 → 今こそ!!個人金融資産の『インフレ対策♪』が必要不可欠ですっ!!

 →『日本人のための『インフレ対策』徹底!!特集

 →『外国通貨建て資産へ投資する!!ということ。



おっさんは、

「打倒!金持ち父さん」を通じて、、

微力ながら、、早、6年にわたって!!


力の限り全力で!! 情報発信してまいりました♪



『日本人総投資家プロジェクト』は、その集大成です!!

どうか、

お読み頂き♪

そして、投資を通じでご参加頂き♪

さらに!!

・ご友人
・ご家族

 といった、身近な人へご紹介頂き♪

行動にうつしていこうではありませんか!!


We can change our Japan!!

日本の繁栄をもう一度!!



datou68 at 18:56│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote ソフトバンク投資分析 | 優良投資情報
プロフィール
おっさん

公式運営サイト♪
『打倒!金持ち父さん』

金持ちになってから『世の中金じゃない』と、言ってやろう!
中国株・日本株・米国株・FX
などを中心に、
戦略的に金持ちになる為
のサイトです♪
運用利益1000万円突破!!

おっさん


『初めて!!ご訪問の方へ♪』

『注目!おっさんの運用成績』
スポンサード リンク
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: