2014年01月

2014年01月28日

法人税減税でアベノミクスは必ず成功する! 法人税25%で日本経済復活へ♪ 日本に工場が戻り、賃上げの嵐がやってくる。



〜法人税減税、『法人税25%』で日本経済は必ず復活する!!〜




安部首相は、

スイスで行われたダボス会議の基調講演にて、

「本年、さらなる法人税改革に着手する」

 と述べ、

成長戦略の推進を国際的に公約されました。


また、『法人税の体系』について、

「国際相場に照らして、

 競争的なものにしなければならない」

 と明言されました。


さらに、

『脱デフレ』に向け、

企業減税が、

賃上げや設備投資に波及するよう、

「異次元の税制措置を断行する!!」と訴えました。


安部首相は、すでに、

短期的には、

法人税減税に見合う規模の『財源確保』に

 → こだわらない!!
考えを示唆しております。


当サイト、「打倒!金持ち父さん」でも、

アベノミクスの成功には、

 → 法人税減税が欠かせない!!


 と訴えてきました。

参考:『日本企業復活には法人税減税が必要
法人税で取り残される日本』 『法人税値下げが主要国で加速!


今回こそは!!

『法人税減税』が期待できるかもしれません♪


法人税減税を行うには、

強力な!!抵抗勢力が存在しますから、、

安倍首相ぐらい、支持率が高く、力のある首相でないと!!

 → 断行することは困難である!!

 と思います♪


皆で、安倍総理を応援しましょう!!


安倍総理は、

・国際相場に照らして競争的なもの

・異次元の税制措置を断行する!!

 と発言されましたが、


法人税をどれくらいまで下げてくれるのでしょうか?


現在の日本の法人税は、

 → 『38%』です。



2014年4月からは、

復興特別法人税の前倒し廃止に伴い、

 → 『35%』になります。


しかしながら、、

『法人税35%』というのは、

国際水準と比較してまだまだ高い!!のです。。泣


それでは!!

日本よりも、法人税が低い各国と比較してみましょう♪

※PR. 個人投資家に新たな収益源誕生!
  → 『トラリピFX中長期投資法♪』

続きを読む

datou68 at 18:30|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote 日本再生計画♪ | 日本経済・政治

2014年01月27日

日本航空(JAL) vs 全日空(ANA)投資分析♪ どちらの株主になりたいですか? 〜会社更生法で日本航空は完全に復活!!〜 配当金+株主優待利回りが高くNISA投資にも最適♪ 日本株の優良株



〜日本航空 vs 全日空投資分析♪配当+株主優待利回り高くNISA投資にも最適です!〜




JAL株 vs ANA株徹底分析2016♪JAL株への投資をオススメする!4つの理由



2014年3月30日から、

『羽田空港の拡張』に伴い、

羽田空港の国際線が『31便』増えます!!


この発着枠の『配分』において、

国土交通省は、

全日本空輸(ANA)に、

 → 『11枠』配分する!!
一方で、


日本航空(JAL)には、

 → 『5枠』にとどめました。。



都心に近く、利便性が高い羽田空港♪


羽田空港の発着枠は、

航空会社にとって、

 → 『ドル箱』と呼ばれております♪


羽田の発着枠をめぐる争いは、

2012年秋の国内線枠の配分時にも起きており、


そのときも、

全日空『8枠』に対して、

・日本航空は『3枠』しか与えられてませんでした。




通常なら、

『航空大手2社』に同数が配分される!!

 ところですが、


連続して!!

 → 全日空が優遇された♪のは、


公的支援を受けながら経営再建した!!

 → 『日本航空』と、


自力で破綻せずに頑張ってきた!!

 → 『全日空』との間で、


業績が大きく開いた!!ため、

その『穴埋め』として、

『権益』ともいえる発着枠が使われたのだ!!

 といわれております。


羽田の国際線は、

・1便につき『年間10億円』の利益をもたらす♪

 といわれております。


今回、全日空は、

日本航空よりも『6便』多く得ており、

・年間『60億円』の営業利益

 を、より多く全日空にもたらす!!

ことになり、国交省が配慮したのでしょう♪


しかしながら、、

全日空幹部は、

たった『6便』の違いでは、満足していないようです。。


日本航空が再建して以来、

全日空との純利益の差が、

『1000億円以上』も開いていおり、



JALと『競争条件』が違い過ぎて、

 → 到底勝負にならない!!
というのです。。


日本航空がどう変わったのか?

全日空と、日本航空の比較をしてみましょう♪



※PR. クレジットカードで得をしよう!
  → 『クレジットカード利殖法♪』

続きを読む

datou68 at 18:46|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote 日本株 

2014年01月26日

金持ちへの戦略8「人的資本への投資戦略」



金持ちへの戦略その7 あなたの人的資本を計算してみよう♪』にて、

 → 人的資本を高める!!

 ことの重要性について取り上げましたので、


今回は、より具体的に、

そして戦略的に『人的資本への投資』について考えていきましょう♪


一般的に、「自分への投資」というと、

・エステに行くことや、

・ブランド品を買うこと など、

『自分へのご褒美的なモノ』にお金を使いがちですが、、泣


経済的に考えれば、

 → それらは単なる『贅沢』であって、

 → 『投資』とは、決して呼べません。。



『贅沢』をする!!のであれば、

『その分』を株式投資などの金融資産への投資に当てた方が、

何年も早く!!経済的自由を獲得する♪ことができますから、

皆様、しっかりと自制していきましょう♪

(もちろん、おっさんを含めて。。(笑))


それでは、気を取り直して、

「どのような『人的資本』に投資していきましょうか?」

これに対しても、

ただがむしゃらに資格を取りまくるのではなく、

株式投資をするように、

戦略的に投資していかなければなりません。


『人的資本』への投資は、『時間』と『お金』を必要とします。


もちろん、長期的な思考で、

金融資産への投資と天秤にかけて


よりパフォーマンスが高くならなければ、投資する理由がありませんから、

しっかりと戦略を立てていきましょ う♪


どんな『人的資本』に、

勉強に、資格に、時間にとお金を投資していくか?

 についても、投資家としての腕の見せ所なのですから。。

我々は、

人的資本への投資に対しても、

金融資産への投資に対しても、

冷静に投資家として決断を下さねばならないのです。


現在、『先進国の若者』は、

皆、当たり前のように『大学へ進学』しますが、

 → 何故でしょうか?

※PR. 金持ちへの戦略を徹底分析!
 「打倒!金持ち父さん」のメインコンテンツ♪
  → 『戦略的金持ちへの道♪』

続きを読む

datou68 at 21:23|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote 金持ちへの戦略 

2014年01月25日

金持ちへの戦略7「あなたの経済的価値はいくらですか?」 人的資本の向上が金持ちへの近道



〜資産形成の初期段階では、人的資本の向上が金持ちへの近道♪〜



戦略その5 貯金ではお金持ちになれない!』にて証明した通り、


資産形成の『初期段階』においては、

 → 「毎年、どれだけ多くの金額を投資できるか?」

 が勝負!!となります。


・毎年、どれだけの投資資金を投資できるか?


自分が稼いできたお金の中から、

 → どのくらいの『資金』を、

 → 不労所得を伸ばしていくために『投資』できるのか?



これが、

我々の持つ『最大の課題』です。


『投資額』をどう増やしていくのか?


この答えは簡単!!で、

金持ちへの戦略その6』の『金持ちへの方程式』を参照すると、


・頑張って!『収入』を増やすか、

・節約して!『支出』を減らすかのどちらかです。


そこで今回は、

「収入を増やしていく!!」ことを考えるために、

我々が持っている♪

 → 『最大の!!資産』である、

 → 『人的資本』について考えてみましょう♪



※PR. 金持ちへの戦略を徹底分析!
 「打倒!金持ち父さん」のメインコンテンツ♪
  → 『戦略的金持ちへの道♪』

続きを読む

datou68 at 17:38|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote 金持ちへの戦略 

2014年01月24日

マネックス証券が米国株に本気!!〜米国株へ投資するならマネックス証券が最強である!!理由とは〜 米国株投資



〜米国株へ投資するならマネックス証券が最強である!理由とは?〜



当サイト、

打倒!金持ち父さん」では、

 → 『米国株投資特集』にて取り上げているとおり、


今後の『2010年代』は、

 → 『米国株』が最も有望である!!


 と評価しております♪


(※マネックス証券米国株投資がいかに優れているのか??
  → 
早く知りたい!!方は、『当ページの後半』をお先にお読みください♪笑)


さらに!!

海外優良資産へ投資しよう!!』のページにて特集しましたが、

おっさんは、

すべての日本人は、

 → 『外国株』へ投資する!!べきである♪


 と考えております。


おっさんは、

『2005年』から

 → 米国株へ投資
しておりますが、

参考:『おっさんの投資先企業』『おっさんの運用成績


2005年当時は、

・『米国株へ投資できる!証券会社

 が、そもそも!!少なかったですし、、泣


米国株投資の『手数料』も高かった!!ですし、、

・投資できる『銘柄数』も少なかったですし、、

・米国株の『最低取引単位』も大きかったので、
 
『数十万円以上』は!!

 → 投資資金が貯まらないと、

投資できませんでした、、泣


・『特定口座』は、

 → 外国株は対象外!!


 でありましたから、

 確定申告が毎年大変でした。。泣


打倒!金持ち父さん」では、

 『米国株へ投資できるネット証券』のページにて、

3社のネット証券』をご紹介しておりますが、


最近になって!!

「米国株に本気の!!ネット証券」が出てきました♪

それは!!

 → 『マネックス証券』です♪


今回は、

マネックス証券が最強である理由を徹底分析していきます♪


マネックス証券は、松本大CEOがひきいる!!

 → 日本を代表する!!ネット証券です♪


松本大CEOは、

世界一の投資銀行である、

ゴールドマンサックス証券で、

 → 『バリバリの金融マン』

 をされていた経歴があることから、

我々、個人投資家の気持ちをよく理解されております♪


現在、我々日本人は、

※PR. 金持ちへの戦略を徹底分析!
 「打倒!金持ち父さん」のメインコンテンツ♪
  → 『戦略的金持ちへの道♪』

続きを読む

datou68 at 19:54|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote 米国株 

2014年01月23日

アマゾン(AMZN)投資分析 アマゾンの株価分析 時価総額から考えるアマゾン株価分析 〜アマゾンの時価総額18兆円は割安である♪〜 米国株の優良株


〜アマゾン(AMZN)投資分析 アマゾンの時価総額18兆円は割安か?〜



今回は、米国株の優良株特集です♪

おっさんも投資している!!米国株である、

『アマゾンドットコム(AMZN)投資分析』です♪


参考:『キンドルのビジネスモデル分析』『アマゾンプライム分析』『アマゾン時価総額分析
 『アマゾンがネットショップの王様である理由』『アマゾンの独占力分析

 『キンドルが電子書籍ランキング1位である理由』『アマゾン株価分析


前回は、PERと純利益率で株価分析を行いましたが、

参考:『PERと純利益率で考えるアマゾン株価分析♪


今回は!!

『アマゾンの時価総額』に注目して!!

アマゾンドットコム(AMZN)の株価分析を行います♪


アマゾンは、

世界的な優良企業で、

『世界13か国』に展開!!しており、

あまりにも!!巨大な企業でありますが、


それでも、

まだまだ!!『成長中』の企業であり、

いわゆる、

・『成長株』であります。


なので、一般的に、

『PER』では、

株価が高いのか?

株価が安いのか?

なかなか判断できません。。


アマゾンは、

『毎年20〜30%』も!!

売上げを増やしながら、成長
しておりますし、


圧倒的な!!『独占力』を持つ企業です♪


なので、

株式市場での評価も高く、

『PER=20台』など、

割安な株価水準で、

投資するチャンスがほとんどない!!
です。。


2014年1月現在のアマゾンの株価水準は、

・時価総額 18兆円
・株価   400ドル


 ですが、


今回は、アマゾンの企業価値として、

株式市場でつけられている、

 → 『時価総額=18兆円』


 に注目して!!株価分析してみましょう♪



それでは、時価総額を『視点』にして、

世界の企業と比較してみましょう♪

時価総額ランキング

・アップル    48兆円
・グーグル    38兆円
・マイクロソフト 30兆円

・ジョンソン   26兆円
・ウォルマート  24兆円
・トヨタ自動車  22兆円

・アマゾン    18兆円

・フェイスブック 14兆円
・ソフトバンク  10兆円
・ユニクロ     4兆円
・セブンイレブン  4兆円
・楽天       2兆円


いかがでしょうか??


『18兆円』と聞くと、、

とんでもなく!!割高なイメージがしますが、、笑



時価総額ランキングをみると、、

そうでもない!!ですよね??



おっさんとしては、

今後、

アマゾンが利益を出す!!ようになれば、、

 → 株価がもっと成長してもいいように感じます♪


何故ならば!!

※PR. お金持ちへの道へ!!
 確実に!!到達しよう♪
  → 『賢明なる買いもの投資♪』

続きを読む

datou68 at 18:00|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote アマゾン投資分析 | 米国株

2014年01月22日

アマゾン(AMZN)投資分析 アマゾンの株価分析 時価総額から考えるアマゾン株価分析 〜アマゾンの時価総額18兆円は割安である♪〜米国株の優良株


〜アマゾン(AMZN)投資分析 純利益率5%とPERでアマゾンを株価分析〜



今回は、米国株の優良株特集です♪

おっさんも投資している!!米国株である、

『アマゾンドットコム(AMZN)投資分析』です♪

参考:『キンドルのビジネスモデル分析』『アマゾンプライム分析
 『アマゾンがネットショップの王様である理由』『アマゾンの独占力分析

 『キンドルが電子書籍ランキング1位である理由』『アマゾン株価分析


今回は、アマゾンドットコム(AMZN)の株価分析を行います♪


まずは、最近のアマゾンの決算をみてみましょう!!


売上高

2010年 342億ドル

2011年 480億ドル

2012年 610億ドル

2013年 749億ドル
(予想)

2014年 910億ドル
(予想)


アマゾンは、

『年率+20〜30%』の勢いで成長中です♪


2010年12月 

売上高 342億ドル

営業利益 14億ドル

純利益  11億ドル


2010年は、少しだけ、利益を出しています。


2011年12月 

売上高 480億ドル

営業利益  8億ドル

純利益   6億ドル

2011年はかろうじて、利益が出ています。


2012年12月 

売上高 610億ドル

営業利益 6億ドル

純利益 −0.4億ドル

2012年は、巨額投資により、赤字転落しております。


営業利益率

2010年 4.1%

2011年 1.7%
 
2012年 1.1%


純利益率

2010年 3.36%

2011年 1.3%

2012年 −0.6%


直近である、

2013年7〜9月決算をみると、、

・売上高 『1兆6600億円』

 前年比 『+24%』

・利益  『41億円の赤字』


2013年度も、巨額投資で赤字となっております。。泣


アマゾンの株価水準

・時価総額 18兆円
・株価   400ドル



上記のとおり、

アマゾンは、利益を出そうと思えば、いつでも出せますが、

あえて!!成長を優先し、

『圧倒的な独占力』の獲得を最重視しております。


また、今後、キンドルを普及させていけば、

参考:『キンドルのビジネスモデル特集

さらなる利益率向上が期待できます♪


それでは、アマゾンの株価分析をしていきましょう♪

※PR. 金持ちへの戦略を徹底分析!
 「打倒!金持ち父さん」のメインコンテンツ♪
  → 『戦略的金持ちへの道♪』

続きを読む

datou68 at 20:20|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote アマゾン投資分析 | 米国株

2014年01月21日

電子書籍利用ランキング分析 キンドルが圧倒的な1位である理由♪ キンドルでアマゾンの利益率は上昇する! アマゾン(AMZN)投資分析 米国株の優良株



〜電子書籍利用ランキング分析 キンドルが圧倒的な1位である理由〜


今回は、米国株の優良株特集です♪

おっさんも投資している!!米国株である、

『アマゾンドットコム(AMZN)投資分析』です♪

参考:『キンドルのビジネスモデル分析』『アマゾンプライム分析
 『アマゾンがネットショップの王様である理由』『アマゾンの独占力分析

 『キンドルが電子書籍ランキング1位である理由


日本でも、

『電子書籍市場』が成長しております♪


『キンドル』など、

・『電子書籍リーダー』の普及や、

・『スマートフォン』

・『タブレット』の普及
により、

 電子書籍が急速に拡大しているのです!!


日本の『電子書籍コンテンツ市場規模』と、

今後の市場予測をみてみましょう。


2012年  『729億円』

2013年 『1010億円』

2014年 『1220億円』

2015年 『1530億円』

2016年 『1850億円』

2017年 『2390億円』


いかがでしょうか?


4年後には、

 → 『倍以上!!』の市場


 になる予測となっています♪


日本の書籍全体の市場は、

2012年 『1兆7000億円』であり、


現在、日本では、

『電子書籍比率』が、

 → 『5%弱』
ですが、


『5年後』には、

 → 『10%』が電子書籍の時代となるのです!!



ちなみに、電子書籍の普及が先行している!!

アメリカの電子書籍市場では、

2012年 『3000億円』

 → 前年比 『+44%』と、



アメリカでも、電子書籍が急速に!!伸びております♪


アメリカでは、既に、

書籍市場全体の『20%』が電子書籍となっており、


なんと!!

「5冊に1冊が電子書籍の時代」に突入しているのです!!


おそらく、日本でも!!

・電子書籍がさらに普及していく♪

 流れになるのではないでしょうか??


さて、電子書籍の世界では、

今後の成長市場を取ろうと!!

『電子書籍ストア』が乱立!!しております。。


インプレス社が2013年12月に発表した、

『電子書籍利用ランキング』調査では、


※PR. クレジットカードで得をしよう!
  → 『クレジットカード利殖法♪』

続きを読む

datou68 at 19:33|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote アマゾン投資分析 | Kindle(キンドル)の魅力♪

2014年01月20日

アマゾン(AMZN)投資分析 アマゾンは『独占力』をどう確立したか?アマゾンの『歴史』を振り返る♪ 〜アマゾンは、顧客の利益優先で成長中〜 米国株の優良株



〜アマゾン投資分析 アマゾンは独占力をどう確立したか?アマゾンの『歴史』を振り返る♪〜


今回は、米国株の優良株特集です♪


おっさんも投資している!!米国株である、

『アマゾンドットコム(AMZN)投資分析』です♪

参考:『キンドルのビジネスモデル分析』『アマゾンプライム分析
 『アマゾンがネットショップの王様である理由』『アマゾンの独占力分析



アマゾンは、圧倒的な!!競争力を持つ♪

『読書専用タブレット』である、

 → 『Kindle』を創り上げました♪

(日本では、2012年から発売)


現在は、まだまだ、

『Kindleの便利さ』に気が付いた、

『一部の先進的な人♪』から愛用されておりますが、


今後、数年も!!すれば、、

 → 『一家に一台 Kindle♪』

 という時代が来てもおかしくありません!!


それだけ価値があり、

圧倒的な競争力を持つ!!

『読書専用リーダー』だと思います♪


現在は、まだまだ、

『普及してきている!!段階』に過ぎませんが、

今後、Kindleが普及していけば、普及していく程!!

『ビジネスのルール』が変わり、

 → 書籍ビジネスの『根本』


 に大きな変化が出てくるでしょう。


それだけ、

「Kindleをあなどってはならない!!」

 と思います。


今後、『書籍ビジネス』のビジネスモデルにおいて、

 → 『革命!!』

 と呼べるほどの変化が起きていくのです。


『カメラ』の世界でいえば、、

『インスタントカメラ』が主流!!であった時代に、

 → 『デジタルカメラ』が登場したインパクト。



そして、街で『フイルム』が売られなくなり、、


その後、

『デジタルカメラ』が主流となった後に、、

 → 『スマートフォン』が誕生したインパクト。


 と、『同じ』だけ!!のインパクトを、


あと数年もすれば、、

『Kindle』は、歴史に残すことでしょう♪


つまり、『Kindle』には、

『ビジネスモデル』を変えてしまう、

『革命!!』と呼べるほどの力があるのです♪

参考:『キンドルのビジネスモデル分析


また、

『Kindle徹底分析』にてご紹介したとおり、

参考:『キンドルなら立ち読みし放題♪』、『キンドルには4000冊の本が入る♪
   『Kindle vs iPad比較』、『キンドルなら本が安い♪』『キンドルはiPhoneでも読める♪
   『キンドルの便利さ分析♪』『キンドルの賢い選び方♪』『タブレットならキンドルファイアHDX♪



我々、消費者にとって、

『Kindleを使うメリット』が、

 → 圧倒的に!!存在します。


なので、今後、『近い将来』、

Kindleで本を読むことが、

 → 『当たり前!!』の時代がくるはずです。


アマゾンは、

ただ、安価なタブレット端末を、

販売しているのではなく、

『書籍ビジネスの未来』を見据えて、

Kindleを創り上げたのです♪



今後、新たな時代において、アマゾンは、

 → 書籍ビジネスにおいて、

『圧倒的な!独占力』を保有していくことでしょう。



さて!!今回は、

『アマゾンの歴史』を分析していきます♪


アマゾンは、創業当時、


※PR. クレジットカードで得をしよう!
  → 『クレジットカード利殖法♪』

続きを読む

datou68 at 19:18|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote アマゾン投資分析 | 米国株

2014年01月19日

観光立国日本 2013年に外国人観光客1000万人突破!! 観光で日本経済復活へ!! 〜円安、法人税減税、カジノリゾート導入が日本経済を救う♪〜



〜観光立国日本 2013年に外国人観光客1000万人突破!観光で日本経済復活へ♪
   『円安』、『法人税減税』、『カジノリゾート導入』が日本経済を救う♪〜



今回も、『観光立国日本への道♪』を取り上げていきます!!

観光立国日本が日本を救う♪
2030年に年間3000万人の訪日観光客を目指す!
外国人観光客の2人に1人がドンキホーテを訪れる!
カジノ導入が観光立国日本への秘密兵器♪

 の続きです!


2013年に、

日本を訪れた外国人の総数は、

 → 『1125万4841人』
となり、


初めて!!

『年間1000万人』の大台を、

突破!!しました♪


・アベノミクスによる『円安効果♪』により、

日本への旅行が『割安♪』となり、


さらに!!

・東南アジア向けに『ビザを免除♪』

 したことで、

 → 訪日観光客が増加した!!のです♪


今後、もっと、もっと!!

外国人観光客が増えていくといいですね♪


観光立国日本まとめ

 にて取り上げましたが、


日本への外国人観光客が増え、

 → 日本を観光立国とする!!
ことで、


日本に『巨大産業』が生まれ、

・日本経済復活!!

・雇用改善♪


 につながると思います。


近年、日本への外国人入国者は、

・『リーマン・ショック』や、

・『東日本大震災』などによる、

 → 一時的な落ち込み。。

 はあったものの、


長期的には、増加傾向♪であり、

2013年は、

2012年と比べて、

 → 『+22.7%』増加
しました♪


それでは、

観光立国日本の現状と、

今後の課題を徹底分析!!していきましょう♪


※PR. 金持ちへの戦略を徹底分析!
 「打倒!金持ち父さん」のメインコンテンツ♪
  → 『戦略的金持ちへの道♪』

続きを読む

datou68 at 17:00|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote 観光立国日本 | 円安投資戦略
プロフィール
おっさん

公式運営サイト♪
『打倒!金持ち父さん』

金持ちになってから『世の中金じゃない』と、言ってやろう!
中国株・日本株・米国株・FX
などを中心に、
戦略的に金持ちになる為
のサイトです♪
運用利益1000万円突破!!

おっさん


『初めて!!ご訪問の方へ♪』

『注目!おっさんの運用成績』
スポンサード リンク
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: