2010年01月26日

アメリカから見た21世紀投資ポートフォリオ 〜アメリカの投資家ですら、アメリカ経済の地位低下を認め世界分散投資を実行しつつある!〜



WSJ(ウォールストリート・ジャーナル)より♪


最近、海外からの視点でも経済を勉強したい!!

 と考え、

WSJを読むようになりました♪


 といっても、、

英語版ではなく、、日本語版ですが、、笑


世界の金融中心地!!

アメリカ・NY
からの視点ですから、かなり勉強になりますね♪


〜「ポスト・アメリカ」の投資スタンス〜


WSJによれば、、

米国市場は、外国市場に後れを取っている。。


アメリカの投資家も、

ポートフォリオを改める時期が来ているいるのかもしれない。



誰でもそうだが、投資家もまた、

・ポスト・アメリカの世界

 に向けて、心の準備をする必要がある。。


過去1世紀にわたり、米国は、

他に大した挑戦者もなく、、

世界経済や世界の主要株式市場を牛耳ってきた!!



だが、それらすべても、

大方のアメリカ人が考えているより早く!!

 → 終わりを迎えるかもしれない。。。



オバマ大統領が再任される頃には、、


※FX投資するなら!!
 → ジャスダック上場&伊藤忠グループ♪
 → 手数料0円〜&1000円から投資デビュー♪の
安心♪信頼♪の『FXプライム』が絶対!オススメ!!







実質ベースでみても、、

米国が世界最大の経済大国である時代!!

 の最後の大統領になるかもしれない。。



中国の経済成長が早いですね。。

一方で!!日本は、

あと数年で、確実に追い抜かれます。。泣


最近の『ドル安』は、

背後にある大きな問題の象徴にすぎない。。


先行きを占うとされる株価をみてみよう。


2009年からこれまで、

米株式市場は、諸外国の市場に比べ後れを取ってきた。

これにより、

米株式市場に固執してきた!!アメリカ人投資家は、

チャンスを逸したことになる。。


2009年には、米株価は22%高となったが、

他の先進国の株式市場は、それ以上に上昇している。


ポートフォリオ分析サービス大手のMSCIバーラによると、

カナダとEAFE(欧州、アジア太平洋)先進国の株式市場は、

 → ドル建てで32%高となった。


一方で!!

ブラジル、中国でも株価が急騰し、

BRICインデックス(ブラジル、ロシア、インド、中国)は、

 → 『ほぼ倍の水準』に跳ね上がった。


海外市場の株価上昇の背景には、

2008年の経済危機の最悪期に、

海外での下落幅が米国より大きかったことがある。


しかし、

ここ10年の株価パフォーマンスは、

米国より新興国や多くの先進国に軍配が上がる。



投資業界では、残念ながら、、

米国の重要性は低下してきているのかもしれない。


ファクトセット・リサーチ・システムズのデータによると、

米企業は、

今では世界の主要市場に上場している企業の時価総額ベースで、

 → 『3割』を占めるだけだ。。

10年前は、

 → 『5割強』であった。



念のため確かめると、

他のデータはこれらの数字とは違う内容を示している。


世界で最もよく知られた指標では、

世界の株式時価総額に占める米国の割合は、

 → 『4割強』となっている。


だが、それらの指標は米国に偏っており、

新興市場に対して厳しい傾向がある。

世界の投資家に開かれていない市場を軽視したり、無視したりするのだ。

例えば、外人投資家に門戸が開かれていない、

中国のA株市場などがそうだ。


しかし、これらは一体投資家にとってどのような意味を持つのだろうか。


まず、新興国や欧州市場に焦って投資する必要はないということだ。


海外市場は、急激に高騰した!!ため、

現時点の水準では魅力的だとは思えない。

新興国市場は特にそうだ。


ファクトセットによると、

中国やインド株は、

 → 簿価や純資産価値の『平均3倍』の水準で取引されている。

つまり、既に!!

 → 『PBR=3倍』ということですね。。


新興国の株価は、

2006年から2007年にかけてのバブル期を除いて、

 → 近年で最も高い水準!!となっている。


ジェレミー・グランサム氏が創業した資産運用会社GMOは、

以前は新興国市場に対して強気な見方だったが、

現在では異なるアプローチを取っている。


同社の最新の中期予想では、

米国内の質の高い市場や先進諸国の国際市場に比べ、

新興国を市場としての魅力の点で、

 → 『やや下』に位置づけた。


次に、

米国市場の価値低下は、

投資活動にとって悪材料だというわけではない。


よく指摘されるように、


・経済成長率の高い国が、

 → 必ずしも最高の投資リターンを生み出すとは限らず、



成長率の低い国が最悪だというわけでもない。


それは、将来のキャッシュフローに対して、

どれだけ投資できるかにかかっている。


現時点では、

米優良株が投資家にとって最良だろう。


あまり上昇していない、アメリカの優良企業は、

相対的に、割安だろうということですね♪


投資先として個々の市場を選びたくない投資家は、

今後、投資の配分を世界の市場で、

どのように行うか考えなければならない。


「グローバル」な投資信託の多くは、

FTSE InternationalやMSCIなどの指標を使用している。


それにより、投資信託はひどく米国に偏っており、

新興国市場は比較的手薄となっている。


長期的にみて、

資産を均等に世界中に振り分けて!!


 → 自分だけの「グローバル・ポートフォリオ♪」

 を築くことが妥当なことかもしれない。


例えば、

・3分の1を米国のインデックスファンドに、

・次の3分の1をEAFEのファンドに、

・残りを新興国市場のファンドに、

 
 といった具合だ。


もしくは、

世界の株式時価総額や世界のGDP(国内総生産)に占めるシェア

 に照らし合わせた上で、

投資先を検討することも可能だ。


この2つの方法は、

投資アドバイザーや投資家の間で受け入れられつつあり、

新興国市場が成長を続けるなかで、引き続き拡大していくことが予想される。


以上です♪


これまで、

アメリカの投資家は、

 → アメリカに投資しているだけで!!

 → 安定かつ、持続性長♪が享受できました。


しかしながら、、確実に!!

 → アメリカの存在感は薄れつつあります。。


21世紀は、中国の時代でしょう。。


このように、

アメリカの投資家ですら!!

 → 自国の存在感の低下。。

 を、認めつつある時代です。


我々、日本人個人投資家からすれば、、

 → 日本国内だけの投資では危険ですよね。。


おっさんは、現在、

日本株の他に、

・中国株
・アメリカ株
・ブラジル株


 へ投資しておりますが、


今後も着実に!!

・海外への分散投資をすすめていきたいと思います♪


やはり、

日本国内からみた視点だけでは、

21世紀は読めない!!
と思います。


今後も、世界へアンテナをはって!!

当サイト、打倒!金持ち父さんを訪問してくださる♪

個人投資家の皆様へ、

少しでも!!役に立つ投資情報を配信し、

 → リポートを続けていきたいとおもいます♪


PS.21世紀は、中国の時代!!
〜夢に向かって!『国際分散投資』を始めましょう♪〜

ついに!!中国株投資でも、、
 → 『特定口座対応♪』の時代が到来!!
中国株投資なら、中国株投資情報に強い!!
 → 伝統の『内藤証券』が絶対オススメ♪




『三井住友VISAカード♪』

おっさんのメインカードです♪
特に、内蔵している、『iD』がとっても便利でやめられません!!(笑)
ブランド力も抜群!で、持っていて間違いなし!です♪
中でも、ゴールドカードが費用対効果からオススメです♪





おっさんは、

「打倒!金持ち父さん」を通じて、、

微力ながら、、早、6年にわたって!!


力の限り全力で!! 情報発信してまいりました♪



『日本人総投資家プロジェクト』は、その集大成です!!

どうか、

お読み頂き♪

そして、投資を通じでご参加頂き♪

さらに!!

・ご友人
・ご家族

 といった、身近な人へご紹介頂き♪

行動にうつしていこうではありませんか!!


We can change our Japan!!

日本の繁栄をもう一度!!






datou68 at 18:40│TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote 世界経済 

トラックバックURL

プロフィール
おっさん

公式運営サイト♪
『打倒!金持ち父さん』

金持ちになってから『世の中金じゃない』と、言ってやろう!
中国株・日本株・米国株・FX
などを中心に、
戦略的に金持ちになる為
のサイトです♪
運用利益1000万円突破!!

おっさん


『初めて!!ご訪問の方へ♪』

『注目!おっさんの運用成績』
スポンサード リンク
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: