2009年12月27日

法人税減税、消費税増税の議論なしに、日本の将来は見えない!! 〜スウェーデンは高福祉でも成長を続けている♪〜



『人に優しい?政策』を掲げる鳩山政権


・子ども手当などの生活支援
・高齢者の医療費負担減
・雇用保険の適応拡大


これにより、

社会保障を担う厚生労働省の来年度予算は、

 → 『3.7兆円』ほど膨らみます。。


ところが、、国の税収は、

 → 見込みより、『8兆円以上も不足』


事業仕分けでは、

ばっさりと!!削ったようにみえても、

 → 『1.7兆円』では、焼け石に水です。。



政権発足から3ヶ月、

早速、経済の難題が浮かんでおります。。



サブプライムなんて関係ない!!

おっさんも投資大成功!!

 → 『年間=6.7%』の配当金を受け取り続けてま〜す♪

あの『レジャーホテル・ファンド』がついに!!

 →→ 『NEO HOPE』に進化して!!待望の復活です♪





・日本の財政はもろく、時に歳入不足が深刻になる。
・優しい政策の対象は増えるが、財源探しは難しい。。


 という状況の中、


そろそろ、、

・『消費税』の話

 を始める好機ではないでしょうか??



消費税は、

・法人税や所得税ほど、景気変動の影響を受けない
・世代間や働き方による不公平も少ない

 という特徴があります♪


また、現実として、

今後、少子高齢化が進んでいき、、


2015年までに、

新たに必要になる社会保障のお金は、

年金と医療だけ!!で、

 → 『13兆円』を超すこととなります。。


ところで、、、

消費税の場合、『1%』上げれば、

 → 『2.5兆円』の税収確保
が期待できます。


となると、、

『5%』上げれば、

 → 年金と医療で膨らむ負担の大半を手当できる。

ということですね。


・消費税を5%上げる!!

 という政治判断は、厳しいものかと思いますが、



・『支出と収入』

 をきちんと計画立てた制度設計こそ、政治の責任!!



だと思います。


・足りなくなったら、
 
 → 赤字国債。。。


 で、一体、いつまで綱渡りを続けるのでしょうか??



・少ない負担で手厚い支援♪


そんな『低負担高福祉』は、ありえません!!



・ローリスクで、ハイリターン♪

 の詐欺投資話と同じですよね??



社会保障というと名が浮かぶ国、スウェーデン、


日本の消費税にあたる、付加価値税率は、

 → 『25%』となっております。


やはり、高福祉には、高負担が必要なのですね♪


『消費税=25%』で、経済成長を望めるのか???

な〜〜んて、声が聞こえてきそうですが、、(笑)



スウェーデンでは、

企業の生産性が高く、
世界経済フォーラムの競争力ランキングでは、『4位』


2000〜2008年の平均成長率は、

 → 『2.7%』と、


アメリカ 2.3%
ユーロ圏 1.9%
日本 1.5%

 よりも高いのです!!


つまり、

・『消費税=25%』でも、国の成長は可能なのですね♪


高福祉国家というと、どうしても、、低成長。。

 というイメージがありますが、

 → そんなことはない!!のですね♪


さて、スウェーデンと、日本との違いは何でしょうか??


消費税や社会保険料の負担は重いが、

・法人税率は26%(日本40.69%)

 と低い♪ことが挙げられます。


スウェーデンでは、

企業を縛る解雇規制は緩く、


その分、失業時の安全網は、

手厚い国の支援が根付いているので、


・労働者は不振企業にしがみつく必要がありません!!


一方で、日本は、

雇用規制が厳しく、労働市場の流動性に乏しいため、

 → 産業の新陳代謝も進まないのです。


・社会保障は、経済成長と二人三脚です。


保険料や税収は、

企業や家計の収入に連動して増減することから、

経済が縮めば、スウェーデンだって、制度は保てません。。


日本は、

石油など天然資源が富を生んでくれる国

 ではないわけですから、

豊かさは企業社会が稼ぎ出すしかない!!

 のです。


つまり、

・経済のパイを増やさない限り、

 → 社会保障などの再分配は手厚くできないのです。



さらに!!

・社会保障を充実させるには、

 → 消費税などの負担増を避けて通れない


つまり、負担増と成長の議論を一体で進める必要があるのです。



現在、民主党は、

負担増についてまったくふれていない。。

成長戦略についてもふれていない。。




この状態のままでは、、

・将来負担が重くなる。。。

 という不安から、家計は身構えてしまうでしょう。



逆に、

いま負担が増えても生活安定♪

 という展望が描ければ、

警戒を解き、消費を増やすのです。


増税で景気が上向く、こんな現象を『非ケインズ効果』といいます。


民主党は、

来年の参院選を意識して、

・消費税を封印している。。

 状態です。


民主党は、


残念ながら、

『政策』重視ではなく、『政局』を重視しているのですね。。


日本国民も馬鹿ではありません!!


・参院でも過半数を取ってから♪

 などと、のん気にやってもらっては困るのです。。


民主党は、長期政権なんか目指さずに、

元々、ず〜〜っと、野党だったんだから、


・失うものは何もない!!

 と考えて、

とにかく、頑張って欲しいものですね!!


PS.景気後退なんて、、関係ない!!

 → 不況期下でも、確実に!!需要のある♪

 → ビジネスへ投資するファンドへ投資しませんか??

 → 『レジャーホテル・ファンド』、オススメです♪




応援よろしくお願いします♪ → 人気ブログランキングへ




おっさんは、

「打倒!金持ち父さん」を通じて、、

微力ながら、、早、6年にわたって!!


力の限り全力で!! 情報発信してまいりました♪



『日本人総投資家プロジェクト』は、その集大成です!!

どうか、

お読み頂き♪

そして、投資を通じでご参加頂き♪

さらに!!

・ご友人
・ご家族

 といった、身近な人へご紹介頂き♪

行動にうつしていこうではありませんか!!


We can change our Japan!!

日本の繁栄をもう一度!!






datou68 at 09:19│TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote 日本経済・政治 

トラックバックURL

プロフィール
おっさん

公式運営サイト♪
『打倒!金持ち父さん』

金持ちになってから『世の中金じゃない』と、言ってやろう!
中国株・日本株・米国株・FX
などを中心に、
戦略的に金持ちになる為
のサイトです♪
運用利益1000万円突破!!

おっさん


『初めて!!ご訪問の方へ♪』

『注目!おっさんの運用成績』
スポンサード リンク
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: